<   2004年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Cream Stew
a0027492_17115493.jpg
こちらアメリカでも今、織田裕二主演のドラマ「ラストクリスマス」をやっているのですが、これって・・・いったい・・・。特に矢田亜希子・・・見てられない・・・。貴重な日本語TVの時間を無駄にしてくれちゃってます。(きっぱり) でも織田裕二大好きだから見ますけどね。

と話は変わって、お昼ご飯にと食べた「クリームシチュー」です。具は、3色にんじんと、玉ねぎ、芽キャベツにVeal(仔牛肉)です。

a0027492_1713091.jpg3色にんじんとは、スーパーでたまたま見かけて初めて買ってみたものなんですが、オレンジ色の普通のにんじんのほかに、黄色と赤っぽい色のにんじんが1袋になって売ってました。ちなみに味はみんな一緒です。

あとですね、クリームシチューって皆さんお肉は何を使ってらっしゃるのでしょう?私は鶏肉以外のクリームシチューを食べたことがなくって、相方が「クリームシチューは絶対牛肉だ」と言うのを聞いてびっくりした覚えがあります。私が「牛肉はビーフシチューでしょう。勘違いしてるんじゃない?」と言ったら、ものすごい勢いで反論されましたです。それ以来しぶしぶ「牛肉」使ってますが・・・。でもやっぱり牛肉だときれいな真っ白シチューに仕上がらないんですね。味もなんか「?」だし・・・。

ということで、今回Vealと呼ばれる「仔牛肉」を使うことにしてみたんです。生の肉の色も薄いピンクの色できれいなので、これならお互いの妥協点に到達するのではないかと・・・。

結果OKでした。きれいに仕上がりましたし肉もやわらかくておいしい!ただ問題なのが、仔牛肉ってどこのスーパーにでもあるわけでもなく、なんといっても「値段が高い」のでこれが最初で最後になるかもしれません・・・。
[PR]
by cabayarea | 2004-11-29 17:12 | Home Cooking
Sea Urchin Tempura
a0027492_1638387.jpg
今日からThanks Giving Dayで4連休です。

昨夜は、ドラマ「Friends season 8」であのブラッド・ピットがゲストとして出てくるThanks Giving Dayのエピソード「The One With The Rumor」がやってましたが、去年もみた記憶があります。もしかしてこれってThanks Giving Dayにあわせて毎年放送してるんでしょうか・・・。だとしたら来年も見ることになるのかな・・・。 しかも今日は「Seinfeld」の特別編がやってます。ちなみにKramer年取ったなぁ・・・。

外は車の往来も少なくとても静か。スーパーマーケットもお休みのところや15時まで営業だったりとすっかり祝日モード。まるで日本の元日のような感じです。そういえば去年は、そうなるとは全く知らなかったので、食料の買出しにも出遅れ、かといってレストランも開いてないのでひもじい思いをしましたねえ・・・。

なので今年はちゃんとしっかり買い込んでおきましたよ。アラスカの「Favco」から魚介類いろいろを取り寄せしっかり冷凍。ついでに「うに」も注文してみたので、半分をナマで食べて、半分を天ぷらにしてみました。

a0027492_16385065.jpg友人から借りた「nobu THE cookbook」から「Sea Urchin Tempura」のレシピを拝借。生うにのあのとろけるような食感が苦手なアメリカ人を意識して作られた一品だそうです。しかも、うにをのりとしそで巻いて揚げるだけと簡単。ただちょっと火を通しすぎたかも。うにがとろけて出てきません。

揚げるとあのうに独特の味がやわらいで、これはこれでなかなかおいしい!食感もぷちぷちした感じがでます。おつまみにもなかなかいい一品かと思います。
[PR]
by cabayarea | 2004-11-26 16:39 | Home Cooking
Rivoli Restaurant
a0027492_15121613.jpg
実は、近くにあるフレンチビストロ「Bistro Liaison」にあの「ボジョレーヌーボー」が入荷したというので何回か行ったりしてるのですが、満席だったりとかでまだ飲めてません。日本だったらコンビニでさえ置いてあって気軽に飲めるのにな・・・。

ちなみに特においしいとは思ったことはないのですが、なんかこうイベントとしてつい飲みたくなってしまうのですよ。初物好きの日本人の血が騒ぐとでもいった感じでしょうか。

a0027492_1513166.jpgなので他の店へ行ってみるかということになり、Solano Avenueへ。きっとフレンチだろうと勝手に推測して「Rivoli Restaurant」へ。以前からTryしてたけど満席だったりして、ここもまたなかなか行くことができなかったところです。建物の雰囲気が素敵なレストラン。店内に入る前から期待を持たせてくれます。

と、結構混んでいたのですが、近くにあるスーパー「Safeway」で立ち読みでもして時間をつぶすこと20分。

やっとテーブルにつくことができて、メニューを見ると・・・フレンチの香りがまったくしてきません。ワインリストにも「ボ」の字もなく。そこで店員に聞いてみると「Californian and Mediterranean cuisine」との答え・・・。あぅ。

とりあえず気を取り直し、まず「Goat cheese soufflé with jamon de Serrano, fuyu persimmon and celery root」を注文。柿とセロリ、ハモンサラーノという生ハムのサラダの上に、ぽさっとチーズスフレがのっけてあります。組み合わせが変わってておもしろいなと思ってたのですが、味はいたって普通。おいしかったです。

店内はさほど広くなく、どこかのよその家へお呼ばれしたような雰囲気。大きな窓からきれいな庭が見えるからでしょうか?天気がいい日などはその庭でも食事ができるようです。

a0027492_1514182.jpgメインには「Saffron risotto "paella" with Gulf shrimp, Maine crab, chorizo, red pepper, tomato, scallion and lemon」を。パエリアだ!と思ってわくわくしてたら、出てきたのは、パエリア風の「リゾット」。ちょっとがっくししてしまいました。がメニューを見直してみたらちゃんと「リゾット」と書いてありましたね・・・。結構このリゾットはおいしかったです。ただ量が多かったので、私は半分残しました。

店員もなかなかフレンドリーできびきびしているし、今度は天気のいい日に外にあるテラスで食べてみたいのでまた来てみようかなと思ってます。

Rivoli Restaurant
1539 Solano Avenue
Berkeley, CA 94707
[PR]
by cabayarea | 2004-11-26 15:14 | Restaurant & Food
Saigon Express
a0027492_1727562.jpg
今日は学校の「図書館」でちょろっと勉強していたときに、ある意味すごい人に遭遇してしまいました。私が座っていたところから3つ分机を置いた場所に座っていた金髪、キャミソール(+ブラひもみせ)姿の、年は20代半ばぐらいのむちむち女がいきなり携帯で話はじめたのです。

「あーまたかよ・・・」と思って無視してたんですが、そのねーちゃん、ひそひそ声で話すどころか普通の声の大きさより全然でかい声で喋ってます。ほんとにここ図書館なんですよ。彼女の声量は上がる一方で、しゃべっている内容といえば、「元気?」とか「最近~でさー」とかまったく学校に関係のないことのようです。

もうなにがすごいって、携帯の電話帳にある人をかたっぱしから片付けていくかのように電話をかけてまくってるんです。相手が出なかったときはきちんと留守電にも入れてます。私がカウントできただけで少なくとも13人はいましたね。その間、まわりの人は、わざと咳払いをしたり机をたたいたりして注意を促しているのですが、まったく無視です。そのうち「Cut it out!」なんて声も聞こえてきたのですが本人はあわてることもなくフツーに会話してます。普通はそうなったときって「あっごめん!なんかまわりがうるさいから後でかけなおすね~」なんていうのかなーと思ってたら、言わない言わない!

もう私、「これ絶対どっきりカメラだよな~」なんて思ってしまいました。だってあんな図太い神経の持ち主見たことがありません!あーほんとすごかった・・・。ちなみにその後何食わぬ顔して図書館から出て行きましたが・・・。そんな彼女には親友と呼べるひとがいるのでしょうか・・・。いやだなー電話魔って・・・。

と、また前置きが長くなりましたが、そんな事件のあと友人とBerkeleyへ戻り、CalのGymに行って汗を流した後、なんか軽く食べたいねということで「Saigon Express」へ。

a0027492_1730264.jpgせっかく脂肪を燃やしたのに、ここでPhoなんかをどかーんと食べては元の木阿弥!と思いベトナムサンドイッチを注文。予想通りライトな食事となりました。ここのベトナムサンドイッチで使われているパンはもちもち系というよりふんわり・かさかさ系で、野菜も少なくボリュームは控えめ。そうですね3口ぐらいであっという間に食べてしまいましたよ。味付けもそんなに濃くないので、運動後にはぴったりでした。ちょうど店をでるとき、中学生ぐらいの男の子たちがベトナムサンドイッチをテイクアウトしてました。うーん若いのにヘルシーな選択でエラいと誉めてあげたくなりましたです。

BlogをUpしている今、足の筋肉がちょっとあやしい感じです。間違いなく明日は筋肉痛で苦しむこととなるでしょう・・・。

Saigon Express
2045 Shattuck Avenue
Berkeley, CA 94704
[PR]
by cabayarea | 2004-11-24 17:32 | Restaurant & Food
CAFE MUSE
a0027492_1725588.jpg
今日Berkeleyでは世紀のBig Gameが行われました。Cal対StanfordのFootballの試合です。朝からなにやら人通りも多く、にぎやかだなあと思ってたらこういうことだったのですね。いつもはがらがらのパーキングも今日は満車。みなさん興奮しながら丘の中腹にあるMemorial Stadiumに向かって歩いてました。

チケットは既にSold Out。まぁルールもよくわからないので家でおとなしく試合を眺めてました・・・が途中で爆睡。41-6でCalが圧勝したようです。よかったよかった。

と、話はまったく変わりますが、以前このBlogでも紹介した「Raw Food」なんですが、最近Farmer's Marketで見かけないな~と思ってたんですね。友人の話によると、どうやら出店をやめたとのこと。もうどうしても、あの「Raw Vegetable Lasagna」が食べたくてしょうがないのでアポなしで直接工場を訪れてみました。

が、小売りしてませんでした・・・。がーん、がーん・・・。せっかくきたのに・・・。

そんな私の表情を察したのか、帰ろうと車に向かった私をオーナーらしき女性が追いかけてきてくれて「そんなにあのRaw Lasagna」が食べたいんだったら、Berkeley Art Museumの中にあるCafeで食べることができるから行ってみたら?」とのこと。ただレシピを提供しているだけなので味の保証はできないけどとのことでした。

a0027492_17293969.jpgもうこれは行くしかない!と思ってさっそく「Cafe MUSE」へ行ってきましたよ! このCafeがあるBerkeley Art Museumは以前通っていた学校の講義が行われていたところなのでCafeがあるのは前から知っていたのですが、まさかここでRaw Foodを展開しているとは思わずびっくり。Artな雰囲気がびしびしと伝わってきます。

さっそくメニューを眺めると・・・なんと「Raw Sushi」や「Raw Pad Thai」まであります。意外とメニュー数が多いのにびっくり。

迷わず「Raw Vegetable Lasagna」を注文しご対面。盛り付けが派手だな~と思いつつ食べてみると・・・おいしい~(涙) サンドライトマトとナッツのコク、それに生のズッキーニとポルトベーロのおいしいことったら!やはりきのこは生に限りますね!

以前Farmer's Marketで売っていたLasagnaより具の種類も多いのですが、味はかわらずおいしい!ただにんにくが入ってなかったのがすこし残念でした。次回は、「Raw Pad Thai」に挑戦してみるつもりです!

CAFE MUSE
2621 Durant Avenue
Berkeley, CA 94720

More
[PR]
by cabayarea | 2004-11-21 17:33 | Restaurant & Food
Lawrence Hall of Science
a0027492_14403950.jpg最近天気がいい日が続いてます。ただ日が暮れるのがとても早いのがちょっと残念。そんなある日の午後、「Lawrence Hall of Science」のある丘へ登ってみました。


a0027492_14563322.jpgその丘の上にある建物、これが「Lawrence Hall of Science」。中に子供がうじゃうじゃいました。UC Berkeleyの敷地内にある科学博物館で北カルフォルニアに住んでいる子供なら一度は遠足や見学で行く場所らしく物理や化学、天文学の実験などを体験させてくれる所として有名とのこと。


a0027492_14592688.jpgつい自分の家を探してしまいますが(笑・・・家のランドリールームからその博物館の建物が見えてたのですが、丘の上にいろいろとLabがあるというのは聞いていたので、洗濯しながら、「あの建物の中できっと昔、原子爆弾が開発されたところかもしれない。」勝手に想像していたりしてました。なので一般の人は立ち入り禁止だとずーっと思ってたんですね。


a0027492_1458552.jpg「Hulkみたいな実験やってんのかなー・・・((((;゚Д゚)))」と思ってみたり。映画「HULK」の中でもあやしい実験がここUC BerkeleyのLabで行われてた設定になってたのです。


a0027492_14573671.jpgくじらがどどーんと横たわってます。ちょっと不気味に感じる私。実際、行ってみたらなんと素晴らしいところなんだーと少し感動してしまいました。眺めがすごくよくて空気もおいしい。Western Red Cedar(米杉)の香りでしょうか。

森林浴で体中の毒素を抜いて家路につきました。
[PR]
by cabayarea | 2004-11-20 13:14 | Berkeley
Fresh Abalone
a0027492_14265212.jpg
今日は、すごいものを食べてしまいました・・・! あ、あ、あっ、「あわびの活け造り」です!(←すいませんまだ興奮してます)

このあわび、ものすごくおいしいんです! しかもこれBay Area産ですよ! Los Angelsの「MATSUHISA」で食べたあわびなんかはっきりいっておいしくなかった!このあわびと比べものにもなりません。

実はぶっちゃけ、アメリカ産だからきっと「大味」なんだろうなと思ってたのですが・・・

もうですね「うひょー・・・」と分けのわからない奇声を発したまま、黙々と食べてしまいましたよ。しこしことしていてあわびの甘味が口全体にひろがります。歯でむちっと噛み切れるあのむちりとした感触・・・歯茎で味わうといった感じでしょうか? もうですねこれは食べた人にしか絶対わかりません。

実は、私「あわび」って味のないあの固さを味わうためだけのものだと思ってましたが、すみません間違ってました。あわびってやわらかくて味わい深いものなんですね・・・(涙) 今まであわびに払ったお金返して欲しいぐらいです。

大袈裟に感じた方やまだ信じられない方!Bay Area産のあわび本当においしいんです!なんてったって島育ちの九州男児を感動させるぐらいのものですからね。

で、この「あわび」、どうやって手に入れたかというと・・・
[PR]
by cabayarea | 2004-11-17 14:35 | Home Cooking
Magnolia leaves topped with Miso and Kobe-gyu
a0027492_1623499.jpg
3連休だった週末に友人tobigumaさんを呼んで「朴葉味噌焼き」を囲みました。

この「朴葉味噌」、実は友人tobigumaさんが飛騨高山へ旅行へいった際のお土産として頂いたものでして。なかなか関東では見かけないものです。まさか自宅でも気軽にいただけるとは思ってもみなかったのでもらったときはすごく興奮してしまいました。

a0027492_16303158.jpgさっそく、説明書どおりに朴葉をボールに入れ、水に浸して水分を含ませます。そしてコンロの上にプレートを置いてさらにアルミホイルをしきます。そこに味噌を朴葉の上に乗せ、さらに牛肉(すみません野菜類省きました・・・)をのっけて弱火でじっくりと焼いていきます!

ちなみに「朴葉味噌」とは飛騨全般で食べられる名物料理で、朴という木の葉の上で、味噌とネギ、きのこなどを一緒に焼く料理です。あの和風の小さいコンロも、昔からある飛騨独特のものらしいです。

いうまでもなくここアメリカでは「飛騨牛」は手に入れることができませんので、「Kobe-Gyu」で代用。シャンパンをのみながらゆっくり焼けるのを待ちましたよ~。表面に火が通ったかな~というぐらいのところで、そのままあつあつを口の中に放り込みました・・・

ぅほぉっ・・・おいしい(涙

味噌と牛肉が見事にマッチングしてます。日本の伝統食である味噌とアメリカ育ちの神戸牛の素敵な出会いです。この味噌がまた意外とあっさりしていて、さらに牛脂と味噌の焦げた香りがたまりません。今回の牛肉は「Rib eye」と「Short Plate」の部分を使ったので、さすがの私も最後の方はくどくなってしまいました。赤身と半々にすればよかったとちょっと反省。

しかし、最近脂身がダメになってきたなんて・・・年取ったな私・・・。


a0027492_16311237.jpga0027492_16325235.jpg
a0027492_16345593.jpgtobigumaさんお手製のフィンガーフードたち。なんて素敵な!ちなみにこのタルトは近くのスーパーで購入したものなんだとか。こういう風に市販の製品を利用して手軽に作っちゃうなんて素晴らしい。特にブリーチーズにざくろをたっぷりと目の前でかけるパフォーマンス付きは見事! ほんとtobigumaさんはセンスがいいので見習うべきことがたくさんあるのです。
一方私はというと「激辛オリーブの実」を並べて盛り付けるので精一杯という有様。

最後に・・・tobigumaさん本当にありがとう!!!ごちそうさまでした~!
[PR]
by cabayarea | 2004-11-16 16:22 | Home Cooking
Egg Noodle
a0027492_11455295.jpg
今日は久々に気温も高く青空が広がりましたので、洗濯に行って、窓を拭いて、この前買ったばかりの掃除機で掃除して、家具を拭いてと・・・。はい、ものすごく疲れました。「一辺にやろうとするからだよ。普段からさ・・・」とすかさずちょっとムカつくような突っ込みをするやつが1名いましたが、無視して・・・。とにかく何が一番疲れるかって、「掃除機をかける」ことです。もうこっちの掃除機といったら・・・重いし、でかいし、うるさいしの3拍子そろっちゃいます。足ではなく「腕が」もうガクガクです。

a0027492_1147131.jpgそんな今日のお昼ご飯は「ラーメン」でした。日本人のオアシスとも言うべき「Berkeley Bowl Marketplace」にて、生麺(100% Egg Noodle)を手に入れたのです。麺を茹でて、鶏がらスープを注いで、昨晩作っておいた煮豚と煮卵をのっけて、仕上げに青ねぎをちらして出来上がり。


a0027492_11475817.jpgちなみにこの煮豚は「アロハしょうゆ」で作ってみました。この醤油、ちょっと独特の香りがしますね。
しかし・・・この麺、やはり「ラーメン」ではなかったです・・・。見た目はきちんと縮れていて、ラーメンの麺そのものなのに一体何が違うんでしょうー!(怒) 食感なんかはまさしく「そうめん」を食べているような感じでもっちり感などこれっぽっちもなく、スルスルさらさらしているような麺でかなり落胆させてくれる麺です。

あぁ~日本のおいしいしこしこラーメンが食べたいなぁ。あと1ヶ月の辛抱だわ・・・がんばろう。
[PR]
by cabayarea | 2004-11-13 11:48 | Home Cooking
Saigon Sandwich Shop
a0027492_1450505.jpg
今、アメリカで放送されている「トリビアの泉(Hey! Spring of Trivia)」をみているのですが、意訳することなく、そのまま日本語を英語にして放送しているので十分楽しめました。ただ深夜のときにやっていたものを放送するのかと思ってたら、タモリがでていたのでゴールデンに進出したあとのでしたね。それにしても中国のおむつネタにはびっくりしたな・・・もう・・・。

a0027492_1563942.jpg今日はSan Franciscoに用事があったので出かけた帰りに「Saigon Sandwich Shop」でVietnamese sandwiches「Banh mi」をTo Go。ここのサンドイッチ、おいしいとの評判を聞いてさっそく買って食べてみました。初のベトナム風サンドイッチです。店内はこんな感じ。物が溢れているので、目を奪われてしまいぼーっとしていたらおばちゃんに注文するのしないの?と詰め寄られてしまいました・・・。

a0027492_1554496.jpgPork BBQとChickenの2種類を食べたのですが、どちらもびっくり!! 激うまです! フランスパンは、ふわふわもっちりで固くない!何といってもこのフランスパンがおいしい! パンの厚みが絶妙なバランスに仕上がってます。ほどよくタレを吸ったパンもこれまたなかなか。日本人好みです。そして中身の具は、なます風のにんじんの千切りと香菜がたっぷり。それに甘めに味付けされたチキンや薄くスライスされたチャーシューもこれまたたっぷり。肉類はなにか特別な味付けをしているような感じです。それにしても本当においしかった・・・(泣)

しかもサンドイッチがあまり好きでない相方も大絶賛!これでChickenは$2.25, Pork BBQは$2ですから、もう拍手ものです。あの味の秘密はほんと一体なんだろうと考えさせられます。それにしてもうまかった・・・!できたてはホカホカの暖かめなサンドイッチです。

a0027492_1572185.jpgちょっと女一人で行くのは勇気のあるところにあります。相方も一応いたのですが昼間でもちょっぴし怖かったかも。ちなみにこのお店がある地区は「Tenderloin」といって、ちと治安があまりよろしくないところらしいので、なるべくお日様の出ている時間帯に、そして男性の方とご一緒がよろしいかと思われます。

Saigon Sandwich Shop
560 Larkin St
San Francisco, CA 94102
[PR]
by cabayarea | 2004-11-12 14:49 | Restaurant & Food