morimoto NYC
a0027492_1522249.jpg
最後は、大都会New Yorkで旅を締めくくることにいたしまして。

3年前に初めて訪れたNew Yorkの印象は「・・・(←この間がポイント)最悪」だったのですが、今回の訪問では「うお~最高~!」と180度考えが全く変わりましたです。

あ~また行きたいなNY。


そのNYにおきまして、ちょいと行ってみたいなーと思っていたレストランがこの「morimoto NYC」。

このレストランを知ったきっかけは「ガイアの夜明け」という日本のTV番組でした。このレストランが番組内で取り上げられていたのですが、その中でも"ローカライズしてアメリカ人好みに仕上げたという肉じゃが"を作り上げたシーンがあって、その肉じゃがを1度でいいから味わってみたかったのです。話のネタに。


a0027492_16113427.jpgというわけで予約して行って来ました。

このお店のChefは、ご存知アメリカ版料理の鉄人"Iron Chef America"の"Iron Chef Japanese"こと「森本正治」氏。この方、日本版でも3代目"和の鉄人"でしたね。

ちなみにアメリカ版料理の鉄人の司会者は「本家・初代主宰(鹿賀丈史)の甥」という設定になっているらしいのです。でも、甥って無理ないか・・・?

そしてレストラン店内のデザインは、表参道ヒルズを設計した現代建築の第一人者「安藤忠雄」氏が手掛けたのだとか。しかも総工費に14億円近くもかかっただけあって、いやはや、気合の入り方が違います。


a0027492_16273338.jpgさっそくメニューを見ると、あの「肉じゃが」がない・・・。なぜかメニュー上からさくっと消えておりました(涙)なのでアラカルトはやめて「morimoto omakase($120.00)」でいくことに。

"おまかせ"なので何が出てくるかまったくわからなかったのですが、苦手な物やアレルギーなどがないかどうかはきちんと尋ねてくれました。

さてお待ちかねの1品目は「toro tartare」。ウニ箱のような容器に詰められたトロのたたきをもんじゃ焼きで使う鉄ヘラを使っていただきます。こりゃおもしろい! 添えられた薬味や出汁あんなどもしっかり脇を固めてくれてます。


a0027492_16274830.jpgお次は「Sashimi Bonito」。

これまた新鮮な"かつお"で旨い! 刺身のとなりには、かつお節を厚めに削ったものが添えてあって、なかなか素敵なプレゼンテーションです。


a0027492_1628790.jpg前菜が軽~く2品続いたあとは「Fugu Carpaccio」。まさかNYにきてまで"ふぐ"を食べることになろうとは一体誰が想像したことでしょう!

ふぐといえば鍋ですが、サラダ仕立て風で食べるふぐもまた格別の美味しさであります。


a0027492_16283193.jpg3品あっさりしたものが続いたので、まだまだイケる!と思っていたところにきたのがこの「Kumamoto Oyster Foie Gras with Uni」。

牡蠣とフォアグラと雲丹を1皿にまとめたこれまた豪華な料理。しかし、どれも個性の強い食材なのでちょっと不安だったのですが、Teriyaki Sauceがしっかりまとめてくれましたよ。これもうまうまでした。


a0027492_16284953.jpgと、ここでお口直しの抹茶とひとかけらのマカロンをはさんで、いきなり「Sushi」です。

シャリも小さめで、"普通に"おいしいデス。



a0027492_1631996.jpgSushiを食べていたと思ったらいきなり和の世界から洋の世界へ。「Grilled Lobster "Epice" with Lemon Creme Fraiche」の登場です。

"Epice"とはフランス語で香辛料という意味なのですが、その名の通り、かなりスパイスが効いたロブスターになってます。 これを食べた途端、頭の中にあった"和"という文字がどこかへぶっ飛んでいってしまいました。

このロブスターの脇に添えてある「Lemon Creme Fraiche」のように、最近流行のレストランではソースを"泡々"にするのが流行ってますね~。おもしろいです。



a0027492_16314380.jpg最後にこの1品がトドメをさしてくれました「Wagyu Beef fritters」。

ほろりと肉の繊維がくずれる牛肉を天ぷらにしたような1品。小豆をすりつぶしたソースでいただきます。これがまたクドかったなあ。私的にはあのSushiで終わりにしておけばよかったかも。


a0027492_16363324.jpgデザートは「Pistachio Cake, Hazelnut "Espuma", Pistachio Tuile, Cherry Sorbet」です。

ピスタチオのケーキなんて生まれて初めて食べましたが、美味しいんですね~。今度自宅でも作ってみようとこのとき心の中で誓ったにもかかわらずまだ作れてません・・・。


a0027492_16365822.jpgそして例の和の鉄人、森本シェフ登場~!着物姿が板についていてTVで見るよりもかっこいい!写真撮影も忙しくなければ気軽に応じてくれたりするのです。

鉄人の手さばきを目の前で堪能できるこのカウンター、履物は脱いで上がるお座敷になっていて、メニューはお1人様$200かららしく。しかも予約困難といわれている席なのだそうで予約の際にはクレジットカードの番号も必要だとか。

また地下にあるBarとトイレも必見。特にトイレは「ほほお~」と唸ってしまったほど。 賛否両論いろいろありますが、なかなか楽しいお店でした。

morimoto NYC
88 10th Avenue
New York, NY 10011
[PR]
by cabayarea | 2006-12-28 19:35 | East Coast 2006


<< Wishing a Happy... Cape Cod >>