Cafe Del Rey
a0027492_170408.jpg
ヨットの停泊数では世界最大ともいわれているヨットハーバー、Marina del Reyにある「Cafe Del Rey」というレストランへ。

平日だというのに店内は満席で大賑わい。落ち着いた雰囲気のレストランと思いきや結構ガヤガヤしていてカジュアル。でもしっとりとしたピアノの生演奏などがあったりと、何ともどっちつかずな感じ。窓からは停泊中の無数のヨットが浮かび、遠くにはLAXから飛び立つ飛行機が。やはり景色は素晴らしいものがありました。

さっそくメニューを開いてみると、「day boat DEL REY」という欄にその日のお勧めの魚介類が3つほど書いてあり(この日はHalibut, Fluke, Scallopsでした)、そのあとに続いて漁船の名前、船長の名前、そしてその魚がとれた海の場所が記してあるのです。なんといっても魚に関しては鮮度や産地にこだわる日本人にとっては魅力的かも♪と思ったのですが、注文せず(笑)

結局注文したのがこの「Shellfish trio($16.00)」という甲殻類の盛り合わせ。茹であげたロブスターに溶かしバターをかけたもの、ブラックタイガーエビにココナッツミルクをかけたもの、それにあさりにレッドカレーをかけたものの3種です。実はエビはどうでもよくて、そのおまけに「Phad Thai」がついてくるのにものすごく惹かれてしまい思わず注文してしまいました。ここのパッタイはちょっと辛めの「激甘」でこれが意外とおいしい(笑)。たまに甘すぎなパッタイも悪くないな~と思いましたです。

a0027492_1705929.jpg「Coriander fried calamari($9.00)」
イカ狂いの相方に負けず劣らず、最近はもっぱら「自ら」率先してイカを注文してます。でも実はイカが食べたいというより「揚げ物」が食べたいという欲求によるものだったりして。


a0027492_1731064.jpg「Boar bacon wrapped filet mignon($34.00)」
相方が「このベーコンが邪魔なんだよなあ」とブツブツと文句をたれておりましたが。せっかくChefが去勢していない雄豚のベーコンでフィレ肉を巻き巻きしてくれたんだからありがたく食べればいいのにと私は心の中でつぶやき。



ちなみに、ロケーションの割りには意外と個性的でもなくシンプルで普通のレストランだなあという感じがしたなあと思ったらこのレストランはチェーン展開しているブランドの1つらしく、以前住んでいたBerkeleyの隣にある市、Emeryvilleに本社をおくConstellation Concepts社が経営。

しかしこの会社Bay Areaを中心にCalifornia CafeやNapa Valley Glilleをはじめとする17のレストランを展開していたのですが、経営難に陥り現在の経営会社であるTAVISTOCK GROUPへ売却してしまったとのこと。

レストラン業界も生き残っていくのが大変なのですね。

Cafe Del Rey
4451 Admiralty Way
Marina del Rey, CA 90292
[PR]
by cabayarea | 2005-07-13 17:08 | Restaurant & Food


<< Torafuku The Restaurant ... >>