Persimmon Cake
a0027492_1930882.jpg
こちらLAはすっかり秋の気配が漂っています。空気も心なしか湿ったような秋の匂い。そして店先で見かける機会が多くなってきた柿。日本が原産地である柿は、日本の秋を演出するのに欠かせない果物ですよね。何と1000種以上もの品種があるのだそう。

こちらアメリカでよく見かけるのが「Fuyu Persimmon(富有柿)」と「Hachiya Persimmon(蜂屋柿)」。日本語名がそのまま使われています。(何気にうれしい)

甘柿の代表的な品種「富有柿」は皆さんお馴染み岐阜県原産の柿。そして「蜂屋柿」は渋柿(Astringent persimmon)の1種で干し柿(あんぽ柿)によく使われます。

柿はどの品種にもペクチン、カロチノイド、ビタミンC、カリウムを多く含んでおり、ビタミンCはみかんの2倍、緑茶の3~4倍もあります。大きめの柿なら1個食べるだけでほぼ1日のビタミンCの必要量を満たすことができるんだそう。

a0027492_19321858.jpgそんな素晴らしい日本原産の果物「柿」を使ってケーキを焼いてみました。(生のままで食べるのに飽きたというのが本音。) お菓子作りはちょっと苦手な私。ということでいつものごとく市販のケーキミックスを買ってきました。オーガニックのケーキミックスの作り方通りにまず基本の生地を作成。卵3個に牛乳2/3Cup、サラダ油1/2Cupを混ぜ合わせるだけ。きっちり計る作業がないのがうれしい限り。

a0027492_19341360.jpg今回使ったのは「富有柿」。皮にたくさんビタミンCが含まれているので皮はむかずにそのままザクザク切ってフードプロセッサーへ。ピューレ状になった柿とケーキ生地を混ぜ合わせてオーブンでじっくり焼いて出来上がり。柿は火を通すと強い甘味がでるせいなのか、かなりあまあまなケーキが出来上がりました。しかし前回作った砂糖Only使用のケーキとはまったく違う甘さで、くどくないのです。生地もしっとり。やはり果物の自然な甘味のおかげなのでしょうか? 

ホントお菓子つくりって奥が深いです・・・。
[PR]
by cabayarea | 2005-10-29 19:42 | Home Cooking


<< Kim Bab Otoro tuna >>