Trying instant noodles 2
かなり驚いたのがこちらにある日系スーパーでも大物産展というものを催して日本各地の名物・名産品をアメリカにいながらにして手に入れることができること。満足できる品質の日本食を手に入れることが難しかった以前の境遇とはもう天と地の差。Los Angelesって凄い・・・と改めて思ったのでした。

で何ヶ月も前になるのですが日系スーパーMitsuwaで「大北海道展」が開催されたときにGetした北海道ラーメンが冷凍庫の奥のほうでごろんと眠っていたので(というか忘れていた)お昼ご飯に作ってみました。

日本にいたときは想像さえもできなかったことですが、たまにこちらで売っている日本から輸入してきたような生ラーメンとか麺系の製品って凍っているときがあるのです。生麺って冷凍してもOKなんだ!とそのとき初めて知ってびっくりしたのですが、やはり食感はボソボソになるというか若干悪くなります。当たり前ですが生麺は「生」だからおいしいんですけどね。とはいえいつでも簡単に買える状況ではないので冷凍しておいたというわけです。

a0027492_1422651.jpg札幌味噌ラーメン すみれ
昭和39年創業の有名ラーメン店「純連」がルーツ。元々「純連」と書いて「すみれ」と呼ぶ屋号だったのだが、「じゅんれん」と読む人が多くて改名したのだそう。
そしてその「純連(じゅんれん)」は創業者の長男が継ぎ、また一方で三男が「純連(すみれ)」を開業したため2つの「純連」が誕生したのがいきさつらしいです。今回食したのはこの「すみれ」の方。現在は店名がひらがな表記になっています。


a0027492_15265062.jpg調理後
すみれのラーメンの特徴は何といっても熱々スープにぴったりフタをするラードの層。これは厳寒の地北海道のラーメン全般にいえる特徴ですね。なのでもちろんこの市販されている製品にもたっぷりの「香油」と呼ばれるラードがついてます。というかものすごい油の量なのでかなりビビりました。カロリー計算するのがホント恐ろしくなる量です。
といいつつも、そんなに気にせず食べてみましたがやっぱり味噌ラーメンはおいしいですねえ。味噌がものすごく濃厚です。相方のせいですっかりとんこつ派に寝返るとこでしたが私のルーツはやはり北海道にあり!と思わせる味でした。


a0027492_1441327.jpgらーめん てつや
さてお次は札幌すすきのにある「らーめん てつや」。1997年創業。こちらは醤油とんこつのお店。味噌とんこつ味もあるのですが相方にとんこつに味噌なんて邪道だと言われあえなく却下。(いったいどんな根拠か知りたい・・・)
札幌ラーメンといえばラードこってり&にんにくたっぷり味噌ダレが主流でしたが、最近ではスープを見直す流れが出てきて九州に近い白濁とんこるスープにする事で札幌市民を惹きつけているらしい。で、この「てつや」などがその代表格なんだとか。


a0027492_15275190.jpg調理後
さっそく試食。麺は中太ちぢれ麺。醤油の香ばしい風味が美味。ちなみにモヤシ、野菜、ひき肉(これがポイント)などを中華鍋で炒め、そこにスープを注いで旨みをだす作り方は札幌式なんだとか。
実はうちの母もこの作り方。味噌ラーメンに限らず醤油味のラーメンでもこのように作る(しかも具もいつも一緒でモヤシとひき肉)のでいつも母の作るラーメンはたとえ醤油ラーメンだったとしても何だか味噌ラーメンを食べているかのようでした。
一方娘である私はというと、まずどんぶりにスープだれを入れてやかんで沸かしたお湯を注ぎたれを溶かす。茹で上げた麺と予め用意した具材をのっけてといういわゆる手抜き?簡単方式。実際味の差はというと札幌式のほうが断然おいしいです(笑) みなさまもどうぞ1度試してみてください。

すみれ 札幌本店
北海道札幌市豊平区中の島2条4丁目7-28
011-824-5655

らーめん てつや
北海道札幌市中央区南7条西12丁目
011-563-0005
[PR]
by cabayarea | 2005-10-25 15:10 | Home Cooking


<< Otoro tuna Las Vegas >>