Ketchup Restaurant
a0027492_19064.jpg
私はいわゆる「専門店」とよばれるようなお店にかなり弱く、特に一つの食材に絞り込んで展開しているようなお店にはなぜかとても惹きつけられます。そしてそのようなお店はあまりハズレがないような気もいたしますです。

また、お店の専門としている食材(とか料理)が、とてもミクロ的(とかマイナー)なものだったりすると思わず「うあ~やられた~!」とその目の付け所に超感動してしまうわけでありまして。

そしてそれの最たるものが、以前マスコミでも話題になった「マヨネーズ料理専門店」なのではないかと思うのであります。


・・・もちろんここアメリカにはマヨネーズ料理専門店なんてものはあるはずもなく。

しかし最近、こちらLAに「Ketchup」というその店名からも分かるとおり、"ケチャップ料理専門店"らしきレストランがOpenいたしまして、ちょっとおもしろそうだなと思い行ってきました。



a0027492_1903389.jpg店内へ一歩踏み入れると・・・

やはりSunset Stirip沿いにあるせいなのかかなりHipでCoolな作りに仕上がってございましたよ。テーブルはもちろんケチャップの「赤」をきかせたPopなコーディネートでまとめられています。そして生の真っ赤なトマトまでがオブジェに。

お店のコンセプト=Ketchupがしっかり伝わってきます。



a0027492_1904338.jpgこのお店で出されたのはGrissiniとそしてSoft Pretzels! プリッツェル好きの私としては、これがサイドで出てくるだけでもうお店の評価がぐーんとUpしてしまいます。

マスタードのようなものとドライトマトのペーストの混ざったバターが添えてあります。



a0027492_191174.jpgさて。メニューをアレコレ眺めていると、遠くからなにやら台をごろごろと転がしながら、とってもキレイなお姉さまがこちらのテーブルへ向かってくるではありませんか。

久々に自分好みの女性に出会ってついウットリしてしまい、見とれてボーっとしていると、その台の上でちゃっちゃっとカクテルを作り出しました。

なんとですねこのお店では、カクテルメニューすべて無料でティスティングさせてくれるサービスがあるのですよ。

よくありがちなのが、カクテルの名前がやたらと凝っていていったいどんな味なのか想像すらできないというパターン。使われているお酒の名前が詳しく表記してあったとしても、そのお酒自体すら分からないものばかりで困ったときも。


a0027492_1911852.jpgというわけでいつも私は、アホの一つ覚えでMojitoを注文してしまうので、こういうサービスは本当にうれしいであります。

ちなみにこれはお姉さまイチオシの「Summer Loving($12.00)」のカクテルのサンプル。

お勧めだけあって、このサンプルを試してすっかり気にいってしまった私はこのあとこのカクテルを3杯立て続けに注文してしまいまして、まんまとお店の策略にハマってしまったような気がします・・・。




a0027492_1913657.jpg日本人だとたぶん、ケチャップ料理というと思い浮かべるのはナポリタンだと思うのですが、アメリカの場合、イコールBBQ料理らしいんですね。

もちろんこのお店のメニューにもBBQ系の料理が並んでおりまして、まずはアペタイザーに「KOBE 'Burger' BLT Sliders($9.00)」を注文してみました。

これがまたとにかく小さくてとってもキュート!食べるのがもったいないほど!(といいつつ速攻食べたけど)

ちなみに"Sliders"というのは"Mini-burger"、ミニサイズのハンバーガーのことをいいまして、東海岸の「White Castle」というファーストフード店のミニハンバーガーがこう呼ばれていることが語源らしいです。

他にもミニサイズのタコスやホットドッグがあったりと、有名なクラブやバーがひしめくWest Hollywoodという立地も手伝ってか、小腹を満たしにちょっとつまんで踊りに行くという使い方もできますねえ。(といいつつ私の場合踊りにはいかずラーメン屋とかで餃子つまみながらさらにグタグタ飲んでそうな気が・・・)

一方、日本ではメガマックが話題になったり、BKが再上陸したりとトレンドがBigサイズにシフトしつつあるようですが、逆にこちらでは、メニューにミニハンバーガーをのせるレストランなどが最近チラホラ増えてきた感があります。



a0027492_1915868.jpgおっと。いよいよここで真打ちの登場であります。

店名に"Ketchup"とあるだけに、肝心のケチャップの味がNGでは話になりません。が、しかし色鮮やかな5種類ものケチャップを目の前にしてそんな心配は杞憂に終わります。

とにかくどのケチャップも美味しい!Homemade Ketchupなんかは一見市販のケチャップと変わらないのですが味わいがまったく違います!

甘いケチャップが2種(Mango他)に、店オリジナルのHomemade Ketchup、そして辛いケチャップが2種(Chipotle他)の計5種類。とりわけ中でもMango Ketchupは美味ですよー。



a0027492_193404.jpgあとやっぱりイモ好きのツボをおさえてるな~と思わせてくれますアメリカっていう国は!

一度に3種類のイモをエンジョイできる「3 Some($12.00)」。すばらしすぎて涙がでます。

でもこのイモをを注文するときちょっと恥ずかしいねと私が言ったら、相方には「おまえは考えすぎだ」とぴしゃりと冷静に言われました・・・。最近下系な会話、避けられてるな・・・。


a0027492_194142.jpgたまに無性に食べたくなってしまう「Sweet Potato」のフレンチフライ。

ホクホクっとした通常のフレンチフライと違って、ちょっぴりネットリした食感と甘さが病みつきになります。


a0027492_1944323.jpgそして辛~いCayenneペッパーフレンチフライの他に、もうひとつこの「Garlic and Parmesan」のフレンチフライがありまして。

粉チーズがぐわっとたっぷりまぶしてあり、イモにチーズという最強の組み合わせに思わず涙目の私。





a0027492_1952035.jpgポテトでお腹が膨れてしまうまえに、メイン料理ということでこちらが「Drunken Scallops($26.00)」。

Wicked Aleというビールに漬け込んだホタテをグリルしてあります。もちろんそのおかげで生臭み一切ナシ!ホタテの旨みだけがちゃんと残っておりますです。ベーコンの旨みたっぷりクリームソースとの相性もばっちりです。



a0027492_1953120.jpg同じビールつながりでこちらは「Beer Can Chicken($19.00)」。

Beer Can Chickenとはチキンのお尻からビール缶を腹の中に突っ込んで、立たせたままグリルするという大胆かつアメリカでは比較的ポピュラーなBBQ料理であります。

ちなみにグループで注文すると、缶にぶっ刺さったまるまるのチキンを出してくれるらしいです。きっと盛り上がること間違いなしではないでしょうか。



a0027492_23433157.jpg最後に。

このお店のおもしろいなと思わせるところについてですが。

ケチャップというちょっぴりジャンクな響きのある伝統的な調味料をコンセプトに、古典的なアメリカのBBQ料理を現代風にアレンジしつつ、良質な食材を使用することによって、さらに洗練された味を表現しているそのギャップがおもしろいのではないかと。

で、そのギャップみたいなものが、これからどんどん受け入れられていくことによって、いわゆるAmerican Cuisine、アメリカ料理が広くレベルアップしていくのではないかなーとフト考えてみたりして。

新聞なんかを読んでいると、そろそろAmerican Cuisineに回顧しようとする動きもちょっとあるみたいですし。

まーとにかくこれからもいろんな新しい料理がこのアメリカから発信されるといいなと心からそう思うのでありました。

Ketchup Restaurant
8590 Sunset Boulevard
West Hollywood, CA 90069
[PR]
by cabayarea | 2007-07-21 23:28 | Restaurant & Food


<< Restaurant Habana German Potato >>