On the Balcony
a0027492_15273229.jpg
3ヶ月以上も待ってやっと我が家にやってきたソファーを最後に、家中の家具がすべて揃いやっと落ち着くことができた今日この頃。

それまでに修理やら工事やら手続きやらで毎日なんだか落ち着かない日々を過ごしていたのですが、アメリカでは最後の住処にしたいと思うほどに気に入っています。

それはやはりこの景色のせい。なのでしょうか。


a0027492_15481268.jpgリビングルームの目の前に広がる太平洋の海。

この素晴らしい海の眺めはもちろんなのですが、何よりも、眺めを遮るものもなく(椰子の木はありますが・・・笑)、景色が真正面にどーんと突き抜けているので単純に気持ちがいいのです。



毎日こんなにも眺めたことがなかったので、海の表情が日々まったく違うことに気づいて驚いてみたりもしました。

a0027492_15535166.jpg夕日が感動的に綺麗な日には、夫婦揃って夕日を激写してみたり。(林家ペーパー子夫婦状態)
冷たい風が強く吹きあれる日は、白波がたちまくるシケ模様の海を見て興奮してみたり。(気分はすでに兄弟船状態)
当たり前ですが海だから夜は本当に真っ暗で何も見えないので、なんだか少し損した気分になってみたり。(東京湾の眺めについ憧れてしまう)



a0027492_162392.jpgさてさて。
こんな素敵な眺めがあるのにバルコニーを積極的に活用しない手はない!と、改造計画に乗り出すことにしました。まずは味気ないコンクリートむき出しの床の改造です!

ご覧の通り「Wood Decking Tiles」は特別な器具もいらないし、パチンパチンとはめていくだけで簡単にバルコニーへインストールすることができるので女性でも楽々に作業することができるのです。

a0027492_16242959.jpg1人で黙々と作業すること1時間。
タイルをどう配置するか(タイルを置く向きで印象がまったく違う)結構悩みましたが、なんとかベランダならぬ我が家の「デッキ」がついに完成! そしてリビングからデッキへそのまま素足で。
うはー!
いやはやこれがものすごく快適なのですよ~。

ちなみにこのウッドデッキですが、やはり素材の品質=耐久性やメンテナンスが懸念点でした。
いろいろ調べた結果、近年では耐久性がありメンテナンスを極力必要としない素材が研究されていて、その中でもハードウッドと総称される常緑広葉樹を使った材木が人気なのだとか。ということで私はIpe(イペ)と呼ばれる素材のウッドデッキを購入しました。


a0027492_17131284.jpgそして!
念願かなってやっとついに"My BBQ Grill"をベランダに設置することができたのです♡ これまではベランダが異様に狭かったり、禁止されていたりと機会を失っていただけに喜びもひとしお。

さっそくグリルを組み立てて、本体にガスボンベをつなげてさあ点火!とスイッチをひねりましたが・・・アレ?
まったく火が着きません着きそうな気配もまったくしません。

な、なんでー(涙)_| ̄|○/iiii


a0027492_17181072.jpg涙ながらに購入したお店に持って行くとお店の兄ちゃんがそっけなく「あーそれ"空"のボンベ。中身はガソリンスタンドで詰めてもらってー。」

( ゚д゚) ポカーン

・・・じ、自分でガスを詰めるだとー!


a0027492_17182388.jpgというわけで、まったく無知な自分を反省しつつトボトボと店を後にし、ぐるぐると近所のガソリンスタンドをハシゴし、そしてやっとガスをボンベに充填してくれるところを見つけました・・・。

持ってきたボンベを見たお兄さんは、その小ささに思わず ( ´,_ゝ`)プッ としていましたが、とても親切に対応してくれました。ちなみにガス代はこのボンベの大きさで$5.00。アメリカ人は一般的にもっと大きいボンベを使用しているのでしょうね。


a0027492_1814830.jpgということで私の「初BBQ on the Balcony」は、出足は挫かれたもののなんとか無事終えることができました。

┐(´ー`)┌ ヤレヤレ
[PR]
by cabayarea | 2007-03-26 18:06 | ( ゚д゚)


<< Golden Deli & L... Green Bagel >>