Gyusuji Curry Rice
a0027492_14332468.jpg
グルメ漫画といえばやっぱり「美味しんぼ」。 その美味しんぼを読んで、自分で作って大失敗したメニューをちょっと紹介します。

たしかあれはまだ私が小学生だった頃。 第8巻中でのエピソードで、山岡さんが今にもつぶれそうなジャズ喫茶の名物であった「ソルトピーナッツ」でその店を復活させる話があるんですね。

これがまたかなり泣ける話だったのですが、それよか何よりも釘付けになったのがこのソルトピーナッツ。

山岡さんがジャズ喫茶のマスターから教わり作ったソルトピーナッツを、栗田さんが食べて一言「サクサクしてとっても美味しいわ!」なんてあのいつもの調子で言うもんだから、どうしても自分でも作ってみたくなり、母親に台所を使わせてもらうよう必死に頼み込んでまで作ったのです。

が、これがまた決定的に美味しくなかった・・・。そして全然サクサクしない・・・。

「ゆう子に騙された」といまだ根に持っています。


そしてそんな栗田さんに今の今まで騙されていたもう一つの食材が「牛すじ」。 第9巻に収録されているエピソードで、迷子の子犬を見つけた山岡さんが、子犬の成長にいいと言って牛すじ肉の煮込みを与える話があるんですが、

そんな心やさしい山岡さんが職場で牛すじを煮込んでいたところ、栗田さんが鼻をつまみながらすっ飛んできて、「ニカワを煮るようないやなニオイっ!」って激怒するんです。

もちろん小学生の私にニカワがどんな匂いなのか分かるはずもなく、それ以来私の脳内には「牛すじ=臭いもの」という図式がインプットされ、大人になるまで特に食べる機会もなく育ってしまいました。


ところが一転、名古屋名物のどて煮を食べてからというもの「牛すじ」ってこんなに美味しいものだったのかと驚きまして、メニューにあれば必ず注文していたほど。


というわけで最近は、自分でも牛すじ煮込み作りにチャレンジしているわけです。



a0027492_14334056.jpg山岡さんも大好物である牛すじ。 見た目からも分かるようにとても筋ばっていて、本当に硬そうでこれが本当に美味しく食べられるようになるの?っていう疑問も分かるような気がします。

ただ中には、鬼すじというどんなに煮込んでも柔らかくならない鬼のような筋があるそうで、これは煮込めば煮込むほどゴムのように固くなっていくそうです。



a0027492_1434737.jpg初めて牛すじを茹でたとき、いったいどんな匂いがするんだろうとかなりドキドキしましたが、まったくイヤな匂いはせず、拍子抜けしてしまいました。

あやうくまた「ゆう子に騙される」ところでしたね。

ですが、下茹でではものすごい大量のアクが出てびっくり。茹でこぼして、牛すじを流水で丁寧に洗います。



a0027492_14342166.jpgきれいに掃除した牛すじを再び鍋に入れて、ゆっくり煮込んでいきます。 ちなみに2回下茹でしたほうがいいというレシピもあったのですが、我が家の場合1回の下茹ででも十分なような感じです。

ルクルーゼのおかげで、煮込み料理はすっかり得意になりました。 とろ火で半日~1日も煮込めばかなりやわらかくトロトロになります。

醤油と酒、みりんなどで味付けし、すこし煮込んで出来上がり。味は薄めに仕上げておいて、それぞれいろいろな料理に使いまわします。



a0027492_14343267.jpgとある日の昼食に、ストックしておいた牛すじでカレーを作りました。

たまねぎを飴色になるまでじっくり炒めて、そこに牛すじを煮込んだスープごと投入。市販のカレールーを溶かして出来上がりです。

アメリカで販売されている日本のメーカーのカレールーには、一切肉エキスが使われていないので、こうやってじっくり煮込んで肉から出たスープで、旨みを補ってあげるとさらにおいしくなります。

トロトロ牛すじカレー、結構ハマってます。
[PR]
by cabayarea | 2007-11-18 14:32 | Home Cooking


<< Marche Moderne La Sosta Enoteca >>