Crab Butter
a0027492_18455474.jpg
最近ですね1つまた気になることがあるんですが、よく見かけるのがアジア系の男女のカップルがですねレストランとかで「隣同士」、要するに横に並んで座るんですよ。特にカジュアルなお店なんかに行くと少なくとも1組には遭遇してしまうような確率でです。カウンターならまだしもテーブル(たいてい4人掛け)でですよ。2人なら向かい合って座るのがなんとなく自然な気もするんですが・・・これまたどうなんでしょうか。それとたまになんですが、2人並んで座られると窮屈なお店なんかでは後から来た人たちが狭くてどちらの椅子も引けなくなってしまったりするのでちょっと困るんですよね・・・。さらに言うとそのカップルに対面した状態の席についたときなんか、二人の視線がいっぺんにこちらに向かうわけですからなんか居心地も悪いんですよ・・・。

と、話は大きくかわってSFではお馴染みの「Swan Oyster Depot」にて「Crab Butter」を堪能してきました。友人が大絶賛していたので臓物キチガイの私としては、「蟹味噌」といえども一種の内臓なわけでこれは何が何でも食べねばと思ったわけです。

閉店間際に駆け込んだので客もまばらで店頭で売っている魚もほぼ売り切れてました。でまずは「Clam chowder」で体を温めて、それから「Crab Butter」を注文しました。とてもフレンドリーな店員のおっさんは奥から「Dungeness Crab」を2匹取り出してきて、手で豪快に甲羅を割り、2匹分のかに味噌を盛り付けてぽんっと私たちの目の前に。さっそくペロリとなめてみると・・・

くーーーーっ・・・( ´Д⊂ヽ

まじで旨いです(涙) あまりの旨さに奇声をあげてしまうほどでした。トロトロのプルプルで濃厚なのに生臭さがまったくなくほんのり海の香りがします。なんでこんなにおいしいんでしょうか?!びっくりです。以前日本で食べたかに味噌は苦くて水っぽくて食べられないほどだったのに!あと回転寿司なんかでメニューにある黒っぽい色のかに味噌、あれもあんまりおいしくなかったなあ。

a0027492_18542480.jpg一緒に「蟹肉」をオーダーするのをお忘れなく!ちなみに今回は蟹味噌の代金はいらないよ~といってサービスしてくれました。私たちが蟹味噌をバクバク食べてたときの隣の白人の兄ちゃんの顔が凍っていたのを私は見逃さなかった・・・というわけで蟹肉に蟹味噌をつけて食べたらこれもまた旨さ倍増!日本酒がもう欲しくて欲しくてたまりませんでした。ちなみにアメリカにて初めて食べた蟹味噌だったんですがこれほど新鮮でおいしものだとはホント驚きでした。

a0027492_1847872.jpg帰り際に「ほら!お土産でもっていきな~」ともらったお店のノベルティ(ポストカードと車のアンテナにつけるボール)です。

宿題のEssayの出来があまりにも悪くてヘコんでいたのですが、このおかげで一転して素晴らしい一日となりましたです。
[PR]
by cabayarea | 2005-03-03 18:48 | Restaurant & Food


<< TORITEN chicken... Himawari RAMEN >>