La Jolla
a0027492_17391049.jpg
いやいやちょっと感動してしまいましたこの「La Jolla(ラホーヤ)」というところ。

車でだいたい2時間ぐらいでしょうか。I-405、I-5とFree wayを乗り継いで太平洋を右手に眺めながら南下すると、そこはカリフォルニア州最南端の都市San Diego。そのSan Diegoから15マイルぐらい北上したところにあるのがこのLa Jollaという海辺の高級住宅街です。

カリフォルニアにはいわゆる"高級リゾート地"と言われている所はいろいろありますが、とにかくここは私の中で最強。何が最強ってもう・・・

とにかくこの「海の匂い」!
なんとも清々しい潮の香りが本当に強烈でした。海水は濁りが無く透明。透き通っているのです。そして砂浜だけでなく岩場もあるのが、こう、自然の荒々しさを感じられるようでぐっときてしまいます。なんだか相方の故郷の海に風景が似ている感じもします。


a0027492_18373772.jpg潮の香りを胸いっぱい吸い込むと、昔過ごした夏の海辺での出来事がぱーっと一瞬のうちに自分の頭の中を駆け巡るような感覚がなんとなく好きで、そのときの、甘ったるいサンオイルの匂いや、たばこの煙の匂い、アルコールの匂い、焼きはまぐりの香ばしい匂いと醤油の焦げた匂い・・・などがこう、今にも漂ってきそうな感じがするのです。懐かしい匂いとでもいうのかな。

ただこのLa Jollaの海は、自分の記憶にある日本のしっとりとした潮の匂いとはまた違った、こう自然な感じの匂いというかカラっとしたような匂いがします。


寂しいことに、海辺のすぐ近くに住んでいるにもかかわらず私が住んでいる辺りではまったく潮の香りはしません。

相方は「潮の香りがするのは、この海に昆布とかがたくさん生えているからだよきっと。」と言っていましたが、実はこの潮の香りというのは、海藻や海洋プランクトンといった有機物が死後分解した匂いなんだそうです。

a0027492_1913261.jpgというわけで、プランクトンが豊富で、エビや小魚などの住処となる海藻が豊富に生えているからなのかペリカンなどのたくさんの海鳥たちが羽を休め、アザラシが砂浜でごろりと昼寝していたりと本当に自然豊かな海辺でした。

これもまた"栄養たっぷりの海"のおかげなのですね。

そうそう。
相方のその"昆布説"は見事当たっていました。このLa Jolla Coveの沖には、なんと"昆布の林"があってそこでダイビングする人達がたくさんいるそうです。

いいなあ~楽しそう。私も挑戦してみたいかも。




a0027492_1932612.jpg

a0027492_1934060.jpg

a0027492_1935172.jpg

[PR]
by cabayarea | 2006-10-09 19:13 | California


<< George's at... Dry Skin >>