Wild King Salmon with Cream chèese and Salmon roe
a0027492_7581073.jpg
メインのおかずは、「いくらとさけの親子ソース」をつくってみました。小林カツ代さんの息子である料理家「ケンタロウ」さんのレシピを参考にしました。

鮭は、オリーブオイルとにんにくで一晩マリネしておきます。フライパンで鮭を焼いてもいいのですがうちにはフィッシュロースターがあるのでそちらのほうがひっくり返す手間もなく便利なのでそれで焼いてみました。焼いているあいだに鍋に生クリームと日本酒(白ワインがなかったので)を入れ、クリームチーズをちぎりながら加えて煮詰め少しとろみがついたら塩こしょうで調えます。火を止めてからいくらを加えて混ぜ合わせ、焼きあがった鮭にかけてできあがり。

意外や意外にこの鮭とクリームチーズの組み合わせはなかなかでした。そういえばベーグルでもスモークサーモンとクリームチーズの組み合わせは日本では人気があるっていいますしね。いくらが結構しょっぱいので、ソースの塩を控えめにするのと、鮭は塩鮭は絶対避けたほうがいいです。アメリカでは紅鮭や塩鮭が売ってないのでたまに食べたくなります・・・。
[PR]
by cabayarea | 2004-07-28 07:59 | Home Cooking


<< Hokkaido Cream chèese-ya... >>