<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
HETTA Underlay for Pots
a0027492_2114462.jpg
ちょうど1年前に現在の住まいへ引っ越してから、台所が狭くなったせいもあっていろいろ買い控えるようにしているのですが。

今、ムショウに新しい「鍋」が欲しくて欲しくてたまりません。

「CRISTEL」の鍋なんかいいなーなんて思いながらアメリカで扱っているお店を探しているときに、たまたま見つけたのがこの「HETTA」という北欧スウェーデン発のプロダクトデザイナーが作ったフェルト生地製の鍋敷き。


北欧の国々のデザインは、どれもシンプルかつ温かみがあってわりと好きなのですが、私の場合、「北欧+デザイン=IKEA」といった図式がすぐ思い浮かんでしまうのがちょっと悲しい・・・。

そういえば。そのIKEAの組み立て家具のせいで我が家は一時期冷戦状態になったこともありましたが、アメリカとくらべてDIYが一般的ではない日本で展開しているIKEAは今のところ大丈夫なのでしょうか?もしかして結構うまくいっているのかな?


a0027492_21172344.jpgまずはこちら「UNDERLAY FOR POTS small」。

サイズは直径17cmなのですが、LE CREUSETのソースパン(直径18cm)にはこんな感じでけっこうぴったり。おおお。

黄色の鍋も赤色のカバーをかけるだけで、なんだかレトロっぽい雰囲気に変わっていい感じです。


a0027492_21161693.jpg一方LE CREUSETのココット・ロンド(直径22cm)には「UNDERLAY FOR POTS large」。

ラージサイズ(直径21cm)があります。これはちょっとサイズがきつめなので、ココット・ロンドよりやや浅めのココット・ジャポネーズのほうがもしかしたらジャストサイズかもしれません。


a0027492_21162960.jpgこちらは同じくココット・ロンドの18cmにスモールサイズの鍋敷きを。

ぽやっとしたフェルト生地にちょっとくすんだような色使いのデザイン。どこか懐かしいやさしさを感じさせてくれます。小学生の頃、手芸クラブでフェルトでティッシュケースをよく作っていたのも今となっては本当に懐かしいー。




あつあつのシチューやカレー、スープなどを作ったら、この鍋敷きをかぶせてこのまま食卓に出してもなかなか素敵でいいですね。もちろん保温性抜群なので冷めにくく料理は温かいままで言うことなし。鍋敷きにしてはなかなかスグレモノでございます。

実はこの鍋敷きカバーの裏底には素敵な模様が施されています。見えないところにも凝っているところなんかはやっぱりさすが北欧のデザイン。


a0027492_2116428.jpgちなみに現在使用中のLE CREUSETなんですが、最近鍋を持ち上げるとなぜか腰にグキッとくるせいもあって、鍋の重みがちょー身に沁みます。うちの母が普段使っているようなアルミの両手鍋、雪平鍋がなんだか恋しいです・・・。
[PR]
by cabayarea | 2008-02-28 22:54 | Kitchen Gadgets
Saddle Peak Lodge Restaurant
a0027492_14375413.jpg
どうやらそろそろ「外めし」の季節になったみたいです。

連日昼間は軽く最高気温20度超え。先月は大雨が続いて、停電やら雨漏りやらいろいろと大変だったのも随分過去のことのようにさえ感じてしまいます。

外めしといえば、何でもない料理でも、ただ外で食べるだけでなぜかすごくおいしく感じられたりして常々不思議に思ってました。特に朝ご飯を屋外でゆっくりと食べるのはなんだか贅沢な気分ですよね。

というわけでサンデーブランチでも、と久々にちょっと遠出してみました。



a0027492_14393899.jpg海沿いに住んでいるので、最近とても「山」が恋しい!今年も結局雪山へ行けなかったし・・・(涙)

深緑を求めて出かけても、LAでは郊外へ行けば行くほど乾燥した砂漠の土地が広がるばかりなのです。普段、潮の匂いを感じることはあっても、森の土の匂いや緑の青臭い匂いなんて感じることはほとんど皆無。


a0027492_1440839.jpg海沿いを走るPacific Coast HighwayでMalibuへ向かい、途中、山間を走る幹線道路Malibu Canyon roadで右折し深く進んでいくと、Santa Monica Mountainの谷間にひっそりと佇むそれがこの「Saddle Peak Lodge」というレストラン。

ドアを開け、店内に進むと鹿の頭部などの剥製がいたるところに掲げてありまして、開店時間と同時に行ったにも関わらず既に5、6組はお客さんがいました。その後さらにどんどんお客さんが入って来て広い店内はほぼ満席に。

やっぱり天気のいい日はみんなブランチに出かける人が多いですね。



a0027492_14402780.jpg天気もいいことだし、店内では鹿の目線が気になるので外のテラスのテーブルへ。

まずはお店の方お勧めの「Bellini($12.00)」を頼んでみました。これは生のピーチをピュレ状にしたもので割ったシャンパン。オレンジジュースをシャンパンで割った「Mimoza/ミモザ」しか知らない私は、これでまたひとつ勉強になりましたですハイ。

そうそう。いまだにどうしてなのかよく分からないのだけど、ブランチといったらシャンパンというレストランが少なくないんですよね。なんでだろう???


a0027492_144111.jpg焼きたてホカホカのマフィンが入った「Goodie basket($8.00)」。バナナのマフィンとクランベリーのマフィンです。

我が家の相方は大のご飯党で、悲しいことに自宅では一切パンを食べないのです。おいしそうなパンを買ってきても、結局私一人で処理しなければならないのがつらい・・・。なのでレストランなど外で食べる機会に私はここぞとばかりにパンやマフィンなどを「食いだめ」しておくことにしてます。

なんだかいま、むしょーに山崎のダブルソフト(+たっぷりのバター)が食べたい・・・。



a0027492_17057.jpgさておまちかね本日のメイン「Kobe chopped steak sandwich, St. Agur blue cheese & French fries($18.00)」。神戸牛を荒くたたきハンバーグにして焼き上げたもの。

実はこのレストラン、狩猟小屋風の外観からも分かるとおり、「Game Meat(狩猟で得た獣や野鳥の肉)」が名物。


a0027492_1704434.jpgしかし残念なことに今回のブランチメニューには、Wild Boar(イノシシ肉)やVenison(シカ肉)など、獣肉らしいメニューがありませんでした。どうやらディナーメニューのほうが思う存分Game Meatを楽しめるようです。

野生の鳥獣などの肉は、牛や豚などの家畜と比べて肉質が締まっていてしかも脂肪も少なく、また生息地の違いにより微妙な風味の違いも楽しむこともできるんだとか。


a0027492_1740239.jpg
焼き加減はというと、期待通りレア気味でバッチリ!肉質に自信のあるレストランのハンバーガーならではです。

とにかく美味しくて肉汁たっぷりで口の中でじゅわっと溢れるぐらい!でもまったくといっていいほど脂っぽくなくてあっさりとした味。牛肉特有の臭みはほとんどありません。


a0027492_18221927.jpgもちろんフレンチフライもたっぷりどっさり♡

太めで短冊形のポテトもいいけど、なんだかんだといいつつ「シューストリングス(靴ひも)」と呼ばれる細切りポテトがやっぱり一番好きです。

シューストリングスよりもさらに超極細のフレンチフライもカリカリしててこれもまた美味しいなと思います。



a0027492_1873316.jpg箸休めにと「Three game sausages($12.00)」も注文してみました。自家製ソーセージの3種盛りです。相方にはソーセージって箸休めになるのか?とツッコミが入りましたが、3種類のうちひとつは鴨肉のソーセージとを聞いて試さずにはいられませんでした。

どのソーセージも絶妙な塩使い&ハーブ使いでとっても美味しかったです。



a0027492_1815078.jpg一方こちらは「Buffalo burger with Gruyere cheese and homemade potato chips($17.00)」。

バッファロー(水牛)肉は、牛の近縁種ながらも牛肉と比べてとても脂肪分が少なく、鉄分などがより多く含まれていて、Whole Foodsなどのオーガニックスーパーマーケットなどでもよく見かけます。


a0027492_18163272.jpg牛より野生に近い状態で飼育されているのもあり、近年はBSEや消費者の健康志向も手伝ってか売上が伸びているそう。

食べてみるとたしかに脂肪分が少ないせいなのか、若干パサつくのが気になりましたが、味は牛肉とあまりかわらないのですが、前述の神戸牛と比べると若干臭みがあるため「獣を食べている!」という感じ!もちろんサイドに添えられた自家製のポテトチップスも最高!



a0027492_18165114.jpgこのレストラン、かつてはErrol FlynnやClark Gableといったハリウッドの往年スターたちのお気に入りの隠れ家スポットだったようです。そんな彼らたちはこの近くにスタジオがあったらしく、そこで多くの映画を撮影していたとも言われているそう。

約50年ほど前に建てられたというこの建物は、3年前に訪れたカナダのウィスラーコロラドのベイルでの風景を思い出させてくれました。このレストランにいると、とてもLAにいるとは思えない!

海の近くに住むのと山間に住むのと、どちらがいいのか?どちらもたくさんいいところがあって今はまだ答えが見つからないでいます。


Saddle Peak Lodge Restaurant
419 Cold Canyon Road
Calabasas, CA 91302
[PR]
by cabayarea | 2008-02-12 18:48 | Restaurant & Food