Moffle
a0027492_10554230.jpg
もう済んだこと。とがんがん食べて寝て忘れる2007年

そんな新しい気持ちで新年を迎えました。食べて飲んでTV見てまた食べて寝てそしてまた飲んで食べてTV見てちょっと飲んで。胃が休まる暇もないくらい常に何か食べていた2008年お正月だったような気がします。

そしてSlingBoxをTV画面でも視聴できるよう新たにケーブルを買ってきてPCとTVをつなげてみたら、これがまた快適で朝から晩までTV三昧。・・・人間ってほっといたらいとも簡単に堕落していくものなのですね(涙)

無意識に体重計を破壊しかけました。



そんな感じで、いつものようにSlingBoxを起動させ朝の情報番組にチャンネルを合わせて、台所で洗いものをしていたら、ふとTVから

「もっふるもっふる~♪」

と楽しそうに叫ぶおっさんの声が聞こえてきまして。「なんだよ朝から・・・」と私はちょっととまどいつつも何かの新しいギャグなのかとTV画面に目をやるとそこにはおもしろい光景が広がっておりました。

( ゚д゚) ポカーン

テレビショッピングでお馴染みの実演販売だったのですが、そのもっふるおじさん、なんと餅をワッフルメーカーでぎゅーっと押しつぶしながら焼いていたのですよ。

その発想はなかったわと。


a0027492_10575961.jpgそういえば。お正月に余ってしまったお餅がありましたので、これ幸いにと私も挑戦してみることにしました。

切り餅1つをさらに半分に切って、十分に熱したワッフルメーカーの上に置き、ふたを閉じます。最初は餅が固いのでふたは閉じずに隙間ができますが、熱で餅がすぐにやわらかくなってきますのでそこでしっかりフタを閉じればOK。

ふたに力を入れて押し付けると、ぐにーっとふたが閉じていくと同時にじわじわと餅が柔らかくなっていくであろうその感触がなんともたまりません。単純に楽しいです。


a0027492_1058127.jpg収納棚の奥深くに眠っていたワッフルメーカーを取り出しきて。ベルギーワッフルを自分でもどうしても作ってみたくなって、パールシュガーまで必死に探し出して作ったのにそれっきり。2~3回使用しただけでした。

アメリカの老舗ワッフルメーカーといえばこのVillaware社のUnoシリーズのもの。Villaware社の創業者の孫がアメリカで初めて家庭用のワッフルメーカーを発明したのだそう。ちなみに創業者は今から100年前に家庭用パスタマシーンを発明して一躍有名になったお方。


a0027492_1058337.jpgというわけでワッフルメーカーでおもちを数分焼くと「モッフル(Moffle)」のできあがり。

これがまたすっごい簡単におもちを焼くことができるんでびっくり。トースターなどで焼いたときのようにどこかに引っ付いたりもせず、つるりと簡単に取れるんです。

そして、見た目に惑わされているのか食感がとにかく不思議で、なんだか狐につつまれたような感覚におそわれました。なんとも言い表すのが難しい。

まあでも簡単に言っちゃうと外側はかりっ&さくっ、中はもちもち。これに醤油をたらせば、「ぬれせんべい」にも似たような味と食感かと思われます。あとワッフルメーカーに油を多めに塗って焼き上げればおかきみたいな感じにもなるんじゃないかと。


a0027492_7343558.jpgテレビではしゃぶしゃぶ用の薄~いおもちに、ホットサンドみたいにいろんな具をはさんで焼き上げていたので、それも挑戦してみることに。
a0027492_10595100.jpgごそごそと冷蔵庫をあさるとありましたありました残り物のハムとチーズ。それらをはさんでぎゅーっとプレス。じりじりと焼いているとチーズの香ばしい薫りが広がって食欲を刺激します。

モチ+チーズ、これ最強です。
a0027492_10591816.jpgとにかくこのモッフルは手軽に作れて手軽に食べられるのがいいです。しかもお餅を食べるとパワーがでますね。

よし!今日からモッフルを相方の夜食にしよう!(なんてったって簡単だし洗いものも少ない!)たくさん食べてもらって、もっともっともっと仕事がんばってもらおうー。

From鬼嫁


モッフル/Moffle (おもちワッフル/Mochi waffle)a0027492_8212864.gif
[PR]
by cabayarea | 2008-01-12 14:36 | Home Cooking


<< The Palazzo Res... Marche Moderne >>