Santa Barbara Harbor & Seafood Festival 1
a0027492_17205353.jpg
先週末に南の海へ行ったと思ったら今週末は北の海へ。

自宅からはUS-101号線をサンフランシスコの方向へ向かってひたすら北上。ちなみにこのUS-101、日本でいうところの「国道(=US Highway)」と呼ばれるもので、アメリカ大陸を"横断する方向"の道路には偶数、"縦断する方向"の道路には奇数番の道路番号が振られています。

そしてI-5号線(こちらはInterstateと呼ばれる日本の高速道路に該当)も同じくアメリカ西海岸を縦走している大幹線道路ですが、内陸を通るI-5と違って主に海岸線沿いに走るUS-101はカリフォルニアでのドライブでは本当にお勧め。

で今回のドライブの目的地は「Santa Barbara」。この街のシンボルというか特徴でもあるSpanish Colonial風の建物が立ち並び、のんびりとした空気が漂う小さくて美しい街です。


a0027492_18302270.jpgそしてこの街でのお目当てはというと、毎年この時期に1日だけ行われる「Santa Barbara Harbor Seafood Festival」!

そう!魚にはちょっとうるさいよというLA在住の方にはご存知、Santa Barbaraといえば地元で獲れる美味しい"ウニ"の産地として有名なのです。


a0027492_19411559.jpgここで獲れたウニのほとんどは、日本では高級品扱いされるため高値で売れる築地市場へ輸出されています。

ウニは大きく分けると"赤(Red)"と"白(White)と呼ばれる物が存在するのですが、その中でもWhiteと分類される白ウニに関しては築地での市場価格は、なんと現地で取引される価格の約10倍!ちなみに南カリフォルニアで獲れるウニは紫ウニがほとんどだそう。

ということで地元で食べるウニはさぞかし旨いだろうと出かけてみたというわけなのです。しかしここまで食い意地がはっているとさすがに自分でもちょっぴり呆れてしまいますが・・・(^^ゞ

去年のLobster Festivalもそうですが、フード関係のFestivalの中でも、格別にSeafood系のに弱い私。なんてったって気合の入れ方が違います。早起きだって長距離のドライブだってなんのその。

a0027492_19444818.jpgやっとSanta Barbara Harborの会場に着くとちょっと時間が早すぎたのか人影はまばら。とにかくまずは会場の奥のほうにある、漁船が横付けされているCity Pierのところへ向かいます。すると既にそこの一画は、水揚げされたばかりの魚貝類の水槽がずらっと立ち並ぶテントがあり、ここはすでに人だかりが。

わ~( ゚∀゚)

なんとその水槽の中には、なんと体長60~70cm近くはあろうかと思われるロブスターがうようよ! デカすぎです!とにかくこんなに大きいロブスターを見たのは初めてで、さすがに1人でこれ1匹完食できたらすごいだろう・・・と思わず絶句してしまいました。


a0027492_19471930.jpgそしてそれらテントのすぐそばには、こんなふうに横付けされた船からどんどん蟹やロブスターなどが水揚げされていきます。うわ~これはほんとに新鮮だわっ~!と叫ぶ私。水揚げしたばかりのものをその場で食べることができるこのFestival。興奮しないはずがありません。

"漁師の朝は早い"とはよく言ったもの。すでに水揚げを終えたらしい漁船は、船上でコーヒーを飲みながらのんびりくつろぐ漁師たちの姿も見受けられました。

a0027492_19454473.jpg魚貝類を興味深げに眺めながら歩く人が多い中、すさまじい勢いでエビやらカニを大量に買っていたアジア系のおばちゃんに思わず目が釘付け。

その大量買いの姿もさることながら、直接手にとってじっくりみるその眼差しは真剣そのもの。そしてあれやこれや漁師のおじさんに交渉している熱い姿に思わずパワーを感じてしまいます。


a0027492_20151553.jpgさて。
私もおばちゃんに負けないよう戦闘開始です!







Santa Barbara Harbor & Seafood Festival
Harbor Way
Santa Barbara, CA 93109
[PR]
by cabayarea | 2006-10-15 17:17 | Food Festival


<< Santa Barbara H... George's at... >>