<   2005年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Fifty two 80 Bistro
a0027492_1818477.jpg
Whistler滞在最後の夕食は、今回滞在したホテル「Four Seasons Resort Whistler」のダイニング「Fifty two 80 Bistro」で。シーフードがメインのレストランでしたが、味もサービスもすごくよかったのです! このホテル全体に言えるんですが、スタッフ全員がとても親切でみなさんホントに笑顔なのですよ~びっくりするぐらいです。みなさん温かくてとってもフレンドリー。

実は、CanadaにはC$1札がなくコインなので、どうやってチップを置いていいのかわからず、コインでは失礼かもと思い部屋には1日C$5のお札を枕元に置いてました。で、それ以外ではアメリカの1$札で何とかしのいでましたが・・・でもでもサービスがかなり良かったのでそれでよしとしましたよ。

a0027492_18243071.jpgで、肝心の料理の方はというと、Seafoodの味は至って普通なんだけれども、それをフォローするかのごとくでてきた5種類のソースが激旨。手作りで丁寧に仕込んである感じです。全部上品な味でフレンチフライにつけて食べたくなるなる。それらのソースをSeadfoodがなくなってもひたすらなめていた何とも行儀の悪い私でした・・・。


a0027492_1828529.jpgステーキなんか和牛並みにやわらかくて、脂肪の甘味があって、なのにあっさりしていてびっくり。Canadaの牛肉って何であんなにおいしいのでしょう・・・。Side dishのポテトグラタンは「staub」のPotに入ってました。おしゃれです。

とにかく、た、食べ過ぎました・・・。
a0027492_1826457.jpga0027492_18272646.jpg








Fifty two 80 Bistro Four Seasons Resort Whistler
4591 Blackcomb Way
Whistler, BC V0N 1B4
Canada
[PR]
by cabayarea | 2005-03-31 18:29 | Whistler 2005
Stroopwafels
a0027492_20291788.jpg
オランダのお菓子
同じCaliforniaにお住まいのIAmYukkoさんからTBいただきました~。

先日「DARE」というカナダ産のクッキーを探すため近所のスーパーをうろうろしているときにたまた見つけたこのDaelmans Banket社の「Caramel Bites」というお菓子。見た目がアイスクリームのワッフルコーンに似ていてパッケージもちょっとおしゃれだしということで「お!おいしそうだな」と久々にアンテナがぴぴっと動いたので迷わずレジへ。

で、家に帰ってきてさっそく空けて食べてみると・・・

は?!なんじゃこれ???・・・しけっているじゃん・・・。

私の頭の中はすっかり「古いクッキーを店頭に並べるな~」というクレームモードに。買ったスーパーへ行き「これなんかおかしいから交換してください」といって新しいものと変えてもらいました。

で、またまた家に帰ってきてそそくさと空けて食べてみると・・・

・・・同じ。何も変わらず。しけっているというより噛み締めるとくちゃくちゃする・・・。

きーっヽ(`Д´)ノ 

$4.99もしたので返品しにいこうかと考えていたとき、なんとIAmYukkoさんのBlogでこのお菓子を発見!!!PCの画面を食い入るようにしてみてみるとなんとこれ「Stroopwafels」というオランダのお菓子でもともとグニャッとしたChewyな食感のものだったのです。私はてっきりカリカリのクッキーせんべいみたいなものだと思っていたのでした・・・。

あぁ。世の中にはいろんなお菓子がまだまだあるのですね。スーパーのおじさんごめんなさい。
[PR]
by cabayarea | 2005-03-26 20:33 | Sweets & Bakery
Lamb Burgers with Blue Cheese
a0027492_12224969.jpg
Spring Break 第一日目はなんと快晴でした。で午前中は溜まっていた洗濯物を片付けBathroomを掃除し、午後は友人と軽くお茶。久々にゆったりとした気持ちになれた1日でした。

ですが、春休みなのに先生たちはどっさりと宿題をくれましたよ・・・(涙) 私はF-1で滞在しているため学校の授業はFull-time(12Unit以上)で取らなければいけなくて、English Class2つの他にMathとNutrition, そしてPhysical EducationとしてYogaのClassを取っています。これが1Classもしくは2Classぐらいだったらどんなにラクかと思うこともしばしば。でも同じ学校の留学生の友人は20Unit!も取ってがんばっていたりするのでなかなか弱音は吐けません。

a0027492_12255688.jpgというわけで、この前「WILLIAMS-SONOMA Cooking Classes」にて習った「Lamb Burgers with Blue Cheese」を家で作ってみることに。

この料理はラム挽き肉の中にブルーチーズを入れて焼いたもので、中に入れるチーズが「Point Reyes Farmstead Blue」とかいう名前のチーズだったのできっと普通のスーパーでは売ってないだろうと思い、近くの「The Cheese Board Collective Bread and Cheese」へ買いに行ってきました。お店のおじさんに名前と欲しい量を告げるだけなのでスーパーで何十種類もあるチーズを探して買うよりも簡単便利。

で、さっそく作って食べてみたのですが、思ったよりもおいしくない・・・。WILLIAMS-SONOMAのClassで食べたときのほうが遥かにおいしかった・・・。うーん、なんでだろ。Classではキッチンエイドのスタンドミキサーを使った挽きたてのお肉を使ったからなのか・・・。

More
[PR]
by cabayarea | 2005-03-26 12:32 | Home Cooking
Tacubaya  
a0027492_16204845.jpg
今日のSports Nutritionの授業は講義の内容がかなり脱線しました。なぜなら先生が「Woman's Finger Found in Wendy's Chili」のNewsについて触れてしまったからです。もうClassmatesは自分のgross-outな体験談を手をあげてしゃべりまくってました。(意外とみんな経験済みなんですね・・・)

Newsの内容はというと今週の水曜日にサンノゼにあるウェンディーズのチリの中に人間の指が混入されていたという事件です。指は既にチリと共にCook済みでしたが腐敗はしておらず、指の断片が2つあったとのこと。指先の1つは渦巻き状になった指紋がしっかりと残っており、もう1つの指先は爪がしっかりと残っていたそうです。

おぇーっ・・・た、たのむよー・・・(涙)

授業中私は気分が悪くなりました。そしてチリを見るたびこのNewsを思い出しちゃうんだろうなあ・・・。

で、話は全然違うのですが4th Streetにある「Tacubaya」にいってメキシコ料理をつまんできました。店内はピンクや赤、黄色といった明るい原色の壁がとっても素敵です。

a0027492_16272912.jpgメキシカンでは外せない「Taco」はここはどれも1つ$3.15。安くて量も少ないのでアメリカで初めてメキシカンに挑戦するヒトなんかにはぴったりのお店かと思います。もちろんレジの前にはメキシカンレストランではおなじみの「Aqua Fresca Del Dia($2.50)」というフレッシュなフルーツジュースの大きな瓶が置いてあります。「Kiwi」だったので迷わず注文。


そしてこの「Chile Relleno($5.95)」も。

それにしてもこの「Chile Relleno」、揚げ物好きの私にはもうたまりませんでした。Poblano chileというピーマンみたいな大きさの唐辛子にマッシュルームやチーズがたくさん詰めてあり、それをバッター液に浸して揚げてあります。そしてトマトソースをたっぷりつけてトルティーヤで包んで食べます。

フライものなんですが、唐辛子のビリッとした辛さと肉類をつかってないせいかぺロッと一気にたいらげてしまいました。なかなかの一品です。

Tacubaya la taqueria de doña tomás
1788 Fourth St
Berkeley, CA 94710
[PR]
by cabayarea | 2005-03-25 16:20 | Restaurant & Food
Trattoria La Siciliana
a0027492_1746275.jpg
毎週日曜日夜9時は、私たちの喧嘩タイムです。「どっちの料理ショー」を見ながらあれ食べたいこれ食べたいとお互い主張してお互いの好みを罵り合います。そして食い意地の張っている私は日本が恋しくなって愚痴る。そんな私にうちの相方がそんなに帰りたいならさっさと荷物まとめて出て行け~と言う。

先週放送していた「超とろけるクリーム&チーズのカルボナーラvs幻のトマトで必勝ミートソース」を見て案の定、私たちは意見がまっぷたつに。で勝利したのはカルボナーラということで私は頭の中がカルボナーラでいっぱいに。というわけで相方がしぶしぶながらも食べに連れて行ってくれました。

Berkeleyで一番おいしいと思っている「Trattoria La Siciliana」へ。

なんといってもここにはアメリカでは滅多にお目にかかれない「Linguine Nero di seppia(イカ墨のパスタ)」があるのです。きちんとからすみのパウダーもふりかけてある本格的な一品。そしていつも猿と犬のようにいがみ合っている私たち二人が唯一共通してお気に入りの一品が「Gamberoni alla Rusticana/車エビのルスティカーナ田舎風($22.00)」です。ぷりぷりのエビにたーっぷりのコクのあるアイオリソースをつけて食べます。エビとマヨって最強のコンビですねほんとに。

いつもなら相方の好みが優先されてしまうので魚介類中心になってしまうんですが、今回は私が主導権を握り肉料理をメインにすることができました~!で、注文したのがこの「Pollo alla Diavola(鶏モモ肉のグリル悪魔風 $13.50)」です。皮がぱりっとしていなかったのがちょっと残念でしたが、あっさりとしておいしかったです。

a0027492_1742511.jpgで、その後待望の「Penne alla Carbonara/カルボナーラ($12.00)」を食べたのですが、相変わらずのボリュームですぐお腹いっぱいに。クリーム系はやはりすぐ胃にずっしりきますね。Pancettaの塩気がほどよくきいていてこれまたおいしい一品でした。

番組の影響のせいなのか、実はこのときのうちの相方「Pancetta」に興味津々でベーコンとどう違うんだだのきちんと脂身は透明なのかだのうるさかった。実は彼もホントはカルボナーラを食べたかったらしい。ただ単に私と意見が一緒なのが気に食わなかった模様。

a0027492_17435956.jpg「Insalata di Frutti di Mare/シシリア風シーフードサラダ($9.00)」はちょっと生臭さが気になりました。

ただ今回は、いつもいるオーナーシェフ(たぶん)がいなかったせいなのか、いつもはすっごいアルデンテなのにパスタがちょっとやわらかかったのが残念でした。


Trattoria La Siciliana
2993 College Avenue
Berkeley, CA 94705
[PR]
by cabayarea | 2005-03-21 17:47 | Restaurant & Food
Thousands Protest Iraq War in SF
a0027492_134549.gif今日は全米のいくつかの主要都市にてイラク戦争に反対する大きなデモ行進が行われました。もちろんSan Franciscoも何千人もの人々がMission districtのDolores Parkに集結。その後イベントではなにかと人々が集結する場所のSan Francisco City Hall(市庁舎)まで戦争反対のプラカードとスローガンを叫んで練り歩きました。

昨夜、うちの相方にこのデモ行進に参加しようと誘われていたのですが、EssayのRevision(といってもほとんど最初から書き直したようなもの)とMidtermの準備で1週間の疲れがかなり溜まっていており案の定私は寝坊。起きたのが15時。とっくにうちの相方は友人とデモに出かけていった後でした。

で、参加した相方曰くかなりエキサイティングでいろいろな話も聞けて有意義な時間を過ごしたとのこと。くーっ私も行けばよかった。Newsやラジオを通してでなく一度でいいからイラク戦争に反対するアメリカ人の生の声を聞いてみたかったかも。

・・・でも朝早いのはやっぱり苦手です。とにかく早く戦争が終わることを望みます。

If you're not active, and if you don't fight, it makes things much worse.
[PR]
by cabayarea | 2005-03-20 18:51 | ( ゚д゚)
Sur La Table Culinary Program -1-
a0027492_9541063.gif
うちの相方が「家でおいしいPhoが食べたい」と呪文のように毎日唱えるので、ちょっと奮起してベトナム料理を習いに行ってきました。Berkeleyの4th Streetにあるキッチンウエア店 「Sur La Table」へ。

Sur La Table社は1972年創業のシアトルを本拠とするチェーン店で現在17州に40店舗を展開しているそう。特にフランス製のものが多く、日本では割と有名な「WILLIAMS-SONOMA」より値段も若干安め、店内はにぎやかでフレンドリーな感じがするので私はSur La Tableのほうが実は好きだったりします。デザイン重視ならWILLIAMS-SONOMAへ、実用性重視ならSur La Tableへといった感じでしょうか。

「Vietnamise Cooking Class」は料理の内容ごとに3回に分けられており、私はシリーズの第2弾「Soups and Salads」に参加することにしました。1class $75でちなみに3回すべて受講すると$15のギフトクーポンがもれなくもらえるそうです。ベトナム料理を教えてくれるのはなぜかタイ人のChat Mingkwan先生。ジャッキーチェンに似ていたので私の心の中ではジャッキーと呼ばさせていただきましたです。

Sur La TableのCulinary Programは「HANDS-ON」といって、実際に料理を作ることが体験できるようになっているのが特徴です。最初にジャッキー先生が一通り説明してくれたあとに二人一組になって、それぞれ分担して4種類のベトナム料理を作るというわけです。先生は一人ですがアシスタントの方々がいるので全然問題なし。わからないところは手伝ってくれます。いろいろな会話を通して英語の勉強にもなりましたですはい。

WILLIAMS-SONOMAのCooking Classはひたすら先生が作っているのを眺めているだけでしたが、今回のは自分たちであれやこれやと相談しながら作ってテーブルを囲んでわいわい言いながら食べるということでは、なかなかエキサイティングで楽しい1日でありました。

Sur La Table
1806 Fourth Street
Berkeley, CA 94710

a0027492_10195912.jpg鶏がらスープはクリアじゃないといけません!と先生は自分でかなり強調していたのに最後は濁ってしまいましたね・・・。6時間煮込んだそうです。


a0027492_10214037.jpgべトナムの隠し調味料3強せいぞろい。


a0027492_10232227.jpgなんときちんとご飯まで用意してくれました。さすが先生がアジア人のことだけあってわかってらっしゃる。



More
[PR]
by cabayarea | 2005-03-18 10:13 | Cooking Class
grasshopper
a0027492_7282279.jpg
私は毎日、車で約40分ほどHigh wayをぶっ飛ばして学校に通っています。最近日本の音楽に飽きてきたので、再びアメリカのラジオ放送を聞き始めたのですが、今日たまたま聞いていた話の内容は「Tokyo」に関することでした。

そのラジオのDJがおもしろおかしくTokyoのことについて熱く語っていたのですが、その中でですねDJが「パチンコ」と言うたびに「パ」の音が抜ける(というかほとんど聞こえない)ので朝からすごく卑猥な気分になってしまいまして。しかも「チ」にアクセントかかってるし・・・。

これ英語のReductionといって音声が連結してしまったり脱落してしまったりするんですが、パチンコのパだけは脱落しないで発音して欲しかったです・・・(涙) あれを朝から連呼される日本人の身にもなってほしい・・・。

話は変わって、以前訪れたSushi Restaurant「mitama」の近くにおしゃれなSake Barがあるので行ってみようよと友人に誘われ「grasshopper」というお店へ。メニューはAsian Tapasが中心で日本でいったら小皿料理居酒屋?みたいな感じでしょうか。

まずはビールで乾杯しいろいろ料理を頼みましたがどれもおいしいものばかり。特に鶏肉の串焼きがおいしくてびっくり。日本酒の種類もこのあたりでは一番多く扱っているのではないかと思うほどのラインナップ。あの青森の「田酒」があるのにはちょっと驚きましたです。この田酒、密かに人気があるみたいでおかわりをお願いしたときにサーブするには残り少なかったらしく、無料サービスしてくれました。

a0027492_729813.jpgこのパパイヤサラダがこれまた辛くておいしい。そして最後に〆で食べたのが鴨の骨付き肉ヌードル。大きな鴨肉がどかーんとスープにぶち込んであり豪快です。味は独特でけっこう辛くてちょっと病みつきになる味。もちろん追加で「フライドポテト」を頼むのも忘れませんでしたよー。ただこのポテト当然塩味かと思ったらなぜか甘くてびっくり。甘いけどマヨネーズをつけて食べると意外とこれまたイケるのでまたまたびっくり。

a0027492_73015.jpg一品一品の量が当然少ないのでどんどんもってこーい状態。私が今までステンレスのBowlしか使ったことがないと以前この友人に話していたのですが、彼女がこのことを覚えていたらしくなんと突然素敵な陶器製のBowlをプレゼントしてくれました(涙) 料理のオーダーも忘れて大喜びしてしまいましたよ。アメリカ人の主婦ってなんであんな重い陶器のBowlを使うのかずーっと疑問に思ってたのですが、ここらでいっちょ使いこなしてみようかと思ってます。

grasshopper
6317 College Avenue
Oakland, CA 94618
[PR]
by cabayarea | 2005-03-15 07:31 | Restaurant & Food
Roast Beef with garlic pesto
a0027492_1010322.jpg
日本で買ってわざわざこちらまで持ってきた「男のイタリアン」(オレンジページブックス)という料理本。さらっと何気なく机の上に置いてみるもうちの相方は興味を示すわけもなくさっさと本棚へと片付けられてしまった・・・(涙) 私の作戦どうやら失敗した模様。一度でいいから男が作ったカレーとかパスタ食べてみたいと思う今日この頃です。

というわけで、「男のイタリアン」に載っているいくつかのレシピから結局「自分」で選んで作ってみました「牛肉のにんにく焼き」でございます。にんにくを茹でで、がしがしとつぶしそこにパン粉とハーブを加えてペースト状にしたものを牛肉に貼り付けてオーブンで焼くだけというシンプルな料理。これぞ「男の料理」といった感じもしますねえ。

食べてみたところ、外側のにんにくペーストがカリっと焼けていて香ばしくなかなかおいしかったのですが肝心の肉が・・・焼きすぎてパサパサになってしまいました。実は私オーブン料理が苦手でして、何よりも温度が華氏なので感覚的によくわからない+スイッチの使い分けもよくわからない+設定時間はどのくらいにしたほうがいいのかもよくわからないと3拍子そろってます・・・。あとキッチン備え付けのオーブン自体が古いせいにもしておきましょう。

当分オーブン料理はしないことに決めましたです・・・
[PR]
by cabayarea | 2005-03-12 10:10 | Home Cooking
Chef's Chinese Food
a0027492_9112262.jpg
天気のよい昼下がり。私は1歳を過ぎたうちの息子とお昼ご飯を食べていた。その息子がプラスチックの飯茶碗をフォークではたきながらいきなり発した初めての言葉。

「うに」

無表情で「うに」という単語をまるでおっさんが寿司屋のカウンターで注文するかのごとくはっきりと発音した彼。私はあまりの突然のことに驚いて「あんた今なんていったの?!」と聞き返すと、息子はまた「うに」と無表情に繰り返すだけ。

私は座っていた椅子から転げ落ちてあわてて携帯を手にとり相方へ電話した。

「あーんたっ!初めてしゃべった言葉がパパでもなくママでもなくウニだったのよ!ありえない!」と私は泣きながら話していたところで

夢から目が覚めた・・・。


というわけで、そんな夢を見たと相方に話しながら向かったのは「Chef's Chinese Food」というチャイニーズレストラン。以前fuxokさんに連れて行ってもらって以来ハマっているところです。そういえばfuxokさんのエントリー「ストライプバス」にはこのお店のことが詳しく書いてありました。なんといっても安くておいしくてボリュームたっぷり、店員さんも親切なところが気に入ってます。

夜も遅かったので、お互い好きなものを1品ずつだけにしようということになり私は「芝麻牛肉($6.95)」を注文。私これがすっごい大好きなのです。たっぷりの衣をつけて揚げたカリカリの牛肉に炒った胡麻と「Spicy szechwan garlic sauce」というトロッとした唐辛子たっぷりの辛~いソースがたっぷりかかっているもの。ちょっぴり甘くて結構辛くてご飯がすすむ一品です。

a0027492_9122966.jpg「麻婆豆腐($6.95)」は日本の味に近くてなかなかおいし~。ちなみにShizzling Tofuという英語名がこれまたおいしそうな響きの「鐵板豆腐($6.95)」はfuxokさんのおすすめなので次回はこれを試してみようかと思ってます。
あと「西湖牛肉羹($5.25)」という香菜たっぷりのスープもすっごいおいしいので食べたかったのですが香菜が苦手な人がいたのであきらめました。あー食べたかったなあ・・・。

Chef's Chinese Food
233 El Cerrito Plaza
El Cerrito, CA 94530
[PR]
by cabayarea | 2005-03-07 09:19 | Restaurant & Food