カテゴリ:Home Cooking( 78 )
Giblets pot
a0027492_17292153.jpg
徹夜で試験勉強をしてたのですが、ソファーでちょっと一休み・・・と思ったら朝まで爆睡してしまいました・・・。朝っぱらから激しく電話が鳴り響き、しぶしぶ出るとなんと今度日本へ帰るときに利用する航空会社からでした。内容は、日本へ帰る飛行機の出発日をずらして次の日にしてくれないかというもの。先方はかなりせっぱつまっているような感じで、しかもずらしてくれれば、ビジネスへ無料アップグレードしますというではありませんか!! 速攻Yes! Of courseじゃ~!と言おうとしたのですが・・・ちらっとカレンダーを見たら・・・到着日の日は歯医者に皮膚科にと一日中予定を入れてありました・・・。病院の予約は必死でとったのでいまさらキャンセルもできず・・・。

_| ̄|○ ・・・ぁぅ

まだちょっと立ち直ってませんが、晩ごはんに相方が「もつ鍋」を久々に作ってくれました。唯一これだけは作ってくれますが、それ以外は基本的に一切何も作ってくれません。そのくせあれこれ一丁前に批評をするので、たまに包丁をぎゅっと握り締めているときがあります。

a0027492_1731582.jpg私が初めて「もつ鍋」を食べたのが実はこの相方が作ってごちそうしてくれたものでした。ものすごくおいしくて、我を忘れてがっついた記憶があります。あまりにもおいしかったので「これどうしてこんなにおいしいのー?」とキーキーと何度もしつこく聞いてしまい、「うるさい」と怒鳴られたこともあります笑。

実はうちの母親がモツを気持ち悪いと言って食べないせいでまったく食べる機会というか習慣がありませんでした。(すみません私も気持ち悪いと思ってました・・・)
知ったのはつい3年前です。こんなにおいしいのに・・・

作り方はすごく簡単で、市販のスープに牛モツと、大量のにんにくチップに鷹の爪、それに大量のキャベツとニラそれだけです。たったこれだけなのになぜかおいしい!実際その後、本場博多でも食べたのですが、やはりこちらのほうがなぜかおいしいのです。

いまだにナゾです・・・。
[PR]
by cabayarea | 2004-12-16 17:32 | Home Cooking
Soy sauce pasta
a0027492_11303413.jpg
実はこの2週間、ダイエット集中期間でした。そう、昨夜までは・・・。

1セメ$110と安いのでCalのGymへ通うことにし、毎日プリコール30分+筋トレ30分+ジョグ30分をこなし、朝昼しっかり食べる代わりに夕飯は抜いてました。そのおかげで2kg減。ぱつぱつだったジーパンのウエストにも余裕ができて、やっと腹式呼吸ができるようになりました。

なのに・・・なのに・・・orz

昨夜、相方の元同僚が今サンノゼに出張に来ているということで、Japan townへしゃぶしゃぶを食べに行ってきました。ちなみに相方と私は以前同じ会社に勤めてたので、その方々も一応仕事で何度かお世話になったこともあり、私も同行することになったのです。

最初は、野菜だけを少し食べてウーロン茶でも飲んでるつもりでしたが、だめでした(涙)。意思の弱い私はダイエットのことなどすっかり忘れ、ビールは飲むわ、肉はがっつり食うわ、久々に聞く会社の話も面白いわでがんがんいってしまいました・・・。

唐辛子に含まれるカプサイシンの効果で脂肪が燃えるだろうという、これまたアホな気休めで、しゃぶしゃぶのごまだれに大量の七味唐辛子を入れて食べました。が、これが思いっきり裏目に出て、今朝はお腹が急降下。通学途中の車中で脂汗めいいっぱいかきながら学校へ辿り着きました・・・。

そして食欲のスイッチが入ってしまったのか、本日のお昼ご飯には、大量のPastaを食べてしまった・・・。パンチェッタに玉ねぎを炒め、茹でたパスタを投入。「たっぷり」のオリーブオイルにしょう油をかけてできあがり。さらに食後にはアイスクリームも食べてしまった・・・。

あぁぁぁぅ・・・明日からまた節制します・・・。
[PR]
by cabayarea | 2004-12-11 11:25 | Home Cooking
Salmon roe
a0027492_154055.jpg
今日のお昼ご飯は、アラスカから取り寄せた「いくら」をのっけたご飯、それに「かに汁」、そして頂きものの「あわび」のお刺身です。一見ヘルシーな感じがしますが「いくら」はコレステロールの固まりなんで、食べ過ぎには注意らしいです。

ちなみに「いくら」が嫌いな人がここに約1名いるので、このイクラ1瓶は独り占め!朝はイクラのおにぎり、そして昼はイクラご飯とイクラ祭り状態。幸せです。小さい頃は親戚が北海道にいたのでよく「すじこ」を送ってもらってたのですが、いまいち「すじこ」と「いくら」の違いがわかりません。味はほぼ一緒だし何が違うんだろ・・・? あぁ祖母が作ってくれたすじこの醤油漬けが懐かしいです。

そしてこの「かに汁」は食べ残ったカニの殻をとっておいたもので出汁をとってつくったものです。相方がNHK「ためしてガッテン」でやっていた「産地で極めた! カニの味わいつくし術」を見ていたらしく、ガッテン流かに汁の作り方を無理やり教えてくれました。(口だけ出して決して手は出さない)

その「かに汁」の作り方ですが、まずタラバガニやズワイガニの殻(生でもゆでたものでも冷凍ボイルでも可)を、軽く焦げ目がつく程度にまで焼きます。次にビニールに入れて、すりこぎなどで細かく砕きます。そして昆布、白菜、にんじん、大根などと混ぜて1時間程度煮込み出汁を作ります。最後に汁だけを漉して、味噌を加えて温めてできあがりです。

カニの香ばしいかおりがなんともいえずおいしかったです。ちょっと面倒ではありますが1度試してみる価値はあるかと思います。

あわびは、皆さんご存知もう言うまでもないですね。激うまでした~。
[PR]
by cabayarea | 2004-12-01 15:39 | Home Cooking
Cream Stew
a0027492_17115493.jpg
こちらアメリカでも今、織田裕二主演のドラマ「ラストクリスマス」をやっているのですが、これって・・・いったい・・・。特に矢田亜希子・・・見てられない・・・。貴重な日本語TVの時間を無駄にしてくれちゃってます。(きっぱり) でも織田裕二大好きだから見ますけどね。

と話は変わって、お昼ご飯にと食べた「クリームシチュー」です。具は、3色にんじんと、玉ねぎ、芽キャベツにVeal(仔牛肉)です。

a0027492_1713091.jpg3色にんじんとは、スーパーでたまたま見かけて初めて買ってみたものなんですが、オレンジ色の普通のにんじんのほかに、黄色と赤っぽい色のにんじんが1袋になって売ってました。ちなみに味はみんな一緒です。

あとですね、クリームシチューって皆さんお肉は何を使ってらっしゃるのでしょう?私は鶏肉以外のクリームシチューを食べたことがなくって、相方が「クリームシチューは絶対牛肉だ」と言うのを聞いてびっくりした覚えがあります。私が「牛肉はビーフシチューでしょう。勘違いしてるんじゃない?」と言ったら、ものすごい勢いで反論されましたです。それ以来しぶしぶ「牛肉」使ってますが・・・。でもやっぱり牛肉だときれいな真っ白シチューに仕上がらないんですね。味もなんか「?」だし・・・。

ということで、今回Vealと呼ばれる「仔牛肉」を使うことにしてみたんです。生の肉の色も薄いピンクの色できれいなので、これならお互いの妥協点に到達するのではないかと・・・。

結果OKでした。きれいに仕上がりましたし肉もやわらかくておいしい!ただ問題なのが、仔牛肉ってどこのスーパーにでもあるわけでもなく、なんといっても「値段が高い」のでこれが最初で最後になるかもしれません・・・。
[PR]
by cabayarea | 2004-11-29 17:12 | Home Cooking
Sea Urchin Tempura
a0027492_1638387.jpg
今日からThanks Giving Dayで4連休です。

昨夜は、ドラマ「Friends season 8」であのブラッド・ピットがゲストとして出てくるThanks Giving Dayのエピソード「The One With The Rumor」がやってましたが、去年もみた記憶があります。もしかしてこれってThanks Giving Dayにあわせて毎年放送してるんでしょうか・・・。だとしたら来年も見ることになるのかな・・・。 しかも今日は「Seinfeld」の特別編がやってます。ちなみにKramer年取ったなぁ・・・。

外は車の往来も少なくとても静か。スーパーマーケットもお休みのところや15時まで営業だったりとすっかり祝日モード。まるで日本の元日のような感じです。そういえば去年は、そうなるとは全く知らなかったので、食料の買出しにも出遅れ、かといってレストランも開いてないのでひもじい思いをしましたねえ・・・。

なので今年はちゃんとしっかり買い込んでおきましたよ。アラスカの「Favco」から魚介類いろいろを取り寄せしっかり冷凍。ついでに「うに」も注文してみたので、半分をナマで食べて、半分を天ぷらにしてみました。

a0027492_16385065.jpg友人から借りた「nobu THE cookbook」から「Sea Urchin Tempura」のレシピを拝借。生うにのあのとろけるような食感が苦手なアメリカ人を意識して作られた一品だそうです。しかも、うにをのりとしそで巻いて揚げるだけと簡単。ただちょっと火を通しすぎたかも。うにがとろけて出てきません。

揚げるとあのうに独特の味がやわらいで、これはこれでなかなかおいしい!食感もぷちぷちした感じがでます。おつまみにもなかなかいい一品かと思います。
[PR]
by cabayarea | 2004-11-26 16:39 | Home Cooking
Fresh Abalone
a0027492_14265212.jpg
今日は、すごいものを食べてしまいました・・・! あ、あ、あっ、「あわびの活け造り」です!(←すいませんまだ興奮してます)

このあわび、ものすごくおいしいんです! しかもこれBay Area産ですよ! Los Angelsの「MATSUHISA」で食べたあわびなんかはっきりいっておいしくなかった!このあわびと比べものにもなりません。

実はぶっちゃけ、アメリカ産だからきっと「大味」なんだろうなと思ってたのですが・・・

もうですね「うひょー・・・」と分けのわからない奇声を発したまま、黙々と食べてしまいましたよ。しこしことしていてあわびの甘味が口全体にひろがります。歯でむちっと噛み切れるあのむちりとした感触・・・歯茎で味わうといった感じでしょうか? もうですねこれは食べた人にしか絶対わかりません。

実は、私「あわび」って味のないあの固さを味わうためだけのものだと思ってましたが、すみません間違ってました。あわびってやわらかくて味わい深いものなんですね・・・(涙) 今まであわびに払ったお金返して欲しいぐらいです。

大袈裟に感じた方やまだ信じられない方!Bay Area産のあわび本当においしいんです!なんてったって島育ちの九州男児を感動させるぐらいのものですからね。

で、この「あわび」、どうやって手に入れたかというと・・・
[PR]
by cabayarea | 2004-11-17 14:35 | Home Cooking
Magnolia leaves topped with Miso and Kobe-gyu
a0027492_1623499.jpg
3連休だった週末に友人tobigumaさんを呼んで「朴葉味噌焼き」を囲みました。

この「朴葉味噌」、実は友人tobigumaさんが飛騨高山へ旅行へいった際のお土産として頂いたものでして。なかなか関東では見かけないものです。まさか自宅でも気軽にいただけるとは思ってもみなかったのでもらったときはすごく興奮してしまいました。

a0027492_16303158.jpgさっそく、説明書どおりに朴葉をボールに入れ、水に浸して水分を含ませます。そしてコンロの上にプレートを置いてさらにアルミホイルをしきます。そこに味噌を朴葉の上に乗せ、さらに牛肉(すみません野菜類省きました・・・)をのっけて弱火でじっくりと焼いていきます!

ちなみに「朴葉味噌」とは飛騨全般で食べられる名物料理で、朴という木の葉の上で、味噌とネギ、きのこなどを一緒に焼く料理です。あの和風の小さいコンロも、昔からある飛騨独特のものらしいです。

いうまでもなくここアメリカでは「飛騨牛」は手に入れることができませんので、「Kobe-Gyu」で代用。シャンパンをのみながらゆっくり焼けるのを待ちましたよ~。表面に火が通ったかな~というぐらいのところで、そのままあつあつを口の中に放り込みました・・・

ぅほぉっ・・・おいしい(涙

味噌と牛肉が見事にマッチングしてます。日本の伝統食である味噌とアメリカ育ちの神戸牛の素敵な出会いです。この味噌がまた意外とあっさりしていて、さらに牛脂と味噌の焦げた香りがたまりません。今回の牛肉は「Rib eye」と「Short Plate」の部分を使ったので、さすがの私も最後の方はくどくなってしまいました。赤身と半々にすればよかったとちょっと反省。

しかし、最近脂身がダメになってきたなんて・・・年取ったな私・・・。


a0027492_16311237.jpga0027492_16325235.jpg
a0027492_16345593.jpgtobigumaさんお手製のフィンガーフードたち。なんて素敵な!ちなみにこのタルトは近くのスーパーで購入したものなんだとか。こういう風に市販の製品を利用して手軽に作っちゃうなんて素晴らしい。特にブリーチーズにざくろをたっぷりと目の前でかけるパフォーマンス付きは見事! ほんとtobigumaさんはセンスがいいので見習うべきことがたくさんあるのです。
一方私はというと「激辛オリーブの実」を並べて盛り付けるので精一杯という有様。

最後に・・・tobigumaさん本当にありがとう!!!ごちそうさまでした~!
[PR]
by cabayarea | 2004-11-16 16:22 | Home Cooking
Egg Noodle
a0027492_11455295.jpg
今日は久々に気温も高く青空が広がりましたので、洗濯に行って、窓を拭いて、この前買ったばかりの掃除機で掃除して、家具を拭いてと・・・。はい、ものすごく疲れました。「一辺にやろうとするからだよ。普段からさ・・・」とすかさずちょっとムカつくような突っ込みをするやつが1名いましたが、無視して・・・。とにかく何が一番疲れるかって、「掃除機をかける」ことです。もうこっちの掃除機といったら・・・重いし、でかいし、うるさいしの3拍子そろっちゃいます。足ではなく「腕が」もうガクガクです。

a0027492_1147131.jpgそんな今日のお昼ご飯は「ラーメン」でした。日本人のオアシスとも言うべき「Berkeley Bowl Marketplace」にて、生麺(100% Egg Noodle)を手に入れたのです。麺を茹でて、鶏がらスープを注いで、昨晩作っておいた煮豚と煮卵をのっけて、仕上げに青ねぎをちらして出来上がり。


a0027492_11475817.jpgちなみにこの煮豚は「アロハしょうゆ」で作ってみました。この醤油、ちょっと独特の香りがしますね。
しかし・・・この麺、やはり「ラーメン」ではなかったです・・・。見た目はきちんと縮れていて、ラーメンの麺そのものなのに一体何が違うんでしょうー!(怒) 食感なんかはまさしく「そうめん」を食べているような感じでもっちり感などこれっぽっちもなく、スルスルさらさらしているような麺でかなり落胆させてくれる麺です。

あぁ~日本のおいしいしこしこラーメンが食べたいなぁ。あと1ヶ月の辛抱だわ・・・がんばろう。
[PR]
by cabayarea | 2004-11-13 11:48 | Home Cooking
White MATSUTAKE Mushroom
a0027492_1312128.jpg
まつたけごはん

venuscolorさんからのTBです。venuscolorさんの写真の腕もあると思うのですがアメリカ産のまつたけがすごくおいしそうだったので、さっそく私も挑戦してみましたよ。

とりあえず「Monterey Market」にてお買物。店舗も広すぎず素朴な雰囲気で地元の八百屋さんといった感じが落ち着くので、日系人経営のスーパー「Berkeley Bowl」にちょっと疲れたときに気分転換にとMonterey Marketを利用してます。

a0027492_13524538.jpgさっそく買ってきた「まつたけ」を固く絞ったぬれふきんで汚れをきれいにふきとり、手でおおまかに裂いてみました。それから油揚げを切って、昆布とかつおぶしでとった出汁も用意しました。これで$4.63です。日本と比べたら格段に安いですね。

あとは、炊飯器に材料を全部入れて・・・と思ったら、炊飯器が小さすぎたのか、まつたけの量が多すぎたのか炊飯器のふたが閉められず。予想外の出来事にちょっとひるみながらも手でまつたけをぎゅーぎゅーに押し込んで無理やり閉めましたよ。venuscolorさんと同じく乱暴に扱ってしまいました。まつたけさん、すんません。

部屋中がまつたけ臭で充満してます。炊き上がりのサイン音が聞こえふたを開けて中をみると、みっちりぎっしり詰め込まれていたまつたけもしんなりとなってなんとかOKそう。

さっそく食べてみましたが、意外や意外に香りが素晴らしいです。口に入れた瞬間、まつたけの香りがきちんと広がります。エリンギにも負けず劣らずしゃきしゃき感もなかなかです。

アメリカ産のまつたけ侮れません。

Monterey Market
1550 Hopkins Street
Berkeley, CA 94707
[PR]
by cabayarea | 2004-11-07 13:53 | Home Cooking
Mushroom Salad
a0027492_1816344.jpg
今日はすごい懐かしいものをWeb上で発見してしまいました。それは・・・

「うれし荘」と「たのし荘」

これ見た瞬間脱力します。実はこのアパート、私がまだ中学生の頃、ソフトボール部に所属していたのですが他中学との試合のため路線バスを使って移動していたとき毎回見かけていたものでした。(ということは少なくとも15年以上も前からあることになるなあ・・・しみじみ)当時は見るたび「こんな名前の建物が存在できるなんて所詮船橋なんてこんなところさ」などと思ってました。特に試合で負けた帰りには見ただけで意味もなくムカついていた覚えがあります。今思うとかなり生意気なガキですね・・・。

名前のおもしろさに反して実際の建物は普通にりっぱなのですが、私の記憶だと当時ちょっと古めのアパートだったような記憶があるんですよね。建て替えでもしたのでしょうか?たしか「こんな名前のこんな古いアパートに住んでいる人ってきっと"おじゃまんが山田くん"にでてくる浪人生みたいな感じの人なんだろうな~」と勝手に想像していたような記憶があります。

と、本日のお昼に「マッシュルームのサラダ」を作ってみました。香味オイルに生のマッシュルームを漬け込むだけです。オリーブオイルにイタリアンパセリのみじん切りとにんにく、レモン汁をたっぷりいれたものにスライスしたマッシュルームを投入。生のマッシュルームの食感がしゃきしゃきと独特で結構はまるおいしさでした。しばらく漬け込んでおいてやわやわになったマッシュルームでもおいしいかと思います。

Excite Bit コネタ
うれしそう、たのしそう、を探して
[PR]
by cabayarea | 2004-11-05 18:16 | Home Cooking