the Buena Vista Cafe
a0027492_1704380.jpg
うちの相方のイカ好きもかなり尋常ではないのだが、それより結構キているものがあったのを忘れていた。どうやら焼酎のお湯割りと同じぐらい好きなようである。

それは「Irish Coffee」。

ホイップクリームを浮かせたウイスキー入りのコーヒーのことで、普段、生クリームがどっさりのっかったケーキを頬張る私に対しては冷たい視線を送るくせに、店員に「Irish Coffeeにホイップクリームを入れますか?」と聞かれると「Sure!(もちろん)」と意気揚揚と答える彼の表情が結構憎たらしい。

レストランに行くと食後にデザートのメニューを渡されるが、Irish Coffeeをあえてメニューに載せているお店はそう多くはなく、またここカリフォルニアではお店でハードリカーを置くにはさらに特別な免許が必要らしく、当然ハードリカー類を置いていない店では作れないと断わられるときがある。なので彼はたいてい必ず「Irish Coffeeはありますか?」と聞く。で、あると必ず注文したがるので、私はつきあうべく飲みたくもないカフェオレなんかを渋々注文する。

そんな話をクドクドとtobigumaさんにしていたところ、なんとやさしい彼女はうちの相方のためにIrish Coffeeが有名なお店「the Buena Vista Cafe」へ連れて行ってくれたのでした。

現在あるこの店の建物はかなり古く、1916年まで下宿屋として使われていた建物を酒場として改築し、当時たくさんの漁民や鰯の缶詰工場で働く労働者たちの憩いの場所として始まったそう。1952年にOwnerのJack Koeppler氏とTravel WriterのStanton Delaplane氏が本場アイルランドで飲んだIrish Coffeeを再現しようと試行錯誤し出来上がったレシピは今日まで一切変わっておらず、今では1日2,000杯ものIrish Coffeeが出るそうです。

Irish Coffeeを一口ごくっと含むと、うちの相方は口のまわりにクリームの泡ひげをつけたまま満面の笑みを浮かべ「おいしい~」と感動しておりました。

カウンターでこのIrish Coffeeを作る職人技に見とれるもよし、店の窓から見えるFisherman's Wharfの景色を眺めるもよし。10oz. Ribeyeといったステーキもありがっつりきちんと食事もできます。とにかく素敵なCafe Restaurantです。

the Buena Vista Cafe
2765 Hyde Street
San Francisco, CA 94109
[PR]
by cabayarea | 2005-07-03 16:56 | Restaurant & Food


<< Los Angeles Kokkari Estiatorio >>