Bay Cities Italian Deli & Bakery
a0027492_19133522.jpg
いつもユニークで最新グルメなコメントをしてくださるspruceさん。ほとんど油脂のかたまりのようなものであったLe Pain QuotidienのFrench Cream Donutをエントリーしたときにいただいたコメントが

「cabayareaさんはここまでくどいものがOKなら是非是非カンノーリにもトライしてここにUPしてくださいまし。」

ふふふお安い御用でございますよ~。


が、しかしですね実はそのときまで「Cannoli(カンノーリ)」なるお菓子を知らなかったのですよ。いったいなんのことやら???と調べてみると・・・ふむふむどうやらカンノーリとはイタリアはシチリアの郷土菓子らしい・・・。

ということでここLAでイタリアの食品を扱う有名なお店といえば・・・ふふふLAにお住まいの皆様ならピーンときたはず。今をときめくイタリア人気料理家Giada de Laurentiisさんも御用達のお店「Bay Cities Italian Deli & Bakery」ですよね。イタリア生まれLA育ちの彼女はもっぱらここでオリーブオイルを購入していくんだそう。

というわけでまずはこのお店のおばちゃんに「カンノーリが欲しいのだけど」と尋ねると「大?小?いくつ欲しいの?」と聞かれ思わずとまどう私。そうか~いろいろサイズがあるのか~。とりあえず大はどのくらいの大きさなのか聞いてみたところ私の腕をぐいとつかんで「これぐらいよ」とのお答え。あのぉそれはデカすぎだと思うんですが・・・。

「と、とりあえず小さいのでいいんで・・・」と言ったところ、冷蔵ショーケースから既にパック詰めされた5個入りのミニサイズカンノーリを渡してくれました。そこでそのおばちゃんは「大きいカンノーリはまずShellを焼き上げてそれからその場でクリームを詰めるから時間がかかるのよ~」と教えてくれました。・・・あ、あれ、何だかそっちのほうが出来たてでおいしそうだぞとちょっと疑問に思いつつもそのままレジへ。1つ$1.50。

初めてのカンノーリですよ。そりゃあもちろん期待に胸を膨らませ一気にがぶりつきました。



゙;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ゴフォォォッ


ぐ・・・。これ甘すぎです。クドすぎです。勘弁してください。あと4つも残っています。とにかく、作り置きのせいでShellと呼ばれる外側のパイ皮がシットリを通り越してペットリ状態。これがサクサクパリパリの皮だったらまだしもペットリ状態だとさらに油っぽさ&クドさを感じさせるのです。中に詰まったカスタードなのかチーズなのかよう分からん微妙なクリームがこれまたとにかく甘い。というか世の中にこんなにも甘いお菓子が存在するとは(涙) Spruceさん、さすがのワタクシでも無理でしたごめんなさい~お手上げっすよ。

そういえばこのカンノーリのとなりにはこれまたトルコの激甘菓子「バクラバ」がどどーんと鎮座していたのを私は見逃しませんでしたよ。あのショーケースは激甘菓子コーナーになっているのかもしれません。ちなみにこのお店、イタリア食品を扱うほかに、アルゼンチン、ギリシャ、フレンチ、中近東の食品も扱っていたりとかなり手広く展開しております。

a0027492_19131124.jpg一方、ランチタイムとなると大行列にもなるこのお店のサンドイッチ。私が好きなのは「God Mother($5.60)」。というかこれは「No Sub」ということで注文しやすいものあるいうのが大きな理由。サラミといっても食感がやわらかいまるでハムのようなGenoa salamiに、ボローニャソーセージとも呼ばれているMortadella、それにCoppacola, Prosciuttoなど5種類のハムを重ね、さらにProvoloneという味の濃いチーズがメインの具のサンドイッチ。それにたっぷりの野菜を一緒に挟んでくれてこれでもかというぐらいのボリューム。文句なくおいしいです。

Bay Cities Italian Deli & Bakery
1517 Lincoln Blvd.
Santa Monica, CA 90401
[PR]
by cabayarea | 2006-01-20 19:27 | Sweets & Bakery


<< Asakuma Sushi D... Vail, Beaver Cr... >>