ground zero
a0027492_1872087.jpg9/11 Nine Eleven 忘れもしないあの一日 Part 1からTBさせていただきました。

明日はNYにあったWorld Trade Centerがテロ攻撃によって崩壊し何千人もの命が失われた9.11です。あれからもう3年も経とうとしていますね。私はそのとき日本にいましたが、あの映像をみたとき本当に恐ろしくて朝まで怖くて寝ることができませんでした。ビルから人が飛び降りていくのを何回か見てしまって・・・。

上の画像は去年NYに訪れた時に撮った「ground zero」です。このとき実はあの「NY大停電」の真っ只中でした。

着陸直前に機内にて、空港が停電でマヒしているとのアナウンスがあった(らしい)のですが英語が分からずよく状況が飲み込めないままJFK空港に降り立ちました。そこからがもう大変でした。

まず電気がすべてストップしているのでBagage Clameにいってもコンベアが回っているはずもなく、荷物がちょうど出てくるコンベアの入口で空港の職員が懐中電灯を片手にスーツケースの札に書いてある名前を一人一人読み上げて呼ばれた乗客順に各自それぞれPick Upしていったのでした。

その後旅行会社の方が車で迎えに来てくれていたのですが空港からホテルまで通常だいたい30分ぐらいで着くはずのところが3時間以上かかってしまいました。途中、交通封鎖された橋を大勢の人が歩いて渡っているのをみてすごく驚いた覚えがあります。あの時は地下鉄も止まっていたので自宅へ歩いて帰る人の波だったのですね。

ホテルにやっと着いたもののもちろんチェックインできるはずもなく、とりあえず大きな宴会場で休んでくださいと言われそこでまた3時間ぐらい待ったのですがさすがに横になりたかったので部屋になんとか通して欲しいと交渉。その後部屋にチェックインできることになったのですが時間はもう夜の11時近く。スーツケース+キャリーケースを非常階段をのぼり11階まで運びあげたときはもう体力の限界でした。手にマメできましたよ・・・。

とにかくすべてが真っ暗なのでろうそくをもらいにいったのですが、ホテルにはないというのです。外にでても初めてのNYなのでどこに何があるかもわからず捜し歩きまわった結果、Barに置いてあった小さなテーブルキャンドルを拝借。その日一日は水以外は何も食べることができず空腹のままやり過ごしました。せっかくNYに来たのになんだかみずぼらしい気持ちになりました。電気がないってこんなに心細いものなんだと涙がでそうになりましたよ・・・。

その後このホテルは3日間、シャワーが使えず、トイレもセンサー反応式で水が流れる為、汚物が溜まり放題で悪臭が漂ってました。さすがに私の体も8月のうだるような暑いNYなのにシャワーも浴びれず、今までにない特殊な臭いを放っていました・・・涙

NY市内観光のキャンセル→返金、地下鉄Stop→その辺をぶらぶらするしかなく・・・、ナイアガラの滝→停電のため水力発電の水をどんどん使ってしまった→水位が下がった為船での滝壷ツアーがキャンセル・・・などなどその停電の余波はいろんなとこにあったわけでして。

停電の夜は、道路に椅子とテーブルを引っ張り出してきてトランプしたり、BBQしたりしているのを見て「アメリカ人ってすごいな・・・」と思ったのであります。

なにはともあれ、これがテロじゃなくてよかった・・・とほっとしてSFに帰ってきました。そんな経験もあって、家にはたくさんのろうそくがあり、水の買い置きが常にあるのでした。
[PR]
by cabayarea | 2004-09-11 15:35 | ( ゚д゚)


<< Crustacean Lombard Street >>