Asakuma Sushi Delivery
a0027492_20452310.jpg
店先にパック詰めされた「Sushi」がずらっと並びそれをテイクアウトしていくアメリカ人の姿はもはや日常の風景。作りたてがおいしいのは当たり前で日持ちしないのが難点(アメリカ人にとっては)。しかしそこを何とかしようとするのが「寿司」を知らないアメリカ人のちょっとイタいところ。もちろんここアメリカでもきちんと温度管理していて売れ残りの寿司は何時間かごとに廃棄しているお店もあります。

そんなアメリカで有名なオーガニック系商品を扱うスーパーに「Pre-packed Sushi」を卸しているとある小さなSushi Catering会社は、シャリが乾燥して固くならないよううとにかく水分をかなり多めにして炊き上げたシャリ(ほとんど米粒の原型が見出せないぐらいねちゃねちゃのモチ状態)で作ったSushiのアイデアがヒットし大儲け。(日本人には到底思いもつかないアイデア・・・) これなら大型の流通にも乗せられるし商品の廃棄率も大幅に下げられ利益も出るということで一気にこの会社のSushiが広まったとか。

そしてそのテイクアウトの先をいくのが「出前」なんですが、実はこれがLAでは可能なんですねえ。「恐るべしLA」第3弾企画?!としてお届けしたいのが、日本食レストラン「Asakuma Restaurant」が経営の「Asakuma Sushi Delivery」。電話、Fax、オンラインなどで注文後、30~50分程で自宅に届けてくれます。

もちろんアメリカではもともと「Catering(ケータリング)」というスタイルが定着しており、Sushiのケータリングも行っているレストランも多くパーティなどではSushiはアメリカ人にはかなり喜ばれるそう。しかしやはりケータリングとなると手軽に利用もできず単価も高い。というわけで、こういう出前のサービスがあると何かと便利でうれしいのです。

今回このAsakuma Sushi Deliveryで注文したのが「BOTAN($79.00)」。丸桶に並べられた寿司は恭しく薄抹茶色の風呂敷に包まれて我が家に到着。内容はTunaが8カンに、Snow crab meat legとHalibut, Salmon, Yellowtail, Cooked Shrimp, Surf Clamが各4カンずつ。それにSalmon Roe, Sea Urchin, Albacore, Wasabi tobikoが2カンずつの計40カン。

特にアメリカ人の友人と夕食を一緒にとなるときにリクエストされるのがやはり「Sushi」。しかしおいしいSushiレストランで食べるとなると値段も結構はるし、何より自分でSushiレストランをリクエストしておきながら、Sushiには手をつけず、しまいにはテリヤキチキンなんかを注文されてヘコむことも。その友人はSushiカウンターがあるお店が初めてだったらしく、実際にSushiを握っている姿をみたのも初めてだったとかで・・・。これだけSushiが浸透しているカルフォルニアにもまだそんなアメリカ人がいたとは新鮮な驚きでした。

その点、出前だと電話1本で届くのが便利だし見栄えもそれなりに豪華。何よりも好きなお酒をがんがん飲みながら家でゆっくりできるのがいい!食べに行くのと違って帰りの車の運転の心配がない!

ですが、我が家でパーティーをするなど人が遊びにきたときはこの出前は最後の手段だからねと相方にはクギをさされている相変わらずぐーたらな私には便利なことこの上ないサービスですよこれは。ホントに。

Asakuma Sushi Delivery
2805 Abbot Kinney Blvd.
Marina Del Ray, CA 90291

Asakuma Restaurant
11701 Wilshire Blvd.
Los Angeles, CA 90025
[PR]
by cabayarea | 2006-01-27 18:15 | Restaurant & Food


<< OFF-kai in SHIN... Bay Cities Ital... >>