<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Elixir Tonics & Teas
a0027492_14564032.jpg
実はコーヒーや紅茶が苦手な私。「食後にちょっとお茶でも」と誘われコーヒーの香りにつられて自分も思わずコーヒーを注文。しかし・・・飲んでしばらくすると、相手の話も上の空で悪寒ともに吐き気が。脇に大量の冷や汗がたらたらと流れ、眩暈で頭がくらくら。コーヒー&紅茶がダメだなんて何だか子供みたいで恥ずかしいのです。

ただここCaliforniaではCafeやレストランのメニューに「Green Tea」をのせているところが多く、私としてはうれしい限り。もちろん「Asian Tea」に特化したお店もいくつかあり、その中でも特にお勧めなのがこの「Elixir Tonics & Teas」。

世界中のハーブ裁培業者や、中国漢方の開業医や専門家、Asia地域の植物薬学研究室における自然科学者、有機化学者、および医師たちなどが協力、Californiaにあるハーブ最新抽出技術をもった設備などを基に1996年に設立されたこのお店。「Tonics」と呼ばれる滋養強壮を目的としたジュースや、伝統的な中国漢方をベースとした「Herbal Apothecary」というハーブや生薬を濃縮したエキスなどを扱っています。

a0027492_16464690.jpgそして店舗がここLAのMelrose通りにあり、昨今のアジアブームの中ヒーリングスポットとして人気があるのだそう。店内では茶器を始めとしたアジア雑貨なども置いてある他、奥に日本式庭園?!がありそこでここのTonic類はもちろんのこと厳選されたオーガニックのお茶をゆっくりと楽しむことができるのです。アメリカ人には「Tonics Bar」が大ウケとかで、特に「Men's Sex tonic(男性用滋養強壮剤)」というドリンクが人気らしいんですが・・・見た目はアイスティーみたいでおしゃれなんですけどね・・・。

a0027492_165159100.jpgさっそく店舗の奥に広がる庭へ。かなりゆったりとしたスペースで席が配置されており、席との間には竹をはじめとした木が植えられていてプライベート感たっぷり。水の流れる音がしてかなりまったりできます。Tonic類もいいけどやはりここは日本茶でホッと一息つきたいもの。ということで今回注文したのは「Gen Mai Chà」。このお店の玄米茶、こうばしい香りは日本の玄米茶と何ら変りはないのですが、飲んだ後に広がる独特の風味は、お土産などで頂く本場中国や台湾の茶葉のような感じ。自宅で飲んでいる玄米茶とは大違い。私の大好きなレストラン「Axe」でもここのお茶を使っているのです。

ちなみにアメリカ人の発音は「げんまいちゃ」ではなく「ジンマィチャ~」だったので、最初いったい何のお茶のことを言っているのか???状態でした(笑)

e・lix・r Tonics & Teas
8612 Melrose Avenue
West Hollywood, CA 90069

More
[PR]
by cabayarea | 2005-11-22 18:11 | Restaurant & Food
Wat Thai of Los Angeles
a0027492_17141930.jpg
Los Angelesには「ないものはない」と思うほど、私の欲求(主に日本食関係だけれど・・・)をほぼ100%満たしてくれる。天ぷらしかり、焼肉しかり、寿司しかり、ラーメンしかり、蕎麦しかり。もちろんここはCalifornia、そこかしこには安くておいしいメキシカンフードのお店が。一方Korean Townに行けば辛くておいしい韓国料理が、Little Saigonへ行けばあっさりおいしいPhoがという具合に。

そしてThai townにはたくさんのタイ料理レストランがあり、それなりにおいしいものにありつけることができるのだが、私は以前住んでいたBerkeleyのWat Mongkolratanaramで毎週日曜日に開催されるタイ料理の出店がどうしても恋しくてしょうがなく・・・。そりゃあおいしいレストランの味には到底かなわないけど、お寺の境内で食べるPat Thaiはやはり格別の味。

Berkeleyにあってこちらにないわけがないだろうと信じて疑わなかったおかげで、ついにここLAにThai templeを発見。さっそく「タイ版おふくろの味」を求めて行ってきました。


a0027492_1715015.jpgSan Fernando Valleyを過ぎI-405を北上したNorth Hollywoodというところにある「Wat Thai of Los Angeles」。1970年代にアメリカで最初に建立されたタイのお寺。ものすごく大きくて立派。Berkeleyのお寺とは大違いでびっくり。とにかくまず最初にやるべきことは「Token」と呼ばれる通貨を現金と交換すること。このTokenを使ってそれぞれの出店で食べ物を買います。


a0027492_17155371.jpgまずは、「Thai Boat Noodle($3.00)」を。Thai Noodleの出店は2つ。お馴染みThai Noodle、独特の香りと風味でPhoとはちょっと違うのです。麺もそうめんみたいに細くて私好み。このThai templeの出店は全体的に量が少ないので、いろんな出店の食べ物を楽しむことができます。


a0027492_17161541.jpg「Pat Thai($3.00)」。これはちょっと冷めていて残念。味のほうも・・・むむむな感じ。というわけで、追加で串焼きチキン($1.00)を買って食べました。鶏肉のほかにグリルしたスパム風な串や、まあるい団子形のかまぼこ?みたいな串焼きがあったりとバリエーションが豊富。




そしてなんといっても極めつけは「Sweet Sticky Rice with Mango($3.00)」。Thai templeの食事ではやはりこれはかかせませんね。甘いもち米に完熟しきったマンゴーまるごと1つをその場で皮をむき、食べやすいよう切り分けて添えてくれます。しかも種のまわりの肉も無駄にしないようにとその部分も捨てずにきちんとつけてくれます。BerkeleyのMango Sticky Riceより、マンゴーが多く太っ腹。モチモチのもち米にジューシーなマンゴー。素朴でさながら家庭のおやつといったところだけど、本当においしいのです。


a0027492_17172255.jpgお寺の境内にタイ料理の出店がずらっと並び、その横にはチープな木のテーブルと椅子がたくさん並べてあり、そこにはカップルや家族連れが楽しそうにおしゃべりしながら食べています。もちろん食べ物はタイ人のおばちゃんがその場でせっせと手作り。いかにも「おふくろの味」な風。そんな中、タイ語のお経があたりを流れ、お線香の香りもかすかに漂よう独特の雰囲気。

これだからThai templeはやめられないのです~。

ちなみに女性は、あの黄色の衣装をまとう僧侶には一切触れてはいけないのだそう。衣にさえ触れることは許されないのだとか。ちょっとしたはずみとかでぶつかってしまったらどうなるんだろうか・・・。

Wat Thai of Los Angeles
8225 Coldwater Canyon Avenue
North Hollywood, CA 91605
[PR]
by cabayarea | 2005-11-20 17:19 | Food Festival
King's Hawaiian Bread
a0027492_1933527.jpg
Bay Areaの代表的なBakeryといえば言わずもがな「Acme Bread Company」。かのChez PanisseのHouse Breadなのはもちろんのこと、地元Berkeleyではたいていどこのスーパーにも必ず置いてあるほど。

ただこちらLAに引っ越してきて以来1度も見かけたことはなく・・・。さらにLAでは評判の有名Bakeryというのがさっぱりどこなのか今だよく分かっていない状態。


a0027492_1992282.jpgそんな中近所のスーパーをはじめ、いろんなところでよく見かけるのがこの「King's Hawaiian Bread」のふかふかパン。実はこのKing's Hawaiian、工場がTorranceにあり、日系スーパーへ買物に行くときには必ず通るI-405の出入口の目の前にもKing's Hawaiianの看板が掲げられた倉庫らしき建物が。

しかしこのBakeryの発祥の地は名前の通りHawaiiで、日系人であるRobert Taira氏が1950年にHawaiiのHiroにお店を開店したのが始まり。その後評判が広まりメインランドからの注文が増えたのをきっかけに、1977年にCaliforniaのTorranceへ進出したのだそう。


a0027492_1994650.jpgこのKing's Hawaiianの「The original Hawaiian Sweet Roll ($0.80/4pk)」はそのまま食べてもほんのりと甘味があっておいしいのですが、これをちょっと焦げ目がつくまでこんがりと焼いて食べたほうがさらにさらにふんわり感が増しておいしいのです。なんだか小さい頃によく食べていたヤマザキの「ダブルソフト」を彷彿とさせるのです。そしてバター&はちみつをたっぷりと惜しげなくのせればもう完璧。それにプラス黒ごまきな粉で香ばしさを。昔給食で食べたきなこがまぶしてあった揚げパンみたいでこれまた懐かしさ倍増。

噛み締めるような味わい深いどっしりとしたパンはこちらでは主流でそれもそれでいいのだけれど、「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもの。私は白いふかふかのパンがやっぱり好きみたいです。


a0027492_19194542.jpgTorranceにある日系スーパーで買い物をしたあとはそのまま家に帰らずに、たいていこのKing's Hawaiian Bread直営の「The Local Place Bakery & Cafe」に立ち寄り、薄~いコーヒー(笑)とBanana Supreme($2.25)を。シュー生地の上に生クリームとバナナがのっている何とも素朴なお菓子。ここではHawaii版カラフルなかき氷「Shave Ice」も楽しめる南国気分がいやでも盛り上がる楽しいCafeでした。

The Local Place Bakery & Cafe
18605 S. Western Avenue
Torrance, CA 90248
[PR]
by cabayarea | 2005-11-18 19:26 | Sweets & Bakery
Jin Patisserie
a0027492_2125863.jpg
Axeにてサラダをわさわさ食べた後にはお目当てのスイーツショップ「Jin Patisserie」へ。

実はまだこのお店の存在を知らないときに、たまたま店の前をぶらぶらと通ったことがあったのですが、独特の雰囲気で思わず立ち止まった記憶が。Cafeにしては微妙にお洒落な雰囲気。高い塀に囲まれた小さな庭先でみんな優雅にお茶をしている・・・そしてその庭の先には小さなかわいらしい家がこじんまりと(実はそれが店舗だった)。

そして最近、その正体が実はスイーツショップだったと雑誌で知ったばかり。その雑誌では両開き1面に取り上げられるほどLAでは有名なお店のよう。さらに偶然にもうちの相方の知人が絶賛していたほどのお店だったらしい。

その雑誌&HPによるとPatissier兼OwnerのKristy ChooさんはSingapore人の、元は全日空のスチュワーデスという経歴の持ち主のお方。写真を見てみるととてもかわいらしい方なのです。

そんなKristy Chooさんの雰囲気がつまった店内は天井が低く小さくこじんまりとしていてとにかく「Cute!」の一言に尽きます。壁からぽこっと飛び出したような変った作りのショーケースにはこれまた小さなかわいらしいケーキがずらり!

まずは雑誌にも取り上げられていた「Green Tea($5.25)」を。これがかなり抹茶の風味が濃くてちょっぴりほろ苦く、甘さ抑え目で1番おいしかったケーキ。しかも抹茶ムースの中にはRed bean pasteが!アンコですよ餡子!これはうれしい驚き。テラスではかなりな種類のお茶を楽しめるだけあって、お茶関係には力を入れているのかも。

a0027492_20363372.jpgそしてお次は「Cookies and Cream($5.25)」。Jivara Lactee Chocolateという天然バニラとモルトの風味が特徴のフランスでは有名なミルクチョコレートを使用しており、ここにも材料に対するこだわりが。そのチョコレートムースの中にはザクザクとした食感のお馴染みOreo Cookiesとサクサクとした食感のFeuilletineというパイが入っていてコントラストがおもしろいです。



a0027492_20451378.jpgお次もチョコレートのケーキ「Abbot($5.25)」。このお店があるAbbot Kinney通りからとった名前。Dark chocolate mousseの中にはCaramel Bananaがたっぷり。ケーキの底にはHoney walnut spongeで香ばしく。このお店はチョコレートがとにかく美味。



a0027492_20523554.jpg最後は「Light Cheesecake($5.25)」で。Sablee(サブレ)を使ったBaseにVanilla light cheeseのムース。そのムースの中にはSour cherryが。これは残念なことに「激甘」で半分以上残すはめに・・・。







ここの焼き菓子もこれまた小さくてかわいらしくギフト用にはぴったり(あげるのがもったいないぐらい笑)。特に「Ye Yek's」というSingaporeでは伝統的なShortbreadのお菓子がお勧め。形はまんまるで粉砂糖がかかっており口の中でサクリと溶けるような食感。

しばらく通いつめてしまいそうな予感です・・・。(ちなみにケーキ全部私1人で食べちゃいました~)

Jin Patisserie
1202 Abbot kinney Blvd.
Venice, CA 90291
[PR]
by cabayarea | 2005-11-16 21:15 | Sweets & Bakery
Basic Bowl
a0027492_1836376.jpg
最近、運動不足解消のため近所のジムに通い始めました。ジムにはシャワーとジャグジーの設備があり、ひとっ走りしたあとにかいた汗を流す為にシャワーを浴びるのですが、何故かここでしょっちゅう「シャンプーをもっているか?」と聞かれるのです。本を読みながらジャグジーにゆったりと浸かっているときにでさえも「ねえねえそこのあなた、シャンプーか何か持っていない?」と聞かれる始末。

私の場合いつも持ち歩いていないというわけで「持ってない」と答えると、さらにここで食い下がってくる人とこない人に分かれるのですよ。ひえー。

しかも食い下がってくる人は「シャンプーだよ~シャンプー。頭を洗うあのシャンプーよお。」と本当に持っていないのか確かめるかのように念を押して言ってくるので私はちょっとうんざり気味に「・・・分かってるよ。シャンプーでしょ。今は持ってないの。」と答えると、あちらはいかにも残念そうな表情をするのです・・・。

あまりにも「まったくの赤の他人」に気軽に何でもホイホイ聞いてくるアメリカ人にちょっと驚いて、そのことを友人に話すと、普段からよく見知らぬ人に「たばこ持ってない?」とか「そのたばこ1本頂戴」とかいきなり聞かれることが多いのよとのこと。そういえばこの前こちらに遊びに来てくれた友人も聞かれたよ~と言っていたような記憶が。日本人は腕時計をしている確率が高いので「時間」を聞かれることが多いと聞いたことはあったけど・・・たばこにはびっくり。

そうそう、もうひとつ。近所のスーパーでレジに並んでいるときに「あなた携帯持っているなら貸して」と聞いてきたおばちゃんもいたっけ。買い忘れているものがないか自宅にいる夫に訪ねたいとのこと。一瞬 ( ゚Д゚) ハ? という感じでした。

ちなみに日本ではしょっちゅう近所のスーパー銭湯に通っていたのですが、そこでは1度もこのようなことを聞かれたことがありませんねえ・・・。逆に自分が洗顔料を忘れてしまい、となりのおばさんにちょっと貸してもらおうと思ったこともあったけど「もしかしたら失礼か・・・」と思い結局お願いすることはしませんでした。

フレンドリーすぎるアメリカ人にいまだ慣れない私です。


話はかわって、ジムで汗を流したあとはさっぱりあっさりさわやかなものが食べたくなるので、そのまま「Axe」へ直行。

今回注文したのは「Basic Bowl($12.00)」。Bean Sprout, Carrot, Cucumber+Onion, Radicchio, Peanuts, Basil+mintのたくさんの種類の野菜たち。運動後にはすみやかなたんぱく質補給が必須、なので追加のChicken($5.00)も。でかいどんぶりにドサーッと豪快に盛ってあるこのサラダ、もう最高です。野菜はOrganicのものを使用しているそうで新鮮でみずみずしい。Sesame Lime Dressingでいただきます。

ここのサラダを食べていると、自分で作るサラダが何でああもおいしくないのか不思議でたまらなくなるのでした。
[PR]
by cabayarea | 2005-11-08 19:12 | Restaurant & Food
Bahlsen
a0027492_15215761.jpg
例のムール貝以来、私の頭の中は「Belgium(ベルギー)」でいっぱい。ベルギーへ何としてでも行ってみたいとその思いは日々強くなるばかり。

そんな状態なので、スーパーでふらふらと商品を眺めながら歩いていても「Belgian」という文字が飛び込んでくると思わず手にとってしげしげと眺めてしまうほど。

そんな中、特に私の目を引いたのが、1889年創業ドイツの超老舗ビスケットメーカー「Bahlsen」社の商品たち。すべて合成着色料や人工甘味料は一切使用していないというもの魅力。日本でもカネボウフーズが総輸入代理店として扱っているので、皆さんも1度は見かけたことがあるはず。

a0027492_2130477.jpg今回私が買ったのは「Hannover Waffeln($2.19)」と「Nuss-Dessert($2.39)」。Hannover WaffelnはパッケージにBelgian waffleと書いてあったので迷わずかごの中へ。Nuss-Dessertはヘーゼルナッツを使ったビスケットなのだけれど、見た目がこれまたBelgian waffleのような模様がおいしそうだったので。


a0027492_2133447.jpg本日のおやつとして、さっそくお茶と共に。お気に入りの「Krispy Kreme Doughnuts」のマグカップで。これは「Child's Suprise Mug」という、飲み終えるとマグカップの底にドーナッツがでてきてサプライズ!というちょっとかわいい仕掛けがあるもの。




肝心のビスケット&ワッフルはというと、どちらも甘さ控えめで素朴なおいしさ!これは日本人にもうける味だなあと。Hannover Waffelnはワッフルというよりもウエハースに近い感じ。さくさく&ふわふわ。そしてNuss-Dessertはヘーゼルナッツ風味がとても香ばしくて食感もザクリとした感じでおいしい。アメリカのメーカーのいわゆる「クッキー」には、たまに「うええ・・・(涙)」というのがあって、しょっぱいんだか甘いんだか微妙な味のものが悲しいことに存在するのです。特に私はクッキーやケーキに塩味を少しでも感じてしまうともうその時点でOut。

やっぱり焼き菓子系はフランス・ドイツ・イギリス製が安心&おいしいですね。
[PR]
by cabayarea | 2005-11-06 21:35 | Sweets & Bakery
Scott's
a0027492_17522488.jpg
LAの南東、車で約1時間ほど、Disneyland付近からなら20~30分で行ける高級ショッピングモール「South Coast Plaza」。LAエリアの中でも最大級かつこちらのモールとしては珍しくヨーロッパの高級ブランドも入っていて眺めて歩くだけでも楽しいのです。200のShopに8つものデパートがあり、私はここに行くときはダイエットシューズ持参で挑みます。買物も終えて帰る頃にはふくらはぎには立派な筋肉が(笑)

そしてここでのお昼ご飯といえば「Lawry's Carvery」。あの高級プライムリブレストラン「Lawry's the Prime Rib」のカジュアルなサンドイッチショップ。お馴染みあのPrime Ribを使ったサンドイッチがなかなかなのです。

ですが、「お米の国の子供だもの」と自負するうちの相方は大のパン嫌い。魚が食べたいよねえとしつこく呟くので、たまには気分をかえて行ってみたのがこのレストラン「Scott's」。

店内はとても広く、どこか海辺の高級レストランといった雰囲気。客層の年齢も結構高く「やっぱりアメリカでも歳をとると肉より魚なのだねえ」と2人でぼそぼそと会話。

さっそく私が注文したのは「Baked Chilean Seabass Sake Kasuzuke($29.00)」。値段もかなり高めなのだけど、量がかなりあります。もちろん肝心のChilean Seabassは酒粕の風味がきっちりきいていて無茶苦茶美味しい!!! さらにChilean Seabassの下には酢飯がひいてあって何だか「どんぶりご飯」感覚。この酢飯が砂糖&お酢たっぷりで、アメリカ人が酢飯を作るとこうなるのかと思わせる味。Chilean Seabassの自体の量がかなり多かったので、残り半分は醤油をもらって食べました。

ちなみにうちの相方は写真後方にちらっと見える「Seared Ahi with Soy Wasabi Glaze($27.00)」を注文。このAhiがまるで肉の塊のようなステーキ!魚なのに肉々しい食べ応えがあってニコニコと大満足な相方。

このレストラン、夜はTheaterの開演前にさっと食べれるOverture Menusというメニューがあったり、そのTheaterが終わった後でもちょっとしたご飯が食べれるよう営業時間を延長してOpenしているということで、サービスのほうもなかなかGoodなようです。

Scott's South Coast Plaza
3300 Bristol Street
Costa Mesa, CA 92626
[PR]
by cabayarea | 2005-11-04 17:53 | Restaurant & Food
BRUSSELS BISTRO
a0027492_13114799.jpg
Los Angelesの南Orange Countyの海辺に位置するリゾート地Laguna Beach。街の中心の通りにはギャラリーがちらほら。たくさんのアートがあふれている何とも素敵な街。

そんなLaguna Beachの街中をぶらぶら歩いた後、ベルギー料理のレストラン「BRUSSELS BISTRO」へ足を運んでみました。


a0027492_16392352.jpgレストランというよりビストロに近い感じでとてもカジュアル。バーカウンターでは何種類ものベルギー産ビールを楽しむことができるみたい。

何はともあれベルギービールで乾杯。ビール命な相方が選んだのは「Stella-Artois(ステラアルトワ)」というベルギー国内で売上No.1のラガービール。ベルギーだけでなく全世界で飲まれているそうで、本当にこれはおいしい!日本人の味覚にもぴったりのビール。

私はもちろん「Chimay white(シメイホワイト)」。現在もトラピスト修道院内で作られているビールだそう。以前住んでいたBerkeleyにはドラフトのChimayが置いてある「Beckett's Irish Pub and Restaurant」がDown Townにありよく飲みにいっていたのですが、こちらLAにきてからはすっかりご無沙汰。いつも瓶入りのChimayで我慢していただけに、久々の生Chimayの味は格別。


a0027492_16384648.jpgまずはビールのお供に「Croquettes "maison" au fromage($10.00)」というSavory cheeseのコロッケを。本場ベルギーでも人気の1品だそう。サクサクの衣の中にあつあつチーズがとろり。しかしチーズの風味は弱くベシャメルソースのコロッケみたいであっさりしていておいしいです。

そしてお待ちかねのムール貝「Casserole de moules marinières, à l'ail, au curry… votre choix($21.00)」が登場!バケツのような大きさのポットがドドーンとテーブルの上に置かれます。とにかくデカイ!この調理方法はカレー風味か白ワイン風味か選ぶことができますが、わさわさとたくさん食べたいので、あっさり白ワインでお願いしました。

ムール貝の貝殻をトングのように手にもって、それでつまんでどんどん食べていきます。そして合間にはビールを流し込むともう天国。ムール貝のとなりにはどっさりのベルギーフライが!イモと貝とビール、これはもう私にとって最強の組み合わせ・・・。

あああ、ますますベルギーに行ってみたくなりました・・・。

BRUSSELS BISTRO
222 Forest Avenue
Laguna Beach, CA 92651
[PR]
by cabayarea | 2005-11-02 16:52 | Restaurant & Food