Salmon roe
a0027492_154055.jpg
今日のお昼ご飯は、アラスカから取り寄せた「いくら」をのっけたご飯、それに「かに汁」、そして頂きものの「あわび」のお刺身です。一見ヘルシーな感じがしますが「いくら」はコレステロールの固まりなんで、食べ過ぎには注意らしいです。

ちなみに「いくら」が嫌いな人がここに約1名いるので、このイクラ1瓶は独り占め!朝はイクラのおにぎり、そして昼はイクラご飯とイクラ祭り状態。幸せです。小さい頃は親戚が北海道にいたのでよく「すじこ」を送ってもらってたのですが、いまいち「すじこ」と「いくら」の違いがわかりません。味はほぼ一緒だし何が違うんだろ・・・? あぁ祖母が作ってくれたすじこの醤油漬けが懐かしいです。

そしてこの「かに汁」は食べ残ったカニの殻をとっておいたもので出汁をとってつくったものです。相方がNHK「ためしてガッテン」でやっていた「産地で極めた! カニの味わいつくし術」を見ていたらしく、ガッテン流かに汁の作り方を無理やり教えてくれました。(口だけ出して決して手は出さない)

その「かに汁」の作り方ですが、まずタラバガニやズワイガニの殻(生でもゆでたものでも冷凍ボイルでも可)を、軽く焦げ目がつく程度にまで焼きます。次にビニールに入れて、すりこぎなどで細かく砕きます。そして昆布、白菜、にんじん、大根などと混ぜて1時間程度煮込み出汁を作ります。最後に汁だけを漉して、味噌を加えて温めてできあがりです。

カニの香ばしいかおりがなんともいえずおいしかったです。ちょっと面倒ではありますが1度試してみる価値はあるかと思います。

あわびは、皆さんご存知もう言うまでもないですね。激うまでした~。
[PR]
by cabayarea | 2004-12-01 15:39 | Home Cooking


<< Phoenix Next Do... Plearn Thai Palace >>