Crown Roast of New Zealand Lamb
a0027492_18213581.jpg
つい先日クリスマスツリーのてっぺんに星を飾るか飾らないかでうちの相方と取っ組み合いの喧嘩になりました。

さらにツリーには赤や青、緑、黄色などの派手派手な電飾に色とりどりのオーナメント、その果てにはツリーのてっぺんにつけるキラキラと光るドデカい星を欲しがる相方。一方、飾り付け&片付けが面倒なので白色の電飾を飾るだけで十分と主張する私。

シンプルなほうが大人っぽくてかっこいいんだよ~と煙に巻いたような訳の分からない理由で無理やり説得し、無理やり納得させ、妥協点を見出した結果がシルバーOnlyのオーナメント「少々」と白色の電飾付きのツリー。

ところがそんなうちの相方、実は彼の実家にはクリスマスツリーなるものがなかったらしいのです。クリスマスケーキもなく普段と変らずフツーに過ごしていたとのこと。

ということは。

彼にとっては生まれて初めてのクリスマスツリーの購入&飾り付け。もうちょっと彼の言うことも聞いてあげればよかったなと今はかなり後ろめたい気持ちでいっぱいでございます・・・。

というわけで、24日のクリスマスイヴのディナーだけはちょっとだけハリキッテみました。お目当てはWhole Foodsの「New Zealand Lamb Crown」。とにかく見栄えがよくゴージャスなので1度試してみたかったのです。しかし朝早くに行ったにもかかわらず、なんとあと残り1つ!よ、よかった~間に合って。

すでにクラウン型に成形されて店頭に並んであるので便利。このラムのクラウンローストの味付けはエバラ焼肉のたれ辛口(笑)に大量のりんごとにんにくのすりおろしを加えたものに漬け込んでおき、あとはオーブンにぶち込んで焼き上がるのを待つのみ。

タレであの独特の香りを抑えるのもひとつの方法ですが、羊肉のあの臭みは肉ではなく脂身の中にあります。ということで脂身にきちんと火を通しておくのもポイント。切ってから焼くと切り口すべてに溶け出た脂分が付いてしまうので、なるべくまるごと塊のまま焼いたほうが臭みが抑えられて食べやすくおいしいですよ。

といいつつも、あの脂身の風味が好きな私は、ラムの下にじゃがいもをたっぷりと敷き詰めてからオーブンへ。こうすると羊の脂がじゃがいもにしみ込んでウマいのです。

それにしてもNew Zealandのラムはホントにやわらかくてクセも少なくてびっくりするほど美味しいですねえ!レストランで食べるよりも何倍も美味しいと感じるぐらい。これからは外ではなく家でラムを食べるようにしようかなあ。


a0027492_1829990.jpgそしてたらふく食べた後に一応プレゼント交換。相方に渡したのがこの「Giant Fortune Cookie」。シャレのつもりで渡したのですが、かなり迷惑そうな表情をされてしまいました(泣)。このFortune Cookie(フォーチューンクッキー)とはアメリカのチャイニーズレストランでは会計を済ませた後に、レシートと一緒にちょっと気の利いたEpigrams(警句)が書かれた紙切れが入っている中が空洞のクッキーをくれるのです。

a0027492_18341417.jpgもちろんこの巨大なフォーチューンクッキーも半分に割るとこのように中に紙切れが入っています。この紙切れはメッセージなど自分の好きな文章にカスタマイズしたものを中に入れて注文することもできるというわけで、日頃の感謝の意味もこめて私もメッセージをカスタマイズしてみました。しかし日本語では絶対恥ずかしくて言えないようなことなのに英語だとスラスラと言えてしまうのはナゼでしょうねえ・・・。

a0027492_184351.jpgちなみにこのフォーチューンクッキーはSan Franciscoが発祥の地。しかもこのクッキーを考案したのは日系移民の方。というわけで起源は新潟の辻占煎餅といわれているそう。第2次世界大戦中にSan Franciscoに住む中国人が中国のお菓子として売り始めたのがきっかけで、その後アメリカ全土にひろがり今日に至っているのだとか。私は食感&風味が素朴でわりと好きなんですが、イマイチ何か物足りないと思っていたんですね。ですが、このチョコレートがかかったフォーチューンクッキーを食べて納得しました。チョコがかかっていると結構ウマイんですよこれがまた。意外なおいしさ発見です。
[PR]
by cabayarea | 2005-12-25 18:51 | Home Cooking


<< Wishing a Happy... Tartines- Aboca... >>