Choushiya
a0027492_11292561.jpg
今回日本滞在中に1番ハマったものは、「じゃがぽっくる」でも「しるこサンド」でも「ビタミンカステーラ」でもなく、実は「Bikram Yoga」でした。日本ではいわゆる「ホットヨガ」と呼ばれているもの。

ロサンゼルスに総本部があるこのBikram Yoga、ついに日本にも上陸し、ちょうど私が帰国した1月にスタジオが東京・東銀座にOpen。だいたい週3日ぐらいのペースで通いましたが、いやーホントこれにはハマったハマった。

そしてそのツラ~いBikram Yogaの後に待ち受けている私の密かな楽しみ。

それは「チョウシ屋」に寄って「コロッケパン」を買って食べること!

a0027492_12102977.jpgBikram Yogaのスタジオから歩いてすぐの場所にあるこの有名なコロッケ屋さんは昭和2年の創業。店名は初代が千葉県の銚子生まれだからだそう。もともとコロッケのおいしい肉屋として評判になり、それから馴染みのお客がパンなどを持ち込むようになり、昭和24年に「肉屋のコロッケパン」が誕生したいわゆる元祖的存在なお店。歌舞伎座からも近いので、その歌舞伎座から100個単位で注文がくる事もあるそう。
お持ち帰りで頼むとこんな懐かしい感じの包み紙にくるんで輪ゴムでパチンと留めてくれます。この包み紙からはこれまた昔懐かしいインクの匂いがかすかにぷうんとしてくるのがたまりません。

a0027492_11295881.jpg居酒屋などでサラダや前菜などには目もくれず、とにかく「揚げ物」をオーダーしまくり友人に煙たがられる私にとってこのお店はもう癒しの存在。だってこのチョウシ屋のメニューには揚げ物しかないんですもの~。(当たり前だ) キャベツはなく具材はコロッケだけで、パンには和がらしがさっと塗られています。そしてチョウシ屋特注のソースがささっとかかっています。しかし私はこの特注品ソースを店頭で購入し、さらに自分でかけて食べるのがお気に入り。

このコロッケパン(220円)は通常1つのコロッケを2つに切ってパンに挟んであるのですが、コロッケ2つをそのまんま挟んでくれる「ダブルコロッケパン(350円)」もお勧めです。また「マカロニサラダパン(200円)」に単品のコロッケやメンチカツ、ハムカツなどを挟んで食べると劇的な旨さ!パンはコッペパンの他に食パンもあるので、いろいろ組み合わせて食べくらべたりするのも面白いかもしれません。


a0027492_1149919.jpgアメリカではジムのプログラム中にあるヨガのクラスに通っていましたが、スタジオ内は冷房をがんがんにきかせているのでいつも寒い思いをしていたのです。〆のSavasanaではくしゃみを連発してしまうほど。しかしこのBikram Yogaのスタジオは室温40度!湿度55%!しかし寒いより全然マシ!
おかげで新陳代謝がよくなったのか常に汗腺が開きっぱなしになったのか、ちょっとしたことで汗をかくようになってしまいました。ジムで一人大汗をかいている怪しい東洋人を見かけたらそれはきっと私です・・・。

チョウシ屋
東京都中央区銀座3-11-6
03-3541-2982

ビクラムヨガ 銀座
東京都中央区銀座3-10-6 マルイト銀座第3ビル11F
03-3543-6211
[PR]
by cabayarea | 2006-03-10 12:08 | Tokyo 2006


<< TETSUNABE Arae ... HOTEISAN >>