カテゴリ:Goods( 7 )
Silver Charm
a0027492_1743243.jpgお知らせ♪

香港といえばもう皆さんご存知いつも楽しい情報満載のBlog飲茶天国のKURIinHKさんから1周年+1万コメント+10万ヒットお礼企画として、お手製のSilver Charmをプレゼントとしていただきました!

バラのモチーフがものすごく精巧にできていて、KURIinHKさんの手先の器用さに驚く私。いぶし銀がこれまた渋くて素敵。ちなみに私はものすごく手がでかいのでこういう小さいものを作るのは絶対無理。針に糸を通すときはアレ(名前忘れた)がないと出来ません。でもやっぱりこういうアクセサリーとか一度は自分で作ってみたいなと思う。これでも私も一応女なので憧れます(笑)

さっそく携帯につけてみようっと♪・・・と思ったら私の携帯にはストラップをつけるところがどこにもない!いきなり焦りました。で今はどこにつけようか考え中です。

KURIinHKさんどうもありがとうございました~!

うちの相方がKURIinHKさんから届いた封筒を見て「おまえって香港に友達がいたの?」と聞いてきました。私が「Blogで知り合った人なの」というと「ほおーインターナショナルでいいねえ。」とちょっと羨ましそう。

へへへーいいだろーうらやましいだろー相方よ。

ちなみについちょっと前まで、うちの相方にはこのBlogの存在は話してなかったのですが、たまたま「SF, すきやき, しゃぶしゃぶ」でググってたら、偶然発見したらしいんです・・・。(いったいなぜそんなワードでググってたんだか不思議だ・・・) そのときはまさか私がBlogをやっているとは思いもしなかったようで、Blogに載っていたレストランが自分の行ったレストランとタイミングも一緒だったので、不気味に感じつつおかしいなあと暫くの間、悶々と悩んでいたそう。(早く気付けよ)

で、現在彼は私がこのBlogをやっているということを知っていますがどうやら「見て見ぬふり」をしてくれているようです。
[PR]
by cabayarea | 2005-07-30 18:31 | Goods
Cricket Bowl
a0027492_17411189.jpg今日のおやつは、でん六「味のこだわり」です。先日のFestivalで出店されていた「Village Clayworks」で購入した器に入れてみました・・・が。

・・・あ。やっぱり食べ物を入れてはいけませんね、これ。なぜか食欲失せますね。やはり飾っておくだけにしておきます、はい。

Berkeleyから南下したところにあるDublin在住のアーティストCatherine Reeceさんが作る作品はどれも「昆虫」をデザインに組み込んだ陶器ばかりで、その昆虫はデフォルメされることなくリアルに描かれているのが私の心をつかんだポイントです。また陶器自体の雰囲気や色も素朴なところがとても気に入りました。決して人工的な感じではないのがとてもいいです。

a0027492_729976.jpg何年か前にCatherine Reeceさんが湖でとんぼを見かけて以来その美しさに魅了されたのがきっかけで昆虫を自分の作品に描くようになったそうでdung scarab beetle(ふんころがし), cricket(こおろぎ), praying mantis(かまきり) the house fly(ハエ)など。特にふんころがしの絵、かわいいです。
[PR]
by cabayarea | 2004-10-25 07:29 | Goods
COUPY PENCIL
a0027492_12144569.gif今年もあと2ヶ月とちょっとで終わりですね。既に来年のことを考えている私ですが2005年のSpring SemesterでArtの授業でもとってみようかと検討中。

小さい頃は絵や文字を書くのが好きで、学校の授業では各先生ごとにいろいろ特色があったりしておもしろかったのかその先生が黒板に書く書体をそっくりまねして自分のノートに書いてみたりと授業にまったく集中していませんでした。人の字をまねするのが好きだったみたいです(へんな子供・・・)。もちろん教科書は落書きだらけ。でもなぜかノートだけはきれいで、どうやら「きれいに書いたノート」に満足していた「だけ」のようです。肝心の内容はまったく頭に入ってなかったように思います。

特に覚えているのが、筆記用具に異様な感心を示していたこと。ふでばこは学期ごとに買い替えてみたりとか文房具屋に入り浸ってみたり。今でも理解不能なんですが、そのころからこまごまとした小さいものが好きだったようで、今でもそれは引き継がれてます。大人になった今は、和ものの小皿なんかみるともう欲しくてたまらなくなります。大皿料理系ばかりつくるくせに。

それに、大切にしてた「サクラ」の「クーピーペンシル」。クーピーペンシルの「COUPY」とは、フランス語をもじって名付けたようです。あの箱の中にえんぴつけずりと専用の消しゴムが同時に装備されているのが、なぜか私をたまらなくとりこにしました。たしか30色入りぐらいを持っていた友人がうらやましくて、母に買ってくれとねだったのに12色入りで十分だとすっぱり言われて母を恨んだ記憶あります。

んでクレヨンはもちろん「ぺんてる」のクレヨン。このぱちんととめるホックが好きでした。あと裏ぶたに自分で色を塗って色名が覚えられるようになっているのがあり、色を塗った記憶あります。ちゃんとこの順番に沿ってクレヨンをしまうのも好きでした(なぜか・・・)。クレパスは私は使った記憶がないのですが、弟が使っていたような気もします。世代の違いからくるのでしょうか。

久々にクレヨンで絵とか書いてみたいと思った休日でした。
[PR]
by cabayarea | 2004-10-17 06:59 | Goods
Lotta Jansdotter
a0027492_142425.jpgその「Zinc Details」にSan Francisco在住のデザイナー「Lotta Jansdotter」のものをいくつか扱っているということで友人のプレゼントにとテーブルクロスとテーブルランナーを買いました。彼女のデザインしたエプロンやバッグなんかもとてもかわいいので本当に大好きです。日本でも人気があり、「Updated Edition ロッタちゃんのハンドメイドのある暮らし」という本も発売されてます。

ちなみにSan FranciscoのPost Streetにあるアトリエ兼Shopはほとんど閉まっていることが多いです。私は3回行ってすべて閉まってました涙

Lotta Jansdotter
864 Post Street
San francisco, CA 94109
[PR]
by cabayarea | 2004-07-12 15:32 | Goods
Digital camera
a0027492_12323120.gif今日は私の使っているデジカメをご紹介。まずBlog用の写真を撮るときは、SonyのCyber-shot 「DSU-U10」を使っています。(写真左) このシリーズはもうすでにU-50まで出ているようですね。実は初回購入者特典として「BEAMS」のオリジナルソフトケースがついてくるというのにつられて買ってしまいました。総画素数は130万画素です。はっきりいって機能はあまりないのですが、なんといっても小さいしかわいいので結局よく使ってます。

a0027492_1233313.gif次にCyber-shot「DSC-P5」は320万画素でいろいろな機能がつきすぎてはっきりいって使いこなせてません。これは写真をPrint outするとき用に使っています。このPシリーズなんてもうP-100まで出ているんですね・・・。買った当時は最先端だったのに・・・涙

最後にCyber-shot「DSC-F505V」です。(写真右後方) これは、はっきりいって持っている人の外見によってはカメラ小僧のようにも見られかねないようなものです笑 ほんとごつすぎる!これも型が古いので262万画素です。シリーズF-828まで出ていますね~。最新のは810万画素ですよ。・・・すごい。はっきりいってこのカメラも、ある程度カメラのことに詳しい人じゃないと使いこなせないです。私にはDSU-U10で十分なのかも。

ほんと次から次へと新しいものを出してくれるので、欲しくなってしまい困りますね・・・。
[PR]
by cabayarea | 2004-07-06 16:47 | Goods
Stick and Coil incense
a0027492_17221064.gifちょっと自宅で使用しているお香をご紹介。アメリカにいながらにして、日本の空間をつくりあげてくれるのが「お香」。お香を焚きながらリビングで日本のTV番組(毎週土日の夜のみ放送)をみているときが一番リラックスできます。

まず一番のお気に入りが、下の写真の京都・松栄堂の「銘香 芳輪」の渦巻き型線香。これはある旅館に泊まったときに玄関で焚かれていたもの。お寺のような匂いがします。やはり普通の線香とはちがうのか、おばあちゃんちのにおいとは明らかにちがう!

上の写真の真中の線香はJapan townで買ったもの。どこにでも売っているせいなのか、田舎を思い出させるような香り。宗教上で焚くお香は、経文を唱えたり、座禅を組んだりする時間を線香一本が燃え尽きるまでと定め、その時間を計る為に用いられるそうで。両サイドの線香は伊勢丹のBPQCで買ったもの。金木犀(きんもくせい)の香りの線香は、なかなかいいです。トイレの芳香剤にありがちな金木犀の香りとはまた別の感じがします。

昔、沈丁花(じんちょうげ)のにおいが好きだったので、その香りのお香を探してたけど結局みつからなかったな・・・今もないのかなあ。

a0027492_19154146.jpgそしてこちらは沈香の香りのもの。原料は同じ沈香でもまったく香りが違うのがお香の奥深くておもしろいところ。写真の左側はおなじみ京都・松栄堂のもの。なんだか古いものに染み付いたようなめずらしいなんとも言い表すのが難しい香り。値段はお手頃。続いて右側のはお寺で焚かれているような香り。このけむりを頭とか体になすりつけたくなるような感じです。

香炉自体は仏教が大陸から伝わった飛鳥時代にはすでに存在していたようで当時の人びとは願かけをしながらけむりを身体にかけていたのではなく、体を清めるためにけむりを浴びていたそうです。体の汚れをはらってからでないと、仏様に会うことはできないので、大きな香炉が境内に置かれたようです。

a0027492_1223171.jpgJapan townにてお香を購入したときのこと。プレゼントなのでラッピングを頼んだところこんなにきれいに包んでくれました。そういえば日本人の友達からもらうクリスマスプレゼントは毎年素敵なラッピングだって学校の先生が感動してました。




Asakichi
1730 Geary Blvd.#206, Japan Center Kinokuniya Bldg
San Francisco, CA 94115
[PR]
by cabayarea | 2004-06-14 05:29 | Goods
Heavy Smoker Baby
a0027492_16542034.jpg世界に広がる「家にあるもの大公開」

ブラックユーモア好きなアメリカ人がつくった「いかにも」的なもの。私の住んでいるカルフォルニア州は公共の施設内で喫煙が全面的に禁止されています。ただカリフォルニア州に住む成人の82%は非喫煙者である為、レストランやバー等で禁煙になっても、商売には影響しないとの調査報告から、この条例が施行されたそうです。

もちろん私のアパートも禁煙なので、たばこはベランダにて吸って頂きますYO。ちなみにうちのちかくのスーパーでは、マルボロは一箱(1カートンじゃないですよ!)$5ぐらいだそうです。高いですね・・・。
[PR]
by cabayarea | 2004-06-13 06:47 | Goods