Wako Donkasu
a0027492_19481073.jpg
気がついたらもう3周年を迎えていた某SNS。

かつて多少なりとも足をつっこんでいたこのWeb業界にて私が思ったのは、とにかく何事も"スピード"が要求されること。まさにドッグイヤーっていうやつですね。かくいう私自身もドッグイヤーなみのスピードで老化してってますが(涙)

もともとどんくさい私はちょっと切なかったりしたわけですが、まあそこがあの業界の凄さでもあったりするわけでして。

話はそれましたが、そんな某SNSにおいておもしろいレストラントピックスを発見しまして。なんとLAのKorean Townにあの日本の「とんかつ和幸」があるという話題で盛り上がっているではないですか!

なにをかくそう「さぼてん」派(九州出身の相方はもちろん「浜勝」派)の私でありますが、あのサクサクころものおいしいとんかつならもうなんでもいい~ということで行ってきました「Wako Donkasu」へ。
・・・アレ?どんかす?



a0027492_19485459.jpg店の先にあるValet Parkingに車を止めてから店に向かうと、「とんかつ専門店 和幸」の文字の入った大きな看板がどんと目の前に飛び込んできました。おおおー和幸の2文字が輝いてみえます!

その下にはローマ字でWAKOと描かれているほかに、Korean Townにあることもあってハングル文字も見えますね。


a0027492_19491631.jpg落ち着いた雰囲気の店内はほぼ満席。さっそくメニューを開いてびっくり。料理の写真付き!どれもこれもとっても美味しそうに写っていて、ころもなんかは、パン粉の大きさが粗めで、生パン粉を使用しているんじゃないかと思われるぐらいの出来栄えです。

しかしよーく見ると"とんかつ専門店"なのに、なぜか「ざるそば」が。さらに「うどん」まで。・・・アレ?

ここで懸命な皆様はもうお気づきかも知れませんね(笑)


a0027492_19493316.jpgでもでも!
ちゃーんとこの"すりすり胡麻セット"が出てきましたよ!久々のすりすりを前にしまして、やっぱりこの儀式があるとないとでは全然違うね~としみじみ思ってしまいました。

でも日本と違うのは、胡麻をすり終わるとですね、ソースの容器をがっちりかかえた店員さんがどこからとなくサッときて、すり鉢にソースを注いでくれるんですよ。自分で好きなだけソースをドボドボ注いでまぜまぜできなくて、ちょっともどかしい・・・。


a0027492_1949572.jpgテーブルにやってきたこちらは一番無難な「Pork Cutlet($8.25)」これにご飯とお味噌汁、そして正体不明の漬物?がついてきます。

とんかつはロースの他にヒレかつもありまして、さらにはBeef, Chickenカツもさることながら、Fish(白身魚フライ)、Shrimp(エビフライ)、Crabカツなんかもメニューにあって、しかもLobsterなんかまでもカツに仕立て上げられてます。

でも一番インパクトがあったのは「Cheese Cutlet($10.95)。極彩色なチーズがたっぷり肉の中につまってて高カロリー&ボリューム大、間違いなし。


a0027492_19501138.jpg韓国の"トンカス"は、名古屋のわらじとんかつみたいに薄いとんかつだと聞いたことがありましたが、このお店のとんかつはわりと適度な厚さを保っているかと。何よりもちゃーんと"油きりの網"が敷いてあるところがエライ。

とんかつのお味はまあまあ・・・といったところなのですが、日本のそれと比べながら食べたりするのが結構おもしろいです。


a0027492_204821.jpgこちらは「Orosi Cutlet($10.95)」。

とんかつ本体がもりもりの大根おろしの山でほとんど見えません!きざみネギまで!おおお豪快すぎる!ソースではなくポン酢がついてくるのでそれでいただきます。



a0027492_2041751.jpgしかし「和幸」って名乗るからにはあのサクサク衣も再現して欲しかったなあ・・・。それならメニューにざるそばやうどんを載せようと許せるのにー(笑)


Wako Donkasu
2904 W. Olympic Boulevard
Los Angeles, CA 90006
[PR]
by cabayarea | 2007-02-26 19:46 | Restaurant & Food


<< 3 Square Cafe +... Boa Steakhouse >>