<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Mao's Kitchen
a0027492_17222189.jpg
「おいしい中華料理が食べたい!」と思ったら迷わず隣町のOaklandへ。

San Franciscoの対岸に位置するこのOaklandの中心地にもチャイナタウンがありまして以前Berkeleyに住んでいたときはよくお世話になりました。または、Bartに乗ってベイブリッジを渡りちょっぴり観光気分で北米一を誇るSan franciscoのチャイナタウンへも。

もちろんここLos Angelesにもチャイナタウンがあるのですが、こちらで「おいしい中華料理が食べたい!」と思ったら、そこからさらに車を走らせなくてはいけません。

そのダウンタウンにあるチャイナタウンから10kmほど東にいったところにある第2のチャイナタウン「Monterey Park」がそれ。人口約6万人のうち中華系が60%を占めていて、「Little Taipei (リトル台北)」、はたまた「「The Chinese Beverly Hills」とも呼ばれているんだそう。

ちなみにMonterey Parkに隣接するAlhambraやSan Gabrielも人口の半数近くが中華系でこの地域一帯を「新興チャイナタウン」と呼んだりする人も。


a0027492_19195277.jpgただ、うちからこの「Monterey Park」への道程は激しい渋滞のせいで厳しくもありついつい足も遠のきがちに。そんな折、相方の友人に連れていってもらったのがベニスビーチにあるチャイニーズレストラン「Mao's Kitchen」。家からも近いし、週末はAM3時まで営業。

そしてなによりもここは「B.Y.O.B.」なのが最高。注文する料理をあれこれ想像しながらワインを選ぶのもなかなか楽しいです。お店では「ワインを持ってきたんだけど」と尋ねると、オープナーと一緒に「湯のみ」が出てきます。お酒って飲む器やグラスで気分が変わるからおもしろいですね。「料理をつまみながら日本酒でちびちび」気分でしたよこれは。楽しいです。ワイングラスよりもむしろしっくりきます私の場合。

a0027492_19432841.jpg「Long-life beans($8.00)」
Black bean sauce(豆鼓)っていうのがこれまたクセになる味なんですよねえ。いんげんといえば「ごま和え」だけど豆鼓で炒めたのもなかなかおいしいですね。

そしてなんといってもここの大大大ヒットメニューが「Sichuan eggplant($9.00)」。にんにくたっぷりの甘辛いソースと茄子の炒め物。ご飯にのっけて食べると「うまー」です。野菜の中で1番好きなのは?と聞かれたら迷わず答えるのはたぶん「茄子」。特に油を吸ったてろんてろんの茄子が大好き。

そういえば。子供の頃の朝食のおかずといえば、なすをかなり薄~くスライスしたのをたっぷりのバターで焼いたものが、週に1度は必ず登場するほどうちの実家の定番メニューでした。さらにしかも家族そろって、あつあつの炊きたてご飯にもバターをのっけて食べていたという、朝っぱらからかなり高カロリーな食事をしていました。

とにかく、そのなすにもご飯にもそれぞれ醤油をたらりとかけて食べるのがもう本当に好きで好きでたまりませんでした。「バターと醤油」って史上最強のコンビだと思わずにはいられません。a0027492_20225682.jpg

そんな子供の頃を思い出して、相方にもと作ってあげたら

「ごめん。なす嫌いなんだよね。」ときたもんだ(怒)。

それから5年経ちましたが、それ以来この「なすのバター焼き」が我が家の食卓に登場することはなくなりましたです。はい。


a0027492_1933646.jpg「Beijing Spring roll(one for $1.00)」
春巻きは絶対注文してしまう料理のひとつ。ここのは具が野菜のみでキャベツがほとんどを占めています。風味もちょっと独特。

茄子料理が食卓から消えつつあるといいつつも、以前はこんな感じで簡単に作って食べていたんですが、やっぱりあの使用する油の量&茄子が吸収する油の量がケッコウ半端じゃなくて・・・怖い。というわけで今は茄子料理が食べたくなったら思い切ってこのお店に直行してます。(・・・それともやはり現実から目を背けてはいけないのでしょうか)

a0027492_1936142.jpg「Peasants' onion pancake ($5.00)」
漫画「美味しんぼ」で「葱油餅」のエピソードを読んで以来ぜひとも1度食べてみたかった一品。この店で偶然にも巡り会うことができました。「美味しんぼ」の中では山岡さんが作った葱油餅を栗田さんをはじめとする皆さんが美味しそうにがつがつ食べているんですが。・・・この店のは・・・???です。


a0027492_19383845.jpg「Weiweur Lamb($16.00)」
ラム肉がベースの野菜炒め。野菜にはパプリカの他に長芋が入っていました。なんとも不思議な組み合わせです。一口食べて中華からは程遠すぎる味付けにびっくり。思いっきりメキシカン風味です。もちろんメキシカンレストランで食べれば何の違和感も感じなかったと思うのですがさすがにこれには参りました。
ただこの1品は人気があるのか、そこかしこのテーブルでも注文されみなさん美味しそうに頬張っていました。アメリカ人はあの風味がホント好きなのだなあ・・・。


a0027492_1930247.jpgちょっとハズレもありましたがここの茄子炒めは本当に美味しかった!が、やはりOaklandにある「Pho 84」の「茄子と豆腐のプラムソース炒め」がNo.1でしょう。そして何よりもこの料理を教えてくださったfuxokさんに感謝しなければ。

Mao's Kitchen
1512 Pacific Avenue
Venice, CA 90291
[PR]
by cabayarea | 2006-06-27 20:36 | Restaurant & Food
Uncle Bill's Pancake House
a0027492_13141984.jpg
最近2人で朝ご飯を食べに出かけるのがちょっとした楽しみだったりします。

早朝6時の開店と同時に向かったのがマンハッタンビーチにある「Uncle Bill's Pancake House」。週末ともなれば店の外にまで行列ができる地元でも人気のお店。

a0027492_13241020.jpg私はだいたいいつもワッフル、相方はオムレツを注文。料理がくるまで、外で買った新聞を広げたり、家から持ってきた雑誌を眺めたりとめいめい好き勝手やってたりします。

ふと、うちの相方にある雑誌の表紙を見せながら「この3人の中で誰が1番好み?」とたずねてみました。

この3人とは、女性ファッション誌「CanCam」の今号(7月号)に3人そろって表紙になっている今話題のエビちゃんこと「蛯原友里」と、F1のキャスターまでやってる「山田優」、それに「押切もえ」のこと。

10秒ぐらい無言で表紙を見つめて言った言葉が、「・・・この3人ってもちろん違う人たちだよねえ・・・???」

( ゚Д゚) ハァ?

どうやら相方には全員同じ顔に見えるみたいです。な、なんでだろう。。。


a0027492_1325308.jpg相方の発言に( ゚д゚) ポカーンとしている間に注文した料理が運ばれてきました。

これは私が注文した「Strawberry Waffle($6.00)」。卓上にあるシロップをこれでもかというぐらいかけていただきます。

ここのワッフルは薄めでどちらかというとCrispyな食感。フワフワワッフルよりもカリカリワッフルが好みな私にはうれしい限り。イチゴは「今日1日のビタミンC摂取量を満たしたな~」と思わせるほどどっさりとのっかっています。


a0027492_13304514.jpgそして相方お気に入りのオムレツ「EXPO '73($8.75)」。名前の由来が?なんですが、このオムレツが旨いのなんのって。何が旨いのかというと、この上にかかったミートソースが最高なのです。

あのモスバーガーのミートソースの味に似ているというかそれに迫る旨さ。オムレツの具の野菜なんかもさっと炒めてあるのかシャキシャキと食感も風味もちょうどよくできています。

オムレツって私にとっては淡白な味なのか食べている途中で飽きてきたりするんですが(そのためケチャップやらマヨを大量にかけて食べます)、このオムレツはこのミートソースとたっぷりのチーズのおかげで、がっつり系好きの私をかなり満足させてくれます。


a0027492_13392652.jpgまめに声をかけてくれたりコーヒーを注ぎにきてくれたりと早朝にもかかわらず店員さんの動きも機敏でなかなか親切。お店の雰囲気も場所柄なのかとても小奇麗な感じです。


あ。ちなみに相方は「押切もえ」が好みだった模様です。

Uncle Bill's Pancake House
1305 Highland Avenue
Manhattan Beach, CA 90266
[PR]
by cabayarea | 2006-06-21 13:55 | Restaurant & Food
The Lobster
a0027492_10354544.jpg
ウィンカーを出さずに車線変更してくる車より、ウィンカーを「ずーっ」と出しっ放しで走っている車の方が数倍ムカつく今日この頃。

うちの相方がとうとう「スピード違反」で捕まりました。

「65のところを80で走ってた」と警官。相方は「75ぐらいだったけどなあ」と。普段鬼のように混んでいる高速道路が空いているとなぜか得した気分になってつい飛ばしちゃうもんねえ~┐(´ー`)┌ と一応慰めておきました。

一方、「たった80ぐらいで捕まるのか・・・」なんてちょっぴり腑に落ちない気分の私。実はこちらLAに来てからは運転スピードの感覚がちょっぴり麻痺しつつあります。こりゃ自分も気をつけないと~。

a0027492_10413466.jpgというわけで表には出さないものの何だかヘコみ気味な相方を励ますべく好物の甲殻類を食べに行ってきました。場所はSanta Monicaの「The Lobster」 へ。

週末にもなれば終日混雑している人気のレストラン。Pierの桟橋のすぐ横ということもあって、店からの眺めも素晴らしくガイドブックではおなじみの店。


a0027492_10403155.jpg「Jumbo Wild Mexican Shrimp Cocktail with garlic anchovy aioli($16.00)」
まずはエビのカクテルで乾杯です。ニンニクとアンチョビのアイオリソースをたっぷりとつけて。それにしてもホントでかいエビだなあ~。食べるとこれ1匹で満足~なほど。とにかくこの口の中ではじけるようなブリブリとした食感がたまりません~。
実は私エビ自体の旨味よりもこの食感が好きでして。ということで生よりも断然「茹で」派。さらには大きさがデカければデカいほど気分も盛り上がって最高です。


a0027492_10411657.jpg「Snow Crab Soup with garlic croutons($9.00)」
蟹肉がたっぷり入ったトマトベースのスープ。この日はちょっと薄曇で気温も低く、席が窓際だったため肌寒かったのです。なので温かいスープが一段と美味しく感じられました。にんにく風味のカリカリクルトンがアクセントでいい感じ。

a0027492_10421272.jpg「Dungeness Crab & Wild Baby Arugula Salad with red flame grapes, shaved permesan, pine nuts & lemon vinaigrette($12.00)」
お次はダンジネスクラブのサラダ。ビネガーがほどよく効いたドレッシングがなかなか。このドレッシング、蟹酢にも似たような味わいで美味。ルッコラもほろ苦く瑞々しくて新鮮。

a0027492_1042328.jpg「Thai red Curry Lobster with black forbidden rice, lots of vegetables& mushrooms($38.00)」
もう私の中では大大大ヒット♡のロブスター入りタイレッドカレー。これが旨いのなんのって。ロブスターのぶつ切りとにんじんやらブロッコリーなどの野菜がゴロゴロと入っていてとにかくボリュームは満点。さらになんとトロけるぐらいに火の通ったにんにくまるごとの粒がこれまたたくさん入っていてスタミナのほうも抜群。
サイドの紫黒米も歯ごたえしっかり&プチプチした食感でホントにもう食べ応え十分。白いご飯にもぴったりそうなこのカレー、書いているうちに何だかまた食べたくなってきてしまいました。


a0027492_10425327.jpg「Steamed American Lobster with asparagus, roasted potatoes & drawn butter($28.00/per pound)」
もちろん〆は蒸しロブスターまるごとを頂きました。アメリカではお馴染みの溶かしバターはつけません。ロブスターの身には、殻頭にたっぷり詰まった「ロブスター味噌」につけて頂きます。これは風味がさらに濃厚になって日本人にとっては最高の食べ方だと思うのです。このロブスター味噌にちょっぴり醤油をたらして混ぜたものをつけて食べるのも旨いですよ~。

ちなみに。
違反して捕まってしまったこと自体よりも「トラフィックスクール」のほうが頭が痛いんだそうで・・・。

The Lobster
1602 Ocean Avenue
Santa Monica, CA 90401
[PR]
by cabayarea | 2006-06-12 11:18 | Restaurant & Food
Grilled White Shrimp
a0027492_1723880.jpg
ここ2~3日は天気の悪い日が続いていますが、季節はもうすっかり初夏のLA。

メニューが「夏仕様」になる前にと訪れたのはお馴染みVeniceの「Joe's restaurant」。なんとか「Spring Menu」に滑り込みセーフ。メニューの主役は春の訪れを告げる「Asparagus」でした。

そう~!アスパラガスといえば北海道! 道内の中でもいろいろな産地がありますが、某料理ショー番組でも紹介された「名寄産」のものはホントこれは別格。親戚のおばちゃんが朝1番に収穫したものを送ってくれたのを食べたときは「今まで食べていたのはいったい何だったんだろう」と思わせるほどのおいしさだったのでした。

a0027492_1832385.jpgそうそう!そういえば。
ただいま酒乱疑惑払拭キャンペーン絶賛開催中のaradasさんちでも北海道産のおいしそうなアスパラガスが食卓に。とくにあの「アスパラ丼」には参りましたよ~ものすごく美味しそう!

なのに。なのになのになのに!

なぜかアスパラガス満載のSpring Menuをやめて、結局オーダーしたのは「Tasting Menu($73.00)」のほう。こちらのほうがちょっぴり品数が多めだったのがその理由。


a0027492_1855142.jpg料理が来るまでここの名物(勝手にそう決め付けている)「Brioche bread」をもぐもぐとすごい勢いで食べながらウエイターのおじさんとお喋り。
映画「Back to the Future」に出てくる「ドク博士」に風貌が似ていて「なんかVeniceらしいなあ~」なんて思ってしまいました。Veniceって街自体の雰囲気もその街中を歩いている人たちもBerkeleyのそれと似ていてなぜかホッとしてしまいます。


a0027492_18161632.jpgまず運ばれてきたのが「Amuse」。ワサビを隠し味に使った冷製スープでした。

そしてその後に出てきたのがサラダ風の前菜「Grilled White Shrimp, Cucumber, Ruby Grapefruit, Kalamata olives & Basil, Cardamon Granora, Lemon Cumin Yogurt」。ほどよくグリルされたプリプリのエビはほのかなカレーの香りが。

こちらではサラダにブドウやグレープフルーツなどの果物をあしらったサラダがよくメニューにあるのですが、「ポテトサラダにみかんやりんご」がダメな私でもまったくOKなほどおいしいのが多いです。フルーツと葉物の絶妙なバランスの上に成り立った美味しさとでもいうのかな。


a0027492_18251542.jpgそしてメインの魚料理である「Alaskan Brack Cod, Curried Squash noodles, Sesame Turnups, Yuzu Soy Butter sauce」が登場。
ここのレストランではなぜか「Brack Cod」を食べる機会が多いような気が。でもソースはバター醤油風味といった感じでここのレストランは和風の味付けに仕上げてくることが多いので何度でもOK。
付け合せの「Spaghetti Squash(そうめんかぼちゃ)」はあまり美味しいと思ったことはなかったのだけれど、こうやってカレー風味にしてあると何気に旨い!今度自宅でも試してみよう!


a0027492_21565717.jpgそしてラスト肉料理の「Beef Tournedos & Prime Short Ribs, Fava Bean Sccotash, Kung Pao, Gingered Tomato Emulsion」。
「Tournedos」ってなんじゃい?と思ったら「フィレ肉を厚めにカットし円形にまとめて脂身(背脂)で巻いたもの」らしい。ドンっと大きめのフィレ肉のまわりにはこれまたプライムリブをサイコロ上に切ったものが。一皿で2度おいしいってこういうことをいうのでしょうか。肉好きにはたまりませんね。


a0027492_18443681.jpg家でも外でもワガママな相方は、本来私と同じ肉料理だったはずなのに「フォアグラを食べさせて欲しい」とお願いして代えてもらったのがこの「Grilled Big Eye Tuna with Seared Sonoma Foie Gras, Rosti Potato with Red Wine Fine Herb Sauce」。
メバチマグロ(Big Eye Tuna)の上にはソノマ産のフォアグラがドドーォン。コッテリ&アッサリのこの組み合わせ。これが美味しいのなんのって。さらにマグロの下のは千切りポテト(Rosti Potato)が!芋命の私はこれに目が釘付け。フレンチフライも好きだけど実はカリッカリのハッシュポテトも好きだったりするので、相方に「どうかお恵みを」と懇願しまるごとゲット。フォアグラの脂とソースが染みているのにカリカリでホント旨い!

a0027492_18533041.jpgデザートはドク博士のちょっとしたはからいで「Spring Menu」にあった「アスパラガスのアイスクリーム」が! 春の恵みをちょっとでも味わうことができてこれはホントにラッキーでした。舌の上でひんやりとアイスが溶け出した後にアスパラガスの味がかすかに広がります。まったく青臭さもなくてけっこう美味しいかも。


a0027492_18581085.jpgこれが本来のデザート「Strawberry Boston Cream Pie & Candied Pine Nuts, Honey Drizzle」。
デザートが来る頃にはワインですっかりいい気分になって話題は下ネタ尾篭なネタ系へと。
男の人ってトイレでお尻を拭くのは必ず「後ろから」なんだって~?!と確認して苦笑。じゃあ女は「前から」?!とさらに確認して爆笑。でも私は「後ろから」かも・・・とつぶやいて大爆笑。

こんなふうにレストランでの会話はいつもくだらないことで盛り上がってます・・・。
[PR]
by cabayarea | 2006-06-08 19:04 | Restaurant & Food
The New & Improved International Chardonnay Fest
a0027492_15435390.jpg
先週の土曜日はワインを浴びるように飲んでしまいかる~く泥酔状態になってました。というのもその土曜日に開催された「Chardonnay Fest」のせい。これはLA市内にあるワイン専門店の中でも、取り扱っているワインの種類も豊富で値段設定も手頃で人気のある「Wine House」が企画したワインテイスティングのイベント。

そのイベント、今回はVeniceにある「The Rose Cafe & Market」の閉店後、店舗を貸し切って開催されました。ここのCafeは確か以前他のブロガーさんたちに教えていただき、Veniceにそんな素敵なCafeがあったのか~とすっかり感動してしまったところ。さすがお勧めのCafeだけあって店内は天井が高く広々として開放感があってとっても居心地のいい空間です。そして壁には素敵なアートがいくつも飾ってありCafeというよりもうこれはアートギャラリー。

さっそく店内の会場へと急ぎます。そんな素敵な店内をぬけたところにある外のPatioにはさまざまなワインボトルがずらりと並んでいましたよ~!それらのワインはすべて辛口白ワインの代表品種ともいわれる「シャルドネ」。

LA近郊のワイナリーのシャルドネから、カルフォルニアワインの代表格であるナパ・ソノマのワイナリーのシャルドネまでが勢揃い。他にはフランスの「シャブリ」やイタリアやチリ、ドイツの白ワインなど輸入ワインを扱うブースなどその数は全部で80種類以上。全部制覇するには80杯は飲まなきゃいけない!

1度にこんなにいろんな種類のワインを楽しめる機会なんて滅多にないと、すでに私は興奮状態。

a0027492_18374.jpg手渡されたワインリストを元に、1つ1つブースをくまなく回って試飲。値段の高いワインがあるブースは常に人だかりができていてなかなかありつけず・・・。みんな考えることは一緒なのねん。

とにかくおいしかったワインに片っ端からチェックをいれていきます。そのリストはオーダーシートも兼ねていて、気に入ったワインがあればどれでも何本でも注文することができ、後日自宅に配達してくれるという仕組み。さらにこのイベントに出ているワインは店舗価格からさらに1割引きで購入できますよというちょっぴりお得なおまけつき。

ワインの他には、Wine House店舗内にあるグルメコーナーからの吟味された各種高級チーズがサーブされたり、「UPSTAIRS 2」というレストランからケータリングされたフィンガーフードが出たりと軽食事のほうもなかなか充実していました。

今回このイベントでいろいろ試飲してみておもしろかったのは、値段の高いシャルドネほど「あっさり&さっぱり」している傾向が強かったこと。ごくごく&ぷはーっといった感じに一気に飲めちゃう感じ。一方比較的値段が手頃なシャルドネは口に含むと「ぐっ」とくるような重めの味がしたこと。

さらにどんどん飲み進めていくうちに「・・・アレ???」だったことが、一般的に辛口といわれているシャルドネの味がどれを飲んでも「甘く」感じてくるのです。しかもなんだか「はちみつ」のような甘さ。ワインってやっぱり複雑。でもかなり酔っ払っていたので、味覚がおかしくなってしまったのでしょうか・・・。


ちなみに「コレおいしい!」とリストをチェックし注文したワインは

Ambullneo Vineyards Chardonnay Big Paw Santa Maria Valley 2004($46.79)
Kunde Estate Reserve Chardonnay Sonoma Valley 2003 ($25.99)
Paige 23 Chardonnay Santa Barbara County 2004 ($12.59)
Frogs Leap Chardonnay Napa Valley 2004 ($19.79)
DuNah Chardonnay Sonoma Coast DeDee's Vineyard 2003 ($35.99)
Cakebread Cellars Chardonnay Anderson Valley 2004 ($34.19)
Flowers Chardonnay Sonoma Coast 2004 ($33.29)
・Bruno Colin Chassagne Montrachet Maltroie 2004, France ($40.49)
・Bruno Colin Puligny Montrachet Truffiere, France ($60.29)

届く日が楽しみです。

実はこのFestの後、近場のお寿司屋さんに移動し、つまみで頼んだ刺身がおいしくってビールがすすむすすむ。挙句の果てには日本酒まで飲んでしまいました。

二日酔いになったのも当たり前というか自業自得というか・・・。

Wine House
2311 Cotner Ave
Los Angeles, CA 90064

The Rose Cafe & Market
220 Rose Avenue
Venice, CA 90291
[PR]
by cabayarea | 2006-06-06 18:16 | Food Festival