Sushi Ran
a0027492_141844.jpg
芋貝臓モツキチガイの私、そして「寿司キチガイ」の相方。一週間に一度は「あ~寿司が食べたい」というのが口癖。日本に居た頃は行きつけの寿司屋があり、一ヶ月に一度は強制的に付き合わされていた私は寿司が好きではありません。(きっぱり) 以前のことですが、物珍しさも手伝ってカルフォルニアロールばかり食べていたら「寿司屋に来たんだから寿司を食え!」と怒られたこともあります。そのぐらい相方は寿司Love。嗜好が合うというのは結構重要なことなんだとイマサラ感たっぷりですが、その思いを今深く噛み締めております・・・。

というわけで、そんな相方に引きずられてを引き連れて友人がお勧めしてくれたEast Bay対岸のSausalitoにある「Sushi Ran」に行ってきました。Zagat Survey 2004でBay AreaのNo.1に選ばれた「Pacific Cuisine」のお店です。

a0027492_14152083.jpgおしゃれなテラスで日本酒と酢の物を頂くとは夢にも思いませんでした。店の外観は今までのSushi Restaurantの概念を覆すような一面ガラス張りの洗練されたような雰囲気。店内もシンプルでいわゆる「Japanese Restaurant」にありがちな押し付けがましい日本風の装飾がなく、センスを感じさせます。

a0027492_144283.jpgSushi BarとSake Barに建物が二つに分かれており、Sushiカウンターが空くまで外のテラスで熱燗を飲みながら待つことにしました。ちなみに友人はここのSake Barが特に好きだと言ってました。熱燗の器がちょっと洒落てます。

そして20分後カウンターにつくことができ、まずはウエイトレスさんにKitchenメニューものを注文。「Mixed prawn, fish and vegetable Tempura」にしてみましたが、ここの天ぷらがおいしかった~!特にころもがおいしいんです。ソフトシェルクラブの天ぷらを生まれて初めて食べたんですがこれもなかなかでした。(というか殻までやわらかいので実はちょっと戸惑った)

a0027492_1425784.jpgで、相方お待ちかねのお寿司はネタの種類も多くどれもなかなかおいしかったです。アン肝の握りがおいしかった~。ただ彼にとってはイカがイマイチだったらしく帰りの車では不満たらたら。「イカキチガイ」でもある彼の場合、おいしい寿司屋という判断はイカの旨さによるようです。

あたしゃどーでもいいですほんと。疲れました。


a0027492_1471391.jpg日本人オーナーの当銘由盛(Yoshimori Tome)さんは九州のご出身だそう。笑顔が素敵ですごくやさしそうな方でした。同じ九州出身のうちの相方とは大違い。ひとつひとつテーブルをまわってお客さんに挨拶されていました。


Sushi Ran
107 Caledonia Street
Sausalito, CA 94965
[PR]
by cabayarea | 2005-02-03 14:08 | Restaurant & Food


<< Lobster Bisque ... Trying instant ... >>