<   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Kokkari Estiatorio
a0027492_17284725.jpg
喧嘩するとうちの相方は決まってこう言う。
「そんなおまえみたいなやついないよ!そんなのtobigumaさんに聞いてみなっ!」ヽ(`Д´)ノ

と普段親しくさせてもらっている友人、tobigumaさんの名前を出してくる。彼曰く、私の行動が常識からハズレているらしく俺の言っていることが正しいのだと彼女にジャッジしてもらいたいらしい多分(笑)

で、私は「そんなのtobigumaさんは私の方が正しいって言うに決まってるじゃん!ばーか」 ( ´,_ゝ`)プッ と言い返す。

どちらも譲らない性格だと和解は本当に難しい。

大方の私の友人達はうちの相方に対して単なる「友人の旦那」としか見ていない。ので他人行儀というかたわいのない世間話でもするようにちょっぴり距離をおくように接する。でもtobigumaさんはうちの相方に対しても私に対しても全く同じように接してくれる。私はそれまで「旦那は旦那、友達は友達」と付き合いを分けてきたので、その当初すごく新鮮だったのを覚えている。

また、彼女はとてもフレンドリーでやさしいのでうちの相方はすっかりファンになってしまったようだ。1度酔っぱらっておんおんと男泣きしながら自分の話をしていたのを彼女はドン引きもせずすごく真剣に聞いてくれた。(→ドン引きしていたのは各言うこの私。)

そんな彼女が、まだ1度もケーブルカーに乗ったことのない私たち引き連れてSF市内を観光案内してくれました。で夕食に「Kokkari Estiatorio」というギリシャ料理のレストランを予約までしてくれたのです。彼女がこのレストランの近くで飲んでいたときに偶然見つけたのと、 IAmYukkoさんのBlogで紹介されていたのを見て決めたそうです。

で、まずはなんといっても忘れられないのがこの「Marithes Tiganites($6.50)」というSmelts(ししゃも?わかさぎ?)のフライ! これぞまさしく日本の味でビールがぐいぐい進む1品。レモンをぎゅーっと絞って食べるとほんとに旨い! アメリカでこんなおいしい魚久々に食べたような気がしました。


a0027492_17331629.jpg「Kalamari - grilled calamari stuffed with feta, fennel & orange with black olives($8.50)」

ま、またイカあ・・・。ここまできてというかギリシャ料理屋にきてまでイカに執着する相方ってもう凄いよ。降参。


a0027492_17344167.jpg「Arnisia Glossa Souvlaki - grilled lamb tongue skewer with caper & shallot vinaigrette($6.50)」

これ羊のタンなのですが、舌もちゃんとあの羊独特の獣臭さがあるんですね。肉質に弾力もあって、こりゃおいしい。


a0027492_17365164.jpg「Glossa Psiti- whole Petrale sole with lemon, olive oil & braised greens ($28.00)」

平目のグリル。これ1皿すべて相方独り占め。おいおい。いくらあっさりの白身魚とはいえ、完食するのはキツかった模様。醤油があればラクラクいけたらしい。やっぱり日本人だねキミも。


a0027492_17392154.jpg「Thalasina Scharas Yia Dio - seafood grill for two with whole fish, prawns & mussels ($25.00/per person)」

魚1匹まるごと焼きと海老、ムール貝の盛り合わせ。これで生魚だったら、刺身の盛り合わせ状態か。この魚がこれまたあっさり塩焼きで思いっきり日本人のハート鷲づかみ。感動です。

お店の内装、雰囲気ともに素晴らしくもちろん料理もすべて素晴らしくおいしかったです。最後はtobigumaさんにごちそうにまでなってしまいました。本当にどうもありがとう!また連れてってね~(笑)

Kokkari Estiatorio
200 Jackson Street
San Francisco, CA 94111
[PR]
by cabayarea | 2005-06-29 17:29 | Restaurant & Food
Oliveto Cafe & Restaurant
a0027492_1324637.jpg
最近いつもとなりで寝ているヒトの枕が微妙にニオう。これって多分いわゆる「加齢臭」なのだろうと思う。洗濯しても1日経つともう「むうっ」というか「ぷーん」とこうばしい香りがしてくる。

ある日の夜、私はどうしてもその臭いが気になって気になって寝むれないので、そのヒトがビールを飲みすぎてソファで寝てしまったのをいいことにその枕を足で床に蹴り落とし熟睡。


でそれからしばらくして、Berkeleyではおいしくて有名なイタリアンだと皆が絶賛する「Oliveto Cafe & Restaurant」へ。

白ワインで乾杯した後に運ばれてきたのは「Potate gnocchi with Pigeon Livers, pancetta and Sage」。これがまた涙がでるほどおいしいのでびっくり。それまで「えー・・・ニョッキってスイトンみたいなやつでしょ?俺やだよ」と反対していたヒトもにっこにこ。特にこの鳩のレバーに感動したようで「このレバー日本の焼き鳥屋の味がするー!」となんとも微妙な発言をしていました。

メインが運ばれてくる間に、お調子者の私はあの臭い枕のことをおもしろおかしくつっこんでみました。すると本人はいきなり大激怒 ヽ(`Д´)ノ 。あらあらまた私地雷踏んじゃったよ。「加齢臭」というのがどうやらNGワードだったみたいで。

もちろんその後は大喧嘩に発展。これはわたしたちお約束のパターン。喧嘩の根本的な原因っていつもくだらないことやささいなことだったりする・・・。


a0027492_13265259.jpgこの「Charcoal-Grilled tagliata of Niman Ranch Beef Ribeye」も・・・

a0027492_13333950.jpgこの「Roast Hoffman Farm Guinea Hen Stuffed with Porcini Mushrooms」も・・・







味もなんにも覚えてないや・・・(´・ω・`) ショボーン

Oliveto Cafe & Restaurant
5655 College Avenue
Oakland, CA 94618

後日、
[PR]
by cabayarea | 2005-06-24 13:37 | Restaurant & Food
Gary Danko
a0027492_1814155.jpg
このレストランなんでこんなに予約が取りづらいんでしょう。おかげで私の誕生日マルタイのラーメンのみで終わってしまいましたよ。ハイその日は予約が取れませんでした。

ということで再度挑戦するべく、普通のなんでもない平日に行ってきました「Gary Danko」へ。

なんとか席をGetしメニューを開く。あれれ各料理に値段が載ってない・・・(このとき何気に焦る私達)。10分ほどむむむと唸りながら解読してみると、どうやら自分で好きなようにCourseを組み立てられるらしいということがやっと判明。

3Courseで$59, 4Courseで$69, 5Courseで$79と値段はFixされていて、Appetizer, Seafood, Meat, Cheese, Dessertの各セクションから自分の好きなように1品1品チョイスすればOK。おおおーこれはおもしろい・・・けど結構骨の折れる作業。

でなんでも5Courseだと多すぎるだろう(食べられないのではなく選ぶのがしんどい)ということで3Courseで黙々とメニューを組立。バランスよくコースを組み立てるのって難しい。私なんて肉好きだから構成を全部肉系にしてしまうとこだった。なのでSeafoodから「Sauted Striped Bass with Water Chesnuts, Edamame and Radish Salad」を渋々組み入れました。

でもこれがおいしかったのなんのって。Bassって泥臭いというか生臭いイメージがあったのだけどそれを完全に覆しました。


a0027492_18203419.jpg「Foie Gras and Duck Confit Terrine with Pineapple Mint Chutney and Vanilla Brioche」

肉ですコッテリですもちろん私の注文です。


a0027492_18273313.jpg「Lobster Salad with Avocado Mousse, Papaya, Mango and Madras Curry Vinaigrette」

でこれは相方。海老ってコレステロール多いんだぞー。


a0027492_18314216.jpg「Pan Seared Sea Scallops with Sweet Pea Pur, Roaster Leeks and King Trumpet Mushrooms」

でこれも相方。どうやらWhistlerで食べたホタテが忘れられないようでいろんな店で試している模様。


a0027492_1833198.jpg「Herb Crusted Loin of Lamb with Israeli Cous Cous, Yellow Zucchini and Gram Masal」

マイ羊肉。やわらかい。


a0027492_18494271.jpg「Roasted Quail Stuffed with Wild Mushrooms and Foie Gras with Kumquat Cashew Relis」

相方がこのウズラの足のラインをしげしげと眺めてぼそっと。「・・・おまえの足って上半身の割には太いよな。」 は?一体何がいいたいのでしょう。余計なお世話です。



で、このレストラン単に有名なだけじゃなくて味もサービスも素晴らしいんです。ホスピタリティマインドが料理にもサービスにもあらわれていてちょっと感動。

アメリカにもこんな素敵なレストラン、本当にあるんだなあと思った1日でした。

Gary Danko
800 North Point
San Francisco, CA 94133
[PR]
by cabayarea | 2005-06-22 18:11 | Restaurant & Food
Meritage Martini Oyster Bar and Grill
a0027492_16102675.jpg
先月末、Napaからほど近いSonomaにて「Sonoma Jazz + Wine and Song Series」というFestivalが開催され、Tobigumaさんとうちの相方3人で出かけることに。実はうちの相方の友人の弟さんがJazz SingerのJimmer Bolden氏で今回このSonoma Jazzに出演するということがきっかけでした。

前もってWebで一人$50のチケットを購入。そして当日Will-Callにてタグとチケット、そして専用のワイングラスをピックアップし、SonomaのDown Town Plazaにあるレストランやcafeにある各ブースをまわってワインを試飲しまくるというもの。ワイン1杯試飲するたびにタグをCheckしてくれるのですが、たしか15杯分あったのに結局3~4杯しか飲めなかったような気が。

a0027492_16165753.jpgで、昼間からJazzを聞きながら飲んでいたのですが、おいしいところもあれば「げー」みたいな味のワインもありちょっと拍子抜け。

でもSonomaのDown Townには小さなかわいらしい店がちょこちょこあってこじんまりとしておりとってもいい雰囲気。Down Townの真中に公園があり、それをぐるりと囲むようにいろんなお店や小さなHotelが並んでいます。

で、お昼ご飯にと寄ったレストランが、ワインの試飲ブースもあった「Meritage Martini Oyster Bar and Grill」

a0027492_16112948.jpgつまみで「Deep fried calamari and zucchini sticks served with scallion aioli」を注文する相方。やっぱりイカフライははずせないようですね。あんたイカと結婚したほうがよかったんじゃないかい?(・・・と本人には面と向かって言えないのでここでつぶやいてみる私。)

そして思い切って「Jumbo Seafood Platter」をどかーんと注文。3人でワインをがぶがぶ飲みながらDungeness Crabをがしがしとほじくり、Oystersをちゅるり、Jumbo Shrimpをがぶりとやりました。

この日はLobsterが売切れだったらしく、その分の埋め合わせなのかダンジネスクラブの量が多すぎて当分蟹は見たくないと思ったのでした。・・・そういえば「かに道楽」へいったときもそう思ったっけなあ・・・蟹って味が単調なんでしょうかねえ・・・ふーむ。

Meritage Martini Oyster Bar and Grill
165 West Napa Street
Sonoma, CA 95476
[PR]
by cabayarea | 2005-06-21 16:22 | Restaurant & Food
Musical Baton
a0027492_16252595.jpg幼少の頃、東北地方に住んだことのある私にとっては懐かしさ度満開のBlog、でもなんだか北欧のような雰囲気もぷーんと漂わせるセンスのよさがきらりとひかるおなじみ「きたぐにDAYS」のsymzakさんから「Musical Baton(ミュージックバトン)」をいただきました。

ミュージックバトンとは、下の5つの質問に答えた後、他の5人にまわすというのがルールなんだそうで。只今Bloggerの間で流行っているようです。



1. コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
「Sonic Stage」というアプリケーションを使っているのですが(多分ここにファイルが)
これを立ち上げるとPCがフリーズしてしまうので(明らかなメモリ不足)
わかりませんでした。

2. 今ひそかに聞いている曲

Kinki Kids 「Single Medley」
この歳でKinki Kidsを聞いているとは誰にも言えまい・・・_| ̄|○
けどBlogではちょっと思いきって白状してみました。みなさん笑って流してやってください。


ふふふ既に、ある有名Bloggerのお二方がkinki好きを表明しているので
これで私も臆することなくBlog上ではkinki好きと堂々と言えますね。おほほ。

でも実際に私のことを知っている方はこのことは不問にしてくださいお願いします。

3. 最後に買ったCD

Enrique Iglesias 「Escape」
FM 96.5KOITで激しく流れていたのでつい。

4. よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

ORANGE RANGE 「musiQ」
これをかけるとうちの相方がむやみやたらと怒るので。怒りっぷりがおもしろいのですがね。
九州男児には理解できない音楽みたいです。

長渕剛 「順子」
この人の曲をドライブ中に聞いていると絶対警察に捕まるので。
私は踏み切り不停止とスピード違反、乗車人数オーバーで捕まりました。

Ricky Martin 「The Best of Ricky Martin」
American IdleでUC Berkeleyの学生が彼の曲を歌っていたのが耳から離れないので。
ちなみにあたしはどうやらラテン系が好きなようです。

渡辺真知子 「迷い道」
学校の帰りに寄ったカラオケで、当時私一人この曲を知らなくて他のみんなからめたくそにバカにされたのがいまだに忘れられないので。

サザンオールスターズ 「Tsunami」
昔勤めていた会社のお局さま(勤続20年)が「いつもこの曲を聞くと私思わず泣いちゃうのよね~」といってまわりをドン引きさせてたのが忘れられないので。あのーこれ不倫かなんかについての曲なんすか?

5. バトンを渡す5名
お子さんに対しての接し方がすごくクールなところがこれまたわたすのハートをくすぐる「Chicago きっちん」のwindchill姐さんよろしくです。
ちなみに、ご、5名も無理です~(涙)ごかんべんを。
[PR]
by cabayarea | 2005-06-20 16:06 | Books・TV・Movie・Music
OZUMO San Francisco
a0027492_1991986.jpg
ついちょっと前に「ねえ俺の誕生日どうするの~?」とうちの相方に問われ「あーちょっと宿題で忙しい」とそっけなく答えてしまった私。

仕方なく自ら自分の誕生日ディナーの予約の電話をかける相方。レストランに「何か特別な日ですか?」と聞かれ「自分の誕生日です」とキッパリ答えたらちょっとウケたのかと笑われてしまったようで。

何気にイジけていたので、私が「別にいいじゃんね~自分で自分の誕生日ディナーを予約して何が悪いのよね~!」となぐさめたつもりが、オマエが開き直ってどーするボケ!と逆に怒りをかってしまいました・・・。

ごめんよこんな相方で(涙)


で、うちの相方が予約したのはBay Bridgeが見えるEmbarcadero沿いに面した「OZUMO」。Sushi好きな相方にはぴったりのお店ではないかと一応私が「提案だけ」しておいた店。

店に入るとまず、目に飛び込んでくるのが無数の日本酒の瓶!店のインテリアの一部として使われているのですが、なぜかとてもお洒落に見えてしまうのは気のせいでしょうか。(多分ライトアップがGoodなせいかと) ウエイトレスの女の子が酒造会社名の入ったハッピを着ていてこれまたなかなかCute。

注文した料理の中で結構おいしかったのが、この「Abara-Organic black pork spare ribs marinated in a spicy aka miso($20.00)」。ホント黒豚っておいしいですね~特に脂身が。ちなみにアメリカで黒豚って飼育されているんでしょうか?それとも日本から空輸とか? とにかくmiso味のRib最高です。

味もサービスも抜群で、どうやらうちの相方にも満足していただけたみたいです。よかったよかった。

・・・と、表面上ではそう思いつつ、私の心の中では・・・


a0027492_19111720.jpg「Ankimo - monkfish foie($7.00)」

まずはアンキモからですか。やっぱり魚党なのね・・・。

a0027492_191324100.jpg「Sashimi - Tuna Belly(MP/5pieces), yellow tail($13.00/5pieces), squid($10.00/5pieces), scallops($12.00/5pieces)」

刺身好きだよねえほんとあんたは。

a0027492_19172248.jpg「Kaiso Salad - Three varieties of fresh northern Japanese seaweed served with a sanbi-su dressing($12.00)」

サ、サラダまで海モノかい・・・?

a0027492_1915496.jpg「Sushi - sweet plawn($15.00), sea urchin($17.00), amber jack($16.00), long neck clam($17.00)」

おいしいのは分かるけどそんなに顔をくしゃくしゃにして泣きそうな顔しながら食べなくたって・・・料理天国の龍虎さんみたいに上品に食べてほしいわ~。

a0027492_1923459.jpg「Hotate-Sake herb marinated scallops, with a raspberry vinaigrette and ponzu veal jus reduction($17.00)」

ま、また魚あ?! あたしゃ肉党だよ! 勘弁してくれ!




OZUMO
161 Steuart Street
San Francisco, CA 94105
[PR]
by cabayarea | 2005-06-18 19:28 | Restaurant & Food
Pyung Chang Soft Tofu House
a0027492_4204646.jpg
しばらくネットからはぶっちりと離れた生活をしていましたが、やはり情報に飢えてきますね。ということで心機一転またぽつぽつと始めたいと思います(^^ゞ

で、お昼に食べたのが韓国料理の中でもかなりポピュラーな「スンドゥブ(絹ごし豆腐)チゲ」とよばれるもの。韓国料理といったらTelegraph AvenueのOakland方面へということで友人に教えてもらった「Pyung Chang Soft Tofu House」へ。ここのお店は味もさることながら、サービスもなかなかよくて、一人、一般的に年配の韓国女性ではめずらしいとても愛想のいいアジュマがいるのです。私は「Seafood soon tofu($8.99)」が好み。

a0027492_422613.jpgそしてなんといっても韓国料理の醍醐味がこの無料でついてくる「飯饌(パンチャン)」! パンチャンとは韓国語で「おかず」を意味します。おかず!おかず~! 特に初めていくお店なんかはどんなパンチャンが出てくるのか楽しみにしているほど。ここのはどれもおいしいけどキムチの味がちょっと独特かな。

最近なぜかこのスンドゥブチゲにハマってしまいまして、これを食べるとお腹の急降下のごとく、腸内がずざーーっとスッキリします。そして食べた後はどこにも寄らずに速攻家に帰りトイレに直行。どうやら辛いものを食べるとお腹をこわしてしまうようなんですが・・・しかしこれがまたなぜか快感。コーラックはかなりつらいけど、スンドゥブチゲは逆にさわやか。そんな感じでしょうか。・・・自分でもなぜだかよくわかりませんが(^^ゞ


a0027492_4235816.jpgそれにしても石鍋で炊いたご飯っておいしいんですね~。びっくり。で、なんとまたまたびっくり「おこげ」がちゃあんとできるので、あのやさしいアジュマを呼んで・・・

a0027492_425536.jpgきれいにはがしてもらって。よいしょっと! おおお~くるり&つるりときれいにはがれましたよ! そのおこげをくだいて・・・

a0027492_4253491.jpgチゲに投入!

おおおおおお!う、うまいー(涙) 香ばしいー! チゲのスープを吸ったおこげのくにゅくにゅとした食感ともっちりともした歯ごたえ。旨いですこれ。 もしくは、このおこげのできた石鍋にとうもろこし茶を注いでもらったものもなかなかイケますよ!石鍋万歳~!


Pyung Chang Soft Tofu House
4701 Telegraph Avenue
Oakland, CA 94609
[PR]
by cabayarea | 2005-06-17 04:28 | Restaurant & Food
SHABUWAY for OFF-Kai
a0027492_15381114.jpg
ふふふついに実現してしまいましたよ~。

同じBay Area在住のExcite BloggerであるIAmYukkoさんとfuxocさん、そして私の友人tobigumaさんたちと、San Mateoにあるしゃぶしゃぶレストラン「SHABUWAY」にてオフ会をさせていただきましたが・・・


もうですね楽しすぎて笑いすぎて腹がよじれそうになりました。実際に会ってみてはっきり分かったのだけれど皆さん本当に毎日を楽しく生活してらっしゃる感じが伝わってくるのです。それをまた気取ったりせずにネタのように話すからホントおもしろい。

3人が話しているのを聞きながら、私は「もし私たちが四姉妹だったら・・・」と一人ふと想像してニヤニヤしてみたり(笑)

そして最後にfuxocさんからはあの「あわび」、IAmYukkoさんからは「パウンドケーキ」をお土産に頂いてしまいました。どうもありがとうございます(^^ゞ

一方手ぶらでノコノコと来てしまった私。あああ本当にすみません。お恥ずかしい限りです。

最後になりましたが、今日はどうもありがとうございました。次回はぜひ例のラーメン屋にてオフ会をしましょう!

SHABUWAY
145 East 3rd Avenue
San Mateo, CA 94401

More
[PR]
by cabayarea | 2005-06-04 15:41 | Restaurant & Food