Goat Milk
a0027492_16312211.jpg
去年の春、日本へ帰ったときに友人宅へ遊びにいく手土産を渋谷の東急東横店フードショーであれこれ物色してました。

そのとき、偶然「nico」というやぎのミルクのお菓子屋さんを発見。なんといってもやぎのイラストがほのぼのしていてかわいい。お店にあったパンフレットにはこんな風に書いてあったように思います。

「やぎのミルクは人の母乳に一番近いとされ、栄養が豊富なうえに牛乳に対してアレルギー反応を示す方でも、やぎのミルクには反応を示さないことがあるという調査結果が得られています。

また、消化が良く、胃や肝臓への負担が少ないため、体の弱った方や小さなお子さんも無理なく消化吸収できます。さらに、コレステロールを調節したり、糖尿病性網膜症による視力障害を緩和するとされるタウリンはなんと牛乳の約20倍!

当社は、このような効用に早くから注目しやぎのミルクを使用してきました」

これなら妊娠している友人も安心して食べられるだろうと思っていろいろ買って持っていくことに。で、さっそく友人宅で「ニコカスター」というやぎミルクを使ったカスタードクリームをふわふわのスポンジで包んだものを食べてみました。これが普通においしくて、「お、やぎミルクなかなかやるな」と思ったのでした。

それから1年。アメリカのスーパーで偶然「やぎミルク」に出会ってしまいまして。1934年創業以来Californiaで生産している「Meyenberg」社のものです。1本$3.39もしましたが、どうしても飲んでみたかったので買ってみることに。

で、朝ご飯にとアップルパイも添えて、さっそく飲んでみることに。


( ゚д゚)、;'.・ゲェー

・・・朝っぱらから吐きそうになりました私。牛乳に大量の味の素を混ぜましたかこれ?みたいな。ありえない味。「やぎのミルクは人の母乳に一番近いとされ・・・」とありましたが人間の母乳ってこんなにも恐ろしい味なのでしょうか。

「nico」でもやぎミルクを販売してますが、今のところ試す勇気が沸いてこない・・・。

Excite Bit コネタ
ハイジも飲んだ 、ヤギのおちち
[PR]
by cabayarea | 2005-04-11 16:33 | Restaurant & Food


<< Shiitake mushroom Sleepless town >>