Tartines- Abocado & Nori Seaweed
a0027492_18353555.jpg
【Jin Patisserieのマカロン】 L.A.旅行2日目

Chicagoといえばシカゴピザしか知らなかった私。

実は最近、シカゴ近郊の空港で旅客機が着陸に失敗しオーバーランで一般道に突っ込み5歳の男の子が死亡というなんともこの時期に痛ましいニュースが何度もTVで流れていて、そのときにシカゴの積雪量と強風を目の辺りにして驚いた私。なんとシカゴって函館と緯度は同じなのにマイナス14度を下回る日もあるほどかなり寒いところだったらしい・・・知らなかった・・・。

実はそんな中、現在LAご滞在中の有名Blogger「Chicago きっちん」のwindchill姐さんとお会いすることができたのです。

姐さん曰く、そんなに寒くて積雪もあるところなのに、なのに、なのに・・・なんと「屋根の雪下ろし」はする必要がないんだとか!というか雪がパウダースノーで屋根に雪が積もらないんだとか!


うそやん・・・( ゚д゚) ポカーン

秋田で3年過ごしたことのある私は「雪国=屋根の雪下ろし」の公式がすでに頭の中にインプットされていて、きっとwindchill姐さんも毎日せっせと雪下ろしに精を出しているに違いないと固く信じていた私はとにかくびっくり(ある意味ショック)。さっそく実家の母(北海道豪雪地帯出身者)に電話して、さもものすごいトリビアネタをゲットしたかのように自慢してしまいました。

待ち合わせはSanta Monica。あの「Le Pain Quotidien」が近くにあったのでそこでお茶でも・・・思ったのですが、そこのメニューにワインがあったのを見逃すはずもなく、速攻白ワインを注文&2人で乾杯。そしてワインと一緒に軽くつまんだのが「Tartines」というヨーロッパスタイルのオープンサンド。具は「Avocado & Nori Seaweed($6.50)」。アボカドと海苔という組み合わせは意外とおいしかったです。

windchill姐さんのBlogを読んでみると他の皆さんも多分感じていただけると思うのですが、手の抜くところは抜く(ご免なさい~!)、でもやるときゃやる!というメリハリがあって、でも超自然体で肩肘のはっていないところが私は好きでずーっとファンだっただけに、今回は実際にお会いできていろんな話をすることができてかなり舞い上がってしまいました。姐さんの手料理も豪快かつ大胆なところもあって私のツボに入りまくりなのです。


最後になりましたが、
windchill姐さんお誕生日おめでとうございます~!またLAに遊びにいらしてくださいね~!


Le Pain Quotidien at Santa Monica
316 Santa Monica Boulevard
Santa Monica, CA 90401
[PR]
by cabayarea | 2005-12-22 18:35 | Sweets & Bakery


<< Crown Roast of ... Kalles Kaviar >>